Ripple(リップル)の特徴や仕組み、将来性、価格について

XRPロゴ アルトコイン
スポンサーリンク

星の数ほどある仮想通貨から国内の金融庁認可の取引所にある、つまり、日本で認められている仮想通貨について記事を書いていくシリーズ。

本日はリップルことにXRPついて記事にしたいと思います。

これを読むとRipple(リップル)の特徴や仕組み、将来性、価格についてわかります。

良かったらご覧ください。

※金融庁認可は2018年7月段階。今後、変更の可能性もあることはご了承ください。下リンク先から確認できます。

https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

 

スポンサーリンク

基本情報

名前:Ripple(リップル)

通貨単位:XRP

発行上限:1000億

公式サイト :https://ripple.com/xrp/

2004年に誕生し、米国のリップル社によって開発が進められています。

発行上限の1000億枚は、既に発行済で新規発行はありません。

 

リップルがつくられた理由

リップルの目的は明白です。

それは国際料金の手数料をより速く安くすることにあります。

 

仮想通貨リップルの目的

30億人がオンラインでつながり、自動運転車が走り、電化製品がやり取りするこの世界において、国際送金は未だに1980年代のまま進化がありません。

現在の国際送金のシステムは、送金インフラがインターネット時代以前に作られ、ほとんどそのまま。そのため、手数料が高く、送金に時間がかかってしまいます。

リップルは、このような古い送金システムの課題を解決し。インフラに革命を起こすために作られました。

 

リップルネットワーク

巨大な送金ネットワークを構築しようとしています。

 

主な特徴

送金の度にXRPは減少していく

XRPは送金時に「Ripplenet」というシステムを利用しています。これはわずかなXRPを消費して送金できる仕組みです。

XRPを使用する事で速い送金と価値が上げていく仕組みになっています。

徐々に減っていくと数年後になくならないの?と思うかもしれませんが、2018年7月5日で99,991,924,336 XRPあります。4年ほどで8百万枚ほどしか減っていません。

 

全リップルの61%がリップル社が保有

f:id:moneygamex:20180822182915p:plainhttps://www.sbigroup.co.jp/investors/library/presentation/pdf/presen170629.pdf

全リップルの61%の所持は、リップル社の1社によるものです。

1社が61%を所持している。

これは、市場のコントロールも可能になると懸念されています。

よって、リップルが送金インフラを向上させるという明白な目的があっても、「リップル社が独占的なものを使うのか?中央集権的だ」と一部から批判が耐えません。

 

なおリップルを最も保有している人物はクリス・ラーセン。

現在は会長職となった元CEOです。

約52億XRPを保有していると言われています。

 

送金スピードが速く手数料が安い

リップルの送金スピード

リップルを使うとこれだけ安くなる

XRPは金融機関の送金の速度と手数料を改善するためにつくられた仮想通貨です。

僕も送金で使った事がありますが、本当に速くて驚きました。

送金時間は現段階で「約4秒」ほどです。

 

ripple.com

そして、送金の安さも既存のシステムより圧倒的に安いです。

将来的には手数料を0.3%までに落とすようです。

ちなみに世界の銀行は2030年までに手数料を7%→3%にするようです。

リップルの方が圧倒的にお得ですね。

 

巨大なリップルネットワーク

リップル提携企業の一部

リップル社との提携が非常に多いのも特徴です。これが多くの人達の信頼を集めている要因にもなっています。また、Googleが出資していることでも有名です。

また、リップルに力を入れているSBIグループは、リップルが共同でローンチした「内外為替一元化コンソーシアム」を展開しています。

 

f:id:moneygamex:20170822190702j:plain

SBIはリップルことXRPを大量保有し、非常に力を入れていることで有名です。

 

大量のXRPロックアップ

先ほど記載したようにXRPはリップル社のネットワーク上で動いており、半数以上のXRPをリップル社が所持しています。

そのためか、一部でXRPはコントロールできる中央集権型とも言われています。

 

btcnews.jp

実際、2018年1月XRPが高騰した事によりリップルを大量に保持している元リップル社CEOの資産が世界の長者番付5位に躍り出ました。

 

