【2019年度版】未成年でも口座開設ができる国内仮想通貨取引所一覧

取引所のイラスト口座開設
スポンサーリンク

かにたまです。

本日は、2019年の現在、国内仮想通貨取引所で未成年でも口座開設ができる国内取引所一覧を記事にします。保護者の同意書などが必要なもの(書類)も記載していきます。

良かったらご覧ください。

 

スポンサーリンク

未成年は2022年4月1日以降に意味が変わる

未成年の意味は満20歳に達しない者という意味です。

しかし、2022年4月1日以降は、満18歳で成年となります。

よって、2022年4月からは未成年は17歳以下になります

 

未成年の年齢は国によって異なります。

さらに米国は州によって未成年の年齢が違います。

海外で開設する際はご注意ください。

 

未成年が口座開設できる国内仮想通貨取引所一覧

コインチェックやビットバンクなどは、2019年度には未成年が口座開設できなくなっています。

現在の金融庁認可の国内取引所で未成年が口座開設できるのは、フィスコ、BTCBOX、Zaif、BitFlylerのみになります。

ただし、記事作成段階では、Zaif、BitFlylerでは新規口座開設は停止中です。

かにたま
かにたま

若くして投資を始める方は将来的に成功しやすい人でしょう。よって、後の大口になる未成年に口座開設をして欲しいと思います。しかし、不祥事もあったために自粛している印象です。

 

フィスコ

下記書類の追加提出が必要になります。

・親権者(又は未成年後見人)とご本人の 続柄を確認できる証明書類
・本人確認書類
・親権者の同意書が必要

詳細は「こちら」をご覧ください。

口座開設は「こちら」から

 

BTCBOX

未成年がBTCBOXで口座開設する場合は以下の条件があります。
 
・未成年口座の取引主体者(取引等の操作を行う方)は取引責任者の親権者になります。
・未成年申込者は同意する親権者と同居が必須でございます。
・BTC融資サービスは対象外サービスになります。
 
また本人確認書類として、以下が必要になります。
 
・氏名・住所・生年月日が確認できる本人確認書類(運転免許証、印鑑登録証明書、パスポート、健康保険証、住民票 、マイナンバーカード )
・親権者の同意書(生年月日を入力すると出てくるポップアップからダウンロード可。)
・親権者との続柄確認書類(3ヶ月以内本籍省略した住民票、戸籍謄本)
・親権者の本人確認書類(住民票がある場合、親権者の本人確認書類は不必要)
 

詳細は「こちら」をご覧ください。

口座開設は「こちら」から

 

Zaif

下記書類の追加提出が必要になります。

本人確認書類
運転免許証などの書類1点 詳細は下の※参照

親権者同意書

親権者との続柄が分かる証明書類
住民票、戸籍妙本、健康保健証、母子手帳 の何れかの書類1点

詳細は「こちら

<以下のいずれかの書類1点>
● 在留カード(現在のご住所が表面記載のものと異なる場合は裏面も必要)
● 運転免許証(現在のご住所が表面記載のものと異なる場合は裏面も必要。※要公安印。手書き不可)
● マイナンバーカード(マイナンバー通知カードはご利用いただけません)
● 日本国パスポート・ビザ(住所が記載されている面も必要)

<顔写真のない官公庁発行の公的証明書の場合は、以下のいずれかの組み合わせで2点>
● 官公庁発行の公的証明書1点(健康保険証、住民票など) + 公共料金の領収証書1点(電気・ガス・水道料金等の領収証書)
● 官公庁発行の公的証明書を2点 ※公共料金の明細書に関しては、氏名・住所・発行日が確認できるもの ※有効期限のない書類に関しては、発行から3ヶ月以内の書類のみ有効

ザイフ(Zaif)口座開設法 NEMやモナコイン購入向け【図解】
仮想通貨取引所ザイフ(Zaif)の登録から口座開設方法までを図解解説します。 ZaifはNEMやモナコインを購入する際には特におススメの取引所です。 口座開設はこちらから ⇒ Zaif公式ページ

記事作成時点では新規口座開設停止中です。

 

