JPモルガン、ブロックチェーン技術を使用した仮想通貨「JPMコイン」を発行

JPモルガン ニュース
スポンサーリンク

かにたまです。

JPモルガンは今月、フィアット通貨を表すデジタルコインを作成し、テストに成功した米国初の銀行となりました。

仮想通貨にあれほど反対していたJPモルガンは、なぜ仮想通貨を発行したのでしょうか?

手のひらを変えてくるJPモルガンに仮想通貨市場はどのような反応を示したのでしょうか?

 

スポンサーリンク

JPモルガン、仮想通貨「JPMコイン」を発行

「JPMコイン」に関しては、JPモルガンの公式サイトで発表されています。

JPMコイン自体はお金ではありません。これはJPMorgan Chase NAの指定口座に保有されている米ドルを表すデジタルコインとなります。。つまり、JPMコインは常に1JPM=1ドルに相当するステーブルコインのような価値を持っています。

 

公式では、JPMコインは、ブロックチェーン技術を使用して即時支払いをするように設計されたデジタルコインとして紹介され、ブロックチェーンを介して異なる当事者間でお金などの価値を交換するにはデジタル通貨が必要であるため、JPMコインを作成したと述べられています。

つまり、あるクライアントがブロックチェーンを介して別のクライアントに送金すると、JPMコインが転送され、即座に同額の米ドルに引き換えられ、通常の決済時間が短縮されます。

 

JPモルガンは毎日6兆ドル以上のお金を世界中で動かしています。JPMコインでこれらの取引の安全性が増し、資金移動は、数日かかっていたものが即時になります。

 

現状では、機関投資家による資金決済などで利用される予定で一部で使用され、公に表に出るコインではありません。よって、私達には関係がなさそうです。

 

どうしてJPMコインはブロックチェーンを使用しているのか?

JPモルガンがブロックチェーン技術の可能性を信じているからです。彼らは適切に制御され規制されている限り、暗号通貨を支持しています。

 

かつてビットコインを詐欺だと述べていたJPモルガン・チェース銀行最高経営責任者ダイモン氏。しかし、最近ではビットコインには理解を示さないものの、ブロックチェーン技術には非常に高い関心を持っています。

 

結局のところ、ブロックチェーン技術が使われているJPMコインを発行することで顧客の取引相手や決済リスク、必要資本等を減らし、即時の価値移転を可能にできるブロックチェーンアプリが自社に大きなメリットをもたらすことができると考えたようです。

 

JPモルガンのCEOダイモン氏がビットコインを恐れている理由
かつて「ビットコインは詐欺」と発言したJPモルガンのCEOダイモン氏が開催されたJPモルガンの第3四半期の決算発表会でCEOのダイモン氏が「これ以上ビットコインについて話すつもりはない」と発言しました。

またダイモン氏は「最も信頼のおける人物」と評されています。理由は「ビットコインは詐欺」と言いながら底で購入していた事があったように、たとえ自分が悪人となっても顧客の利益を守る事を最優先するからだということです。

 

詐欺だろうと何だろうと顧客の利益が見込めるなら採用するわけです。

 

仮想通貨界ではJPMコインは不評

JPモルガンの独自仮想通貨「JPMコイン」について、当然のように仮想通貨業界からは評判はあまり良くないですね。

 

2019年のマネーロンダリング(資金洗浄)のための最も人気のあるトークンはJPMコインだとも言われているくらいです。

 

顧客企業同士でJPMコインを使って直接に国際送金ができる点は大きいと思いますが、 中央集権的だ!という批判が多く見られますね。そもそもビットコインは銀行を使用せずにp2pで取引ができる点が魅力ですからね。

 

ダイモン氏が以前にビットコインなどの仮想通貨を「詐欺」と言っていましたので、そういった経緯もあると思います。

 

コメント