今後、日本の仮想通貨取引所に上場できそうな銘柄・難しい銘柄

取引所のイラスト初心者向け
スポンサーリンク

かにたまです。

 

先日、日本初の仮想通貨であるモナコイン(MONA)が、コインチェックに上場することが発表されました。

これを受けモナコインは倍以上に高騰(昨日2019年5月31日時点)を見せています。

 

下位アルトは日本の取引所に上場が決定することで、急騰することがあります。

そこで、今後、日本の仮想通貨取引所で上場もありそうな銘柄、なさそうな銘柄についても記事にしてみました。

 

良かったらご覧ください。

 

スポンサーリンク

モナコイン、コインチェック上場へ

昨日、関東財務局第00014号として金融庁に認可されている仮想通貨取引所コインチェックにおいて、モナコインの取り扱いが開始されるとの告知がありました。

取扱開始時期は、2019年6月上旬予定でCoincheck(WEB/アプリ)における送金・受取・購入・売却や、貸仮想通貨(WEB)にも対応するとの事です。

 

コインチェック貸仮想通貨サービスの利用法、リップル等アルト対応
以前、NEM流出被害にあったコインチェックがマネックスの傘下に入り、安全性を高めて再開しました。 先日、関東財務局長 第00014号として正式に金融庁に認可されたこともあり、コインチェックの貸仮想通貨サービスの利用法等を記事にします。 ...

個人的には、貸仮想通貨にも対応するとことでモナを貸して増やすことも可能になったことは良かったのではないかと思います。

 

コインチェック、「関東財務局長第00014号」仮想通貨交換業者へ
国内仮想通貨取引所コインチェックが仮想通貨交換業者として正式に認められました! 2018年1月に仮想通貨巨額流出事件が起きてから約1年のことです。 記者会見などの動画なども公開されています。

コインチェックは仮想通貨流出事件などがあり、みなし業として認可されずにいました。

しかし、2019年1月11日に資金決済に関する法律に基づく仮想通貨交換業者として関東財務局への登録が完了、正式に国の取引所として金融庁により認められています。

 

モナコイン、急騰!4倍以上へ

MONA/JPY  2019年6月

記事作成段階(昨日の2019年5月31日・ZaifチャートMONA/JPY)で1MONA=270円ほどを推移。

コインチェックの上場を受け、1MONAあたり75円のモナコインはわずか1日で一時的に360円を突破し、4倍以上に急騰しました。

 

 

アルトコインの日本の取引所への上場の影響は大きいが・・・

今回のモナコインだけではなく、日本の取引所に時価総額が低めのアルトコインが上場すると、価格が跳ね上がります。

 

過去のアルトコイン急騰の代表的な過去の例としては、2018年1月31日にBitFlyerへ上場したLisk(リスク)が良い例でしょう。

仮想通貨Lisk(リスク)とは?特徴や将来性、価格チャートと取引所
かにたまです。 本日は日本の取引所でも売買されている仮想通貨Lisk(リスク)について。 Liskとは何か?その特徴や将来性、価格チャート等、販売している取引所について書いていきます。 良かったらご覧ください。

 

リスクがビットフライヤーに上場

発表後、わずか1時間もたたずに2400円→3300円に急騰しました。

 

が、その後のチャートを見るとわかりますが、上場前より下がっています。

この時は丁度、ビットコインが暴落し始めた時期でもありました。

このようにビットコインの相場が悪いと一気に落ちますから、現状での跳ね上がった状態での購入はあまり推奨できませんね。

 

もっとも急落後に更に高値を更新し続ける時もあります。

そして、モナコインがビットフライヤーに上場した時も急上昇しました。

この時は相場が良かった時代ということもあり、急騰→急落から再び最高値を更新して上がり続けました。

 

 

日本の取引所に上場する可能性がある通貨は?