名前はクリス・ラーセンさん。

約52億XRPを所持しています。

このように一部の人間が大量保有していたり、過半数以上の大量のリップルを会社が保有していることから中央集権的ではないか?と非難や訴訟を受けることがありました。

そこで、リップル社はロゴを変えたり、期限付きのロックアップ(※)(リップル社の所持しているXRPを使えなくする事)等をして工夫しています。

 

※期限付きロックアップについて

ripple.com

リップルでロックアップされているのは550億XRPです。

発行枚数上限が1000億XRPですので半分以上がロックアップされました。

これを一気に放出すると相場のコントロールもできてしまいます。

ゆえに、リップル社は所有しているXRPをロックアップ中は一定期間は市場に出さないことを宣言しています。

2018年以降、毎月1日に10億XRPのロックアップが解除されていきます。

つまり、リップル社の所持しているXRPが全てが市場に出るのは4年半後になります。

 

リップルの仕組み

リップルの取引はリップル社が選定した一部の人間の合意により承認されます。

ビットコインのマイニングのような膨大な計算がないために素早い承認が可能になっています。

リップルは直接的な取引のない2通貨間のブリッジ通貨として機能するために高い取引手数料や銀行口座を必要としません。

 

f:id:moneygamex:20190318203539j:plain

例えば、通貨が5種類あった場合、通貨ペアの組み合わせは上図の10通り(赤線)が必要になります。

リップルのブリッジ通貨あり

しかし、中央にリップルのブリッジ通貨があれば5通り(赤線)で済むわけです。

 

このようにブリッジ通貨で通貨ペアを減らすことで、全通貨ペアよりもコストや無駄を削減することができます。

 

リップルの将来性

クリスラーセンの社長職の退任

リップル社CEOクリス・ラーセン氏が会長になるニュースについて私が思う事 – Ripple総合まとめ
インターネット決済プロトコル『Ripple』に関する総合情報サイト。公式ドキュメントの日本語訳、リップルをめぐるフィンテック業界の動向などをお届けします。

将来の懸念点として創業者のクリスラーセンが社長から退いて会長になってしまったことです。

オーナー企業のように社長が1番のXRP保有なら頑張ると思いますが、会長に退いて社長が元Yahoo幹部でもあるブラッド・ガーリングハウス氏になっています。

現在の市場を制している企業の殆どはAmazonしかり、フェイスブックしかりオーナー企業で持ち株が1番多いです。

だからこそ、頑張れる点もあります。

日本ではユニクロの柳井さんや、ソフトバンクの孫さん、ZOZOの前澤さんなどがそうですね。

 

ラーセンさんが会長に退いた理由は家族のとの時間を大切にするためということです。

ラーセンさんは家族思いの人間的には素晴らしい方であることはわかります。

しかし、まだリップルがたいして使われていない段階での退任は残念でなりません。

 

価格はいずれ安定化する可能性が高い

もしも本格的にXRPが世の中で使われていくと、XRPの送金にXRPが使われることもあり高くなりすぎると手数料も高くなってしまい本末転倒になります。

よって、将来的には一定の価格へと安定していくでしょう。

 

XRPは、現在は金融機関で導入されつつあるものの、現状では当たり前のようには使われていません。ですので、期待感が先行して非常に高く感じます。

しかし、多くの金融機関が当たり前の使うようになったらその価値もとんでもない事になるだろうなと感じています。

 

ただし、既存の金融システムを変えるには長い道のりになると思います。

最近では、XRPを真似する似たような仮想通貨も耳にするようになりましたが、既にリップル社は数年をかけてネットワークを広げており、大きな特徴がない限りはいずれは吸収されリップル寄りになると感じています。

 

リップル社次第

懸念点があるとすれば、リップル社という明確な中央があるので大きくなりすぎると国にマークされたり、リップル社の中心に悪人が出ると一気に凋落することでしょうか。

それがなければ浸透していく仮想通貨だと思います。

 

利用は広がりつつある

仮想通貨Ripple、xRapidの商用利用が開始!実用化へ期待広がる
先日まで開催されていたSwellにて仮想通貨Ripple(リップル)のxRapidが商業利用されていることがわかりました。 いよいよRipple(リップル)の実用化が広がりつつあります。 本日はxRapidとは何か?また、商業利用におい...

