仮想通貨Nano(ナノ)とは?特徴や将来性、流出事件について

仮想通貨 NANOアルトコイン
スポンサーリンク

かにたまです。

 

本日は、アルトコインである仮想通貨Nano (ナノ)について。

どんな仮想通貨なのか?特徴や将来性、価格チャート、購入おススメ取引所などを記事にします。

 

また、2018年2月にNanoの流出事件もありました。

こちらにも少し触れてみたいと思います。

 

良かったらご覧ください。

 

スポンサーリンク

Nanoとは?概要

通貨名:Nano(ナノ)

通貨コード:NANO

公開時期:RaiBlocks → 2017年5月、Nano →2018年1月31日

発行枚数:133,248,297枚(約1,33億枚)

最大供給量:133,248,297枚(約1,33億枚)

コンセンサスアルゴリズム:Delegated Proof of Stake(DPoS)

公式サイト:https://nano.org/en

ホワイトペーパー:https://nano.org/jp/whitepaper

ソースコード:https://github.com/nanocurrency

Nano(旧名:RaiBlocks)は、既存の暗号通貨に存在する非効率性に対処することに焦点を当てた、分散型で持続可能で安全な次世代デジタル通貨です。

ピアツーピアの価値移転を解決するために設計されたNanoは、誰もがオープンでアクセス可能な超高速、無料、分散型のネットワークを通じて世界経済に革命を起こすことを目指しています。

 

もともとRaiBlocks(XRB)という名の仮想通貨で2017年5月に公開されました。

Nano - an ultrafast, fee-less, scalable cryptocurrency
Nano is a decentralized, sustainable, and secure next-generation digital currency focused on addressing the inefficiencies present in existing cryptocurrencies.

しかし、2018年1月31日にNanoに名称を変更しました。

 

特徴

Nanoの大きな特徴をいくつか記載します。

 

DAG技術で高速処理

NanoはDAG技術により、スケーラビティ問題を解決します。

 

スケーラビティ問題とは、ブロックチェーンの1つのブロックの中に書き込めるトランザクション(取引データ)の数が制限があることから送金遅延などが起こる問題のことです。

 

ビットコインキャッシュ(BCH)とは?特徴や将来性、購入おすすめ取引所
かにたまです。 星の数ほどある仮想通貨から国内の金融庁認可の取引所にある、つまり、日本で認められている仮想通貨について記事を書いていくシリーズ。 本日は「ビットコインキャッシュ」ことにBCHついて記事にしたいと思います。 この...

ビットコインキャッシュは、このスケーラビティ問題によりビットコインから生まれています。

 

●ブロックチェーンのイメージ図

ブロックチェーン説明

四角い箱・・・ブロック
黒丸●・・・取引情報

ビットコインは、ブロックチェーンというものが使われています。

ビットコインのブロックチェーンとは、上図のようにブロックと呼ばれている箱の中に記録された取引情報を入れ、それを数珠繋ぎにしたイメージです。

 

ブロックチェーン説明図

スケーラビティ問題は、この箱の中に入る黒丸の情報が入りきれずに処理できなくなるために起こる問題です。

 

●DAGのイメージ図

DAGのイメージ図

そこで生まれたのがNanoのようなDAG技術です。

取引情報をつなげる事でブロック待ちで待機している取引情報をなくし、スケーラビティ問題を解決しています。

 

ビットコインのブロックサイズを拡張しないのは何故?1MB固定の理由
かにたまです。 ビットコイン分岐問題が続いています。 これはビットコインの送金が遅延し、容量が限界近くを迎えているのにもかかわらずビットコインのブロックサイズを拡張していないからです。 では何故なのでしょうか?1MB固定の理由を記事に...