このように日本の取引所に上場といっても、一時的に上昇するだけという効果であることを知ることができます。

しかし、上場が決まると跳ね上がる可能性があるのも事実です。

そこで、日本に上場する可能性のある仮想通貨を記載します。

 

▼上場の可能性がある仮想通貨の種類

・米国取引所で上場している通貨

・日本の取引所で上場している通貨

・国産通貨

 

米国で上場している通貨

現在の政治状況を見ればわかるように、日本は同盟国である米国と足並みを揃える傾向があります。

よって、米国のコインベースなど取引所で上場している通貨は可能性があると思っています。

 

最近、EOSやMaker等がコインベースに上場しましたので、これらは可能性があると思います。

 

仮想通貨EOSとは?特徴、将来性、価格チャート、取引所について
かにたまです。 本日は時価総額6位に君臨している(2019年5月段階)EOSについて。 EOSとは何か?その特徴や今後の将来性、価格チャート、販売している取引所などについて書いていきます。 日本では販売されていないこの仮想通貨がなぜこ...
仮想通貨メーカー(Maker)とは?特徴、チャート、将来性について
かにたまです。 本日は、記事作成段階(2019年5月30日)で時価総額21位のMaker(メーカー/MKR)について。 Maker(メーカー/MKR)とは、どのような仮想通貨なのか?その特徴や価格チャート、将来性などについて記事にしてい...

もっとも時価総額は既にどちらも高いです。

上場してもバブル期でなければ、それほど伸びないかもしれません。

 

日本の他の取引所で既に上場している通貨

日本の取引所のどこかで既に上場している仮想通貨は、今回のモナコインのように上場しやすいかと思われます。

モナコインはビットバンクZaifBitFlyerなどでも既に取引可能です。

 

Twitterにログイン
Twitterへようこそ。ログインして通知をチェックしたり、会話に参加したり、フォローしているユーザーの最近のツイートを見てみましょう。

ビットフライヤーのCEOである加納裕三さんがFactomをフォローしていました。

仮想通貨Factom(ファクトム)とは?特徴や価格チャート、将来性
国内の金融庁認可の仮想通貨、つまり、日本で売買が可能な仮想通貨について記事を書いていくシリーズ。 本日は、Factom(ファクトム)について記事にしたいと思います。 ファクトムとは何か?その特徴や将来性などを記載します。 ※現在、コイ...

今後、Factomがビットフライヤーに上場する日がくると予想しています。

※あくまでも個人の予想です。

 

国産通貨

草コイン(アルトコイン)を購入する前に注目・注意しておきたいこと
かにたまです。 仮想通貨こと暗号資産はビットコイン以外にも多数の種類があり、ビットコイン以外の通貨は、まとめてアルトコインと呼ばれています。 本日は、アルトコインの中から特に安い通貨「草コイン」と呼ばれている者を購入する際に注目・注意し...

ただ、国産通貨に関しては、草コインレベルでも認められる可能性があります。特にいざという時に国の管理下にある企業系のトークン等など国産通貨は認められる可能性があると思いますね。

 

トークンとは?いまさら聞けない仮想通貨との違い、可能性について
仮想通貨(暗号資産)市場では、「トークン」というワードが度々でてきます。 あなたは仮想通貨とトークンの違いがあることをご存知ですか? 知っているようで知らない方も多いのではないでしょうか? そこで、本日は仮想通貨とトークンとの違いにつ...

時価総額の低いQASHやZaifトークンなどが良い例です。

何かあったらその企業を調べれば良いですからね。

 

 

日本の取引所に上場が難しい仮想通貨

最後に現状では可能性が薄い通貨を挙げます。

以下に挙げる仮想通貨は、状況が変わらない限りは上場することは難しいと思います。

 

▼上場の可能性が低い仮想通貨の種類

・匿名通貨

・ギャンブル要素のある通貨

・時価総額が低すぎる草コイン等(新通貨)

・中国系通貨

 

匿名通貨、ギャンブルで利用される通貨

匿名やギャンブルなどの仮想通貨はコインチェックの上場廃止銘柄からもわかります。

モネロ(Monero)とは?ビットコインと違う特徴や将来性について
かにたまです。 本日は仮想通貨Monero(モネロ/XMR)について。 以前、日本の取引所でも上場したモネロのビットコインとは違う特徴、将来性、匿名の仕組み、価格チャートや取り扱い取引所について記載します。 良かったらご覧ください。 ...
仮想通貨ダッシュ(Dash)とは?特徴、匿名性の仕組み、将来性
かにたまです。 本日は、匿名通貨として有名な暗号通貨のダッシュ(DASH)について記事にします。 かつて、日本の取引所コインチェックにも上場していたDash。 仮想通貨ダッシュ(Dash)とは何か?その特徴、匿名性の仕組み、将来性につ...
Zcashの特徴や問題点、将来性、ビットコインとの違い、価格について
かにたまです。 本日は匿名通貨でも1,2を争うほど知られているZcashの特徴や問題点、ビットコインとの違い、価格、販売取引所などについて記事にします。
かにたま
かにたま

