Nem(ネム)、カタパルト後にブランド名をSymbol(シンボル)へ変更

シンボル(NEM)ニュース
スポンサーリンク

かにたまです。

仮想通貨NEM(ネム/XEM)の大型アップデート「カタパルト」にて新しく生まれる通貨名が「Symbol」になります。

本日は、これに関する記事を書いていきます。

スポンサーリンク

Nem、カタパルト後にはSymbolに

2020年内に予定されている仮想通貨NEMのブランド名が変更され、コミュニティ投票の結果91%以上の支持を獲得した「Symbol」となることが明らかになりました。

 

新しいNEMの概要は以下の通りです。

 

 

▼ブランドロゴ

Symbol(ネム)

「Symbol(シンボル)」はもともと象徴という意味があります。

 

仮想通貨Symbolの意味

しかし、新しいNEMのSymbolは、ブロックチェーンとビジネスを繋ぐコネクターとしての意味を持っています。

 

NEM公式の「NEMコミュニティとコアチームの投票用
Catapultブランド推奨事項プロポーザルの概要」では以下のように記載されています。

Symbolのゴールは、エンタープライズユーザに、最もシンプルで、最も強力で、そして、最もハイパフォーマンスなブロックチェーンプラットフォームを提供することです。

NEMのDNAから書き起こされたSymbolの価値は、オープンさ、トラストレス、そして活力です。

“可能性の拡大(Powering Possibilities)”というキャッチフレーズは、ビジネスにとっての可能性です。

しかし、開発者、エコシステムメンバー、投資家、そして社会のために物事を作成、あるいは改善したい人のためでもあります。

Symbolは、将来の相互に利用可能なトークン化された資産と権利の経済を見据えています。

そして私たちのビジョンは、その未来への道をリードすることです。

 

 

▼ブランドアイコン

ブランドアイコン

ブランドアイコンはSymbolの「Y」をとったものになります。

 

symbol(NEM)

新しいNEMのシンボルは、もともとのNEMのロゴが考慮され変形したものです。

 

 

▼キャッチコピー

“Powering Possibility(可能性の拡大)”

 

このキャッチコピーは以下の5つの項目から出来ています。

・Open(オープンさ)

・intelligent(知的さ)

・Connected(結びつき)

・Vibrant(活力のある)

・Optimistic(楽天的)

 

 

▼通貨記号

  • SYMBL
  • SYMBOL
  • SBN(Symbol By NEM)
  • SFN(NEMからのシンボル)

通貨記号はビットコインで言えば「BTC」、イーサリアムでは「ETH」と表示されるものです。

これまでのNEMは「XEM」と表示されています。

通貨記号は規格で3文字以上に設定すると決められています。

この候補は上の4つあり、1月中旬にあるコミュニティ投票で決まります。

 

 

最後に

本日はNEMのカタパルトで新しいNEMの通貨名がSymbol(シンボル)になり、通貨記号、ロゴなどがこれまでと違うという事をお伝えしました。

 

NEM、カタパルトで新トークン配布へ。Zaifにて対応も注意したいこと
かにたまです。 NEMのカタパルトにて新たな新トークンが配布されることが明らかになりました。 その名も「カタパルトトークン」。 そして、このカタパルトトークンが日本の仮想通貨取引所であるZaifでも配布予定とのことです。 果たして、...

ご存じのように2020年以内にNEMのカタパルトが行われ、古いNEMと1:1の交換で新しいNEMが配布されます。

この新しく配布されるNEMがSymbol(シンボル)になります!

 

カタパルトはいわゆるNEMの大型アップデートで性能が大幅にアップし、2020年1Q(4~6月)頃に開始されると予定でした。

しかし、カタパルトマイグレーション委員会の最新の発表によると、どうやらメインネットの稼働は2020年の2月~3月頃の予定になりそうです。

 

リップル(Ripple/XRP)の新ロゴ誕生!一体なぜ?
 かにたまです。 先日、仮想通貨リップル(Ripple/XRP)がロゴを変更されて話題になっています。 しかし、なぜわざわざ新しくロゴを変更したのでしょうか? 本日はリップルがロゴをどんなロゴに変更したのか?また、変更した...

2018年、暴落からRippleがロゴを変更したことで話題になりましたが、NEMは通貨名すら変えてしまうという事でカタパルトで従来のNEMとは違った本当に新しいものに移行するという気を感じます。

 

被害総額580億円!コインチェック仮想通貨NEM流出事件発生!
国内ビットコイン現物取引量No'1の国内仮想通貨取引所で過去最高額であるNEMが流出し、580億円以上のハッキング被害を受けたことが明らかになりました。 ハッキングされたのは何故でしょうか?記者会見動画もありますので、全貌をご覧ください。...

ご存じのようにNEMは2018年のコインチェック巨額流出事件で「盗まれた通貨」として悪い意味で名が知られてしまったことは事実です。

盗まれたのは取引所の過失ですが、どういうわけか通貨自体のセキュリティが疑われたり、ハッキングの際のNEM財団の対応などでも問題もありました。

 

犯人は追跡すれば、すぐ見つかるようなことをNEM財団は述べていましたが、未だに犯人は見つからない状態でダークウェブの闇取引で売られていたという疑いもありましたからね・・・。

そして、価値は暴落し、最高で1XEMが200円ほどに達したNEM。

今や4円未満になっています。

 

とはいえ、もともとは1XEMが0.01円ほど。

2017年までは1円以下でした。

仮想通貨NEMの状態

記事作成段階で1XEM=3.64円ですが、ROI(投資に対する収益率)は驚異の8,282%。

流出事件で通貨の存在も世界で知られるようになりました。

 

これからカタパルトで一新し、新しいNEMのSymbolがどれほど飛躍を遂げていくのか楽しみです。

 

コメント