取引情報をビットコインのようにブロックに収納せず直接つなげているため、ブロックサイズやブロックの生成スピードによるスケーラビティ問題が起こらないというわけです。

 

そして、個々のユーザーはそれぞれのトランザクション(取引情報)を検証するための計算能力を提供しています。

つまり、ネットワーク全体で大規模なブロック全体で元帳全体を更新する必要がなく、高速処理が可能になっています。

 

このように効率的なブロック格子設計により、ネットワークは暗号化の中で最も速いトランザクション速度を提供するように最適化されています。

 

 

手数料が無料

Nanoはビットコインのようにトランザクション(取引記録)の手数料を必要とせず、競合するトランザクションがあった場合、ノードはトランザクションを保有するため投票を行うという仕組みになっています。

つまり、Nanoは手数料無料であることが大きな特徴です。

 

これはナノネットワークの台帳サイズが軽量でわずかな容量なためです。

仮想(暗号)通貨のノードについて、その種類
本日は仮想(暗号)通貨のノードについて記事にします。 ノードは仮想通貨で非常に重要な役割を持っています。 ノードとはなにか?そしてその種類について知らない方は知っておきたい知識です。

非常に軽量であり、ノードの実行にかかるコストはほとんどないため、Nanoのトランザクションは無料で処理されます。

 

実際、Nanoのホワイトペーパーに以下のように記載されています。

420万トランザクションをわずか1.7GB の台帳サイズで処理できる

 

ちなみに現在のビットコインは10年で台帳サイズは526GB(1時間で6MB増える仕組み)になっています。

 

 

 

DPoS

Nanoのコンセンサスアルゴリズムは、delegated Proof of Stake(DPoS)であることが特徴です。

コンセンサスアルゴリズムとは「全員で確認することができる」仕組みのことです。

 

仮想通貨NEOとは?価格、今後、将来性、イーサリアムとの違い
中国版イーサリアムと呼ばれている仮想(暗号)通貨NEOについて記事にします。 仮想通貨NEOとは?価格、今後、将来性、イーサリアムとの違い等について記事にします。 ※理解を重視したざっくりとした記事です。
仮想通貨EOSとは?特徴、将来性、価格チャート、取引所について
かにたまです。 本日は時価総額6位に君臨している(2019年5月段階)EOSについて。 EOSとは何か?その特徴や今後の将来性、価格チャート、販売している取引所などについて書いていきます。 日本では販売されていないこの仮想通貨がなぜこ...

Dposは、仮想通貨NEO、EOSなどでも採用されている、仮想通貨の保有量に応じた投票権を割り当て、その投票により取引の承認者(マイナー)を決定するというものです。

 

事前に取引の承認者を投票で決めていることでスムーズな取引承認が可能になり、高速処理が可能になります。

また、投票で行う選挙のような民主的な仕組みから信頼が持たれています。

 

IOTAとの違いは?

IOTA(アイオタ/MIOTA)とは?特徴や仕組み、将来性、価格チャート
かにたまです。 本日はLoT市場でも注目を集めている仮想通貨IOTA(アイオタ/MIOTA)について。 IOTAとは何か?その特徴や根幹技術であるTangleの仕組みについて、将来性、価格チャート、購入おすすめの取引所などをご紹介してい...

DAG技術の採用、手数料が無料などIOTAと仕組みが非常に似ていることから「IOTAの銀」とも呼ばれています。

 

では、IOTAとの違いはどこにあるのでしょうか?

 

大きな違いの1つとしてIOTAと違い、追加ブロックを必要としない点にあります。

これはどういうことかは、ホワイトペーパーで説明されていたので図を持ってきます。

 

Nanoブロックチェーン

Nanoは上図のA~Cのようにアカウント毎に独自のブロックチェーンを生成しているイメージです。

全ての資金移動は、送金ブロック(S)と受信ブロック(R)、各アカウントチェーンの所有者(A, B, C)の署名を必要とする仕組みになっています。

 

また、IOTAはIoTの小額少量送金の用途を目指しているのに対し、Nanoはピアツーピアの価値移転を解決するための用途を目指しており、ビジョンが違います。

 

将来性

Nanoの将来性について記載します。

 