匿名通貨:Zcash、Dash、Monero
ギャンブル系通貨:Augur

現在の状況では、匿名通貨はマネロン、ギャンブル通貨は依存症などの様々な問題を引き起こす可能性があるものとして認められないかと思われます。

 

仮想通貨Augur(オーガ)の特徴や将来性、価格チャートについて
かにたまです。 本日は仮想通貨の1つである「Augur(オーガ)」について記事にします。 非常に将来性が期待されている一方で日本には相性の悪さも感じられます。 一体、どういうことか? Augurの特徴、将来性はあるのか?等について記...
仮想通貨Cardano(カルダノ/ADA)とは?特徴や将来性について
かにたまです。 本日は時価総額10位に君臨している(2019年5月段階)Cardano(カルダノ/ADA)について。 カルダノとは何か?その特徴や今後の将来性、価格チャート、販売している取引所などについて書いていきます。 かつ...

時価総額が高いADA(カルダノ)などが日本で上場できないのも、オンラインカジノで平等にギャンブル(賭け事)を楽しむことができる目的としてつくられている事もあると思います。

 

ただ、仮想通貨へ匿名性が一般的になってきたり、カジノが日本で認められれば(現在、判断延期中)上場する可能性はあると思います。

 

中国系通貨

仮想通貨NEOとは?価格、今後、将来性、イーサリアムとの違い
かにたまです。 本日は、中国版イーサリアムと呼ばれている仮想(暗号)通貨NEOについて記事にします。 仮想通貨NEOとは?価格、今後、将来性、中国版のイーサリアムと呼ばれてはいるものの、その違い等について記事にします。 ※理解を重視し...
仮想通貨TRON(トロン)とは?特徴、将来性、価格チャートについて
かにたまです。 本日は、日本でも注目度が高い仮想通貨TRON(トロン)をとりあげます。 仮想通貨TRON(トロン)とは何か?基本情報や特徴、その将来性、価格チャートや購入できるおススメ取引所等について記載していきます。 良かったらご覧...

トロン(TRON)やネオ(NEO)などの中国系コインも未だに日本の取引所では上場していません。

これら中国系の通貨の上場が難しいのは、政治的な問題もあるかと思われます。

 

日本がファーウェイを締め出す本当の理由 家計にやさしい格安スマホのリスク
米国政府の大号令の下、同盟各国は中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)の締め出しにかかっている。日本政府は情報漏えいや機能停止の懸念がある情報通信機器を調達しないよう、重要イン…

ファーウェイなどもそうですが、日本は同盟国である米国と足並みを揃える傾向にあります。

よって中国系がモロ出ている仮想通貨の上場は難しいかと思われます。

中国と米国は覇権を争っており、現在、ご存知の通り貿易戦争が起こるほど仲が悪いです。

 

 

新通貨や草コイン

国内仮想通貨取引所でビットコインゴールド等が配布されない理由
ビットコインから分岐したビットコインゴールド、海外で売買できるにも関わらず、国内取引所では未だに配布されていません。 なぜでしょうか?

また、分岐コインが配布されないように、日本は基本的に新しいものに抵抗があります。

詐欺も多いことから、新しすぎる通貨はそこそこの規模にならなければ上場は難しいでしょう。

 

日本で購入できる仮想通貨の銘柄が少ない理由は?~2019年2月~
日本は昨年、世界有数のビットコインの取引高を誇りました。 その割には、購入できる仮想通貨(暗号資産)の種類が少なすぎると感じています。 そこで、日本の取引所で現在の時価総額50位までの仮想通貨がどれだけ購入できるのか調べてみました。 ...

時価総額が低すぎる草コインの上場が難しいのは、今の国内での上場状況を見れば明らかだと思います。

信頼の低い通貨は価値の低い通貨であって、低すぎるままであれば、仮に国産通貨でも上場は難しいでしょう。

 

最後に

日本の仮想通貨取引所でアルトコインが上場すると一時的に価格は大きく上昇はします。

しかし、「上場はゴールではない」という認識が重要です。

 

仮想通貨の上場廃止で暴落にあわないための2パターンを想定しよう!
先日、仮想通貨取引所バイナンスが4銘柄を上場廃止することを発表しました。 本日は大手取引所から上場廃止になった際のリスクを