BitFlyer

下記書類の追加提出が必要になります。

・承諾書への署名捺印(原本)
ダウンロードはこちら(PDFファイルが開きます)

・保護者の方の本人確認資料(写し)
※顔写真と、氏名・生年月日・住所の記載が必須です。

上記2点を用意し、こちらにアップロード。

書類の受領確認が完了後、アカウントの利用が可能になります。

 

口座開設は「こちら」から(記事作成時点では新規口座開設停止中です。)

 

バイナンス等の海外取引所では親の同意なしも

海外の有名取引所の多くは未成年も口座開設可能です。

 

BINANCE(バイナンス)の口座開設方法【図解・初心者向け】
本日は成長著しいBinance(バイナンス)取引所の登録方法や入金方法、二段階認証方法などの口座開設方法を初心者向けに図解で記事にしたいと思います。 海外の取引所ですが、個人的に非常にオススメな取引所ということで記事にしました。

例えば、バイナンスは親の同意書が不要。

未成年の本人確認はマイナンバーカードで可能です。

そもそも1日で2BTC以下の取引であれば、本人確認も不要となっています。

 

しかし、基本的には英語でのやり取りになります。

海外に拠点がある取引所はリスクがあることは理解してください。

 

未成年の取引も利益には税金がかかる

未成年であろうとも税金がかかります。

仮想通貨の利益には税金がかかります。

仮想通貨の確定申告が不要な時はどんな時?利益が出ていたら報告するの?
かにたまです。 仮想通貨の確定申告において、その確定申告が不要な場合があります。 そこで、本日はどのような場合に確定申告が不要なのか記事にしたいと思います。 良かったらご覧ください。 ※記事は随時追記予定です。

なお、親の扶養に入っていれば、収益103万円以下だと利益の38万円までは税金がかからない法律になっています。

 

最後に

スポーツ等と同様に、おそらく、未成年から投資を始められる方は、試行錯誤を繰り返しながら将来的にはうまくいく可能性が高いと思います。

未成年のうちから口座開設をして小遣い等で得た資金から少しずつ試してみるのも良いでしょう。

 

日本人の金融リテラシーは低く、仮想通貨関連は特に注意が必要
かにたまです。 日本人の金融リテラシーの低さが問題となっています。 そして金融リテラシーが低いことは特に日本の仮想通貨界では非常に危険な状態に陥る可能性があります。 なぜそういえるのか現状をもとに記事にします。

ただし、仮想通貨投資の場合は、金銭が絡んでくるだけではなく、金融リテラシーの低い未成熟な市場であり、必ず稼げるといった怪しい話が多すぎるのが難点です。

そもそも仮に必ず稼げる話があったとしてもそんな話は自分でやれば良いだけで、見ず知らずのあなたに教えることはおかしいと思いませんか?

 

詐欺ICO問題に金融庁が警告!注意喚起を見て騙されないように!
先日、金融庁からICOについての注意喚起がありました。 詐欺が多いこの界隈で、あなたがひっかからないように見ておきたい記事です。
仮想通貨のオンラインサロンやセミナー、塾は怪しい?注意点は?
仮想通貨のオンラインサロンやセミナー、塾、有料noteなどが流行っていますね。 そこで、仮想通貨のオンラインサロンやセミナー、塾、有料note等について思うことや、なぜ流行っているのか?あなたが注意したい点などを記事にします。 良かった...

騙されて覚えるのも一興ですが、美味しい話はないです。
くれぐれもご注意ください。

かにたま
かにたま

ただ、全てを疑い、人間そのものを信じられなくなるという悲しい大人にはならないことを願います。

 

ビットコインの購入前に理解すべき仮想通貨のリスク!知らないと危険
本日はこれからビットコインを購入してみようと思っている方へ記事を書いてみようと思います。 まず言いたいことは、ビットコインは儲かると言われていますが、その反面リスクも非常に高い事をご理解下さい。 この記事はこれから仮想通貨を投資をは...

仮想通貨投資を始める前に上記事を読んでおくことを推奨します。

 

コメント