リップルは、ついに国際送金の速度を速めることが出来るとされるリップル決済システムxRapidの商用利用が開始されました。

xRapidを使用することで国際送金を行う際、資金を保有するノストロ口座(※)を用意する必要がなくなります。世界中で両替時にXRPを使用して流動性を調達できるため、高額な外国為替手数料と数日という長期の処理時間を要する従来の方法に比べ、安価ですばやく国際送金を実現できます。

(※)ノストロ口座とは?

銀行間取引での資金決済を行なう当方の決済口座のことです。または外国に現地の通貨建で保有する当方の決済口座になります。(銀行間の外国為替取引は、外貨の決済口座を相手銀行に告知します。)

現在、ノストロ口座には、約3000兆円が保管されています。

よって、その多くがリップルのシステムに置き換わることでリップル自体も利用され、リップルが大きく価値をあげる事が期待されているわけです。

国際送金のテストや、x徐々に使われ始めているリップルです。

今は序章のようなもので国際送金で本格的に使われるようになればリップルは大きく進化していく可能性があります。

 

ただ、仮想通貨推定資産 9億〜10億ドルであるマシュー・メロン(個人投資家・故人)はリップル長者の1人。彼は生前このように述べられていました。

家族に反対されつつ数年前から仮想通貨への投資にのめり込み、リップルが発行するXRPには200万ドルもつぎ込んだ。既存の金融機関にも導入されている数少ない仮想通貨の1つだったからだ。10億ドルをタダで手に入れたようなもの。当時進んでXRPを買おうとしたのは私だけだった。

 

猫の画像
かにたま「XRPが将来的に価値を上げると言われているのは、目指している国際送金インフラの市場規模があまりにも大きすぎる事と、国際送金という目的がはっきりしているからだと言われていますね。」

 

リップルの価格チャート

 

↑現在価格はこちら

f:id:moneygamex:20180705122349j:plain

2017年のピーク時は1XRP=400円ほどを記録しました。

2018年7月現在は54円ほどまで下落していますが、2017年3月までは1XRP=0.7円ほどでした。長い目で見ると確実に底上げしています。

以前は100円をきることはないとも言われていましたが、落ちました。

現在、下落がビットコインに連動し、落下が激しく、短期ではまだ落ちると思います。

 

国内取引所でリップルを購入するには?

国内取引所でリップルを購入するならbitbankが良いでしょう。

 

ビットバンクXRP出来高 2018年

XRPの取引高は2018年7月5日現在で世界一になっています。

 

ビットバンク手数料

理由としてはXRPの手数料が安いからでしょう。

 

2018年9月30日(日)まで全ペア手数料無料のキャンペーンを行なっているようです。

よほど上手く行っているのかキャンペーンは延長されていました。

更に延長される可能性がありますね。

 

ビットバンク 口座開設法、リップル、ライトコイン購入向け【図解】
仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank)の登録から口座開設までを図解解説します。 ビットバンクは国内金融庁認可の取引所で特にリップルとライトコインの購入にはおススメできる取引所です。 口座開設はこちらから ⇒ ビットバンク公式ページ...

他にはシステムの不具合もあまり聞きません。

正常にきちんと売買ができる点で信頼を集めて顧客を増やしているようです。

 

仮想通貨リップル(XRP)の所持者リップラーから学ぶ団結と信仰心
仮想通貨のリップル(XRP)の勢いが止まりません。 所持者は団結心と信仰心を高めています。 確か、2017年の3月くらいの時は1XRPが1円以下でしたが、今や160円を超えています。 今日は、リップルの性能などではなく、リップル所持者...

リップルといえば、信仰心(団結心)が高いことで有名です。

詳細は上記事をご覧ください。

 

コメント