コミュニティが強さは魅力

Nanoの良さはコミュニティの強さです。

 

NanoはIOTAの銀と呼ばれており、どことなく劣化IOTAという印象があります。

また、時価総額も18位のIOTAに比べると、現在44位と劣っています。

 

NanoのDiscordのオンラインメンバー IOTAのDiscordのオンラインメンバー

しかし、チャットアプリであるDiscordの規模は今やIOTAと同程度になっています。

 

Nano Reddit

Redditでも随時、投稿が挙げられています。

 

バイナンス仮想通貨取引所へNANOが上場決定!投票2位以降は上場しないの?
かにたまです。 先日、上場投票のあった海外取引所のバイナンスより正式発表がありました。 そして、投票1位のRaiBlocks(XRB)が上場が決定しました。 ※現在、RaiBlockはNano(NANO)に名称を変更しています。 ...

Nanoはコミュニティがもともと強く、旧RaiBlocks時代にバイナンスの上場投票で1位を獲得して上場しているという過去もあります。

 

2018年のハッキング後から回復傾向が見られず

Nanoは2018年に大きく価値を落としています。

これは仮想通貨バブルが終わり、仮想通貨全体が大きく暴落していることもあります。

 

しかし、1番はイタリアにある仮想通貨取引所BitGrailで1700万NANO、当時の価格で被害総額約200億円以上のNanoがハッキングされたことですね。

これはNano全体の13%にも相当するものでした。

 

そして、盗まれた1700万NANOに対し、BitGrailの取引所側は400万ナノしか保有していなかったため100%の払い戻しは不可能でした。

 

被害総額580億円!コインチェック仮想通貨NEM流出事件発生!
国内ビットコイン現物取引量No'1の国内仮想通貨取引所で過去最高額であるNEMが流出し、580億円以上のハッキング被害を受けたことが明らかになりました。 ハッキングされたのは何故でしょうか?記者会見動画もありますので、全貌をご覧ください。...

この流出事件もマウントゴックス事件のビットコインやコインチェックで起こったNEM(XEM・ネム)同様、仮想通貨取引所の過失です。

通貨自体は悪くありません。

 

しかし、被害の大きさからNanoは大きく価値を下げます。

13%は非常に大きいですね。

 

2019年のビットコインチャート

2019年、ビットコインの価格は回復傾向にあります。

実際、2019年にはいって現時点まで約3倍。

価値を大きく上げています。

 

2019年Nanoチャート

しかし、流出したNANOが売られているのか、Nanoは依然として回復の兆しが見られていません。

NANOは枚数固定。

13%の流出は非常に痛い出来事でした。

 

Nanoの価格、最新チャート

 
 
Nanoチャート

Nano(ナノ)の最新チャートは「こちら」から確認できます。

旧名RaiBlocks時代からの最高価格は2018年の1月03日に記録した32.58ドル(約3584円、1ドル110円計算)です。

 

NANO 2019年9月16日の相場

2019年9月16日時点で1NANOが98円ほど、時価総額は2.63億円ほどです。

最高価格から3%ほどの価格まで下落しています。

かにたま
かにたま

それでも2017年10月頃が1NANOで7円ほどの価格であったと考えると底上げはしていますね。

 

Nanoが購入できるおススメ取引所

BINANCE(バイナンス)の口座開設方法【図解・初心者向け】
本日は成長著しいBINANCE(バイナンス)取引所の登録方法や入金方法、二段階認証方法などの口座開設方法を初心者向けに図解で記事にしたいと思います。 海外の取引所ですが、個人的に非常にオススメな取引所ということで記事にしました。

Nanoは残念ながら国内の仮想通貨取引所で購入することはできません。

 

バイナンスは手数料も安く、対応も早い。

ハードフォークで配布する新コインも配布されます。

 

将来的に仮想通貨市場のアマゾンになりえる取引所です。

個人的におススメしています。

 

ただし、海外取引所なので日本円で購入することはできません。

 

 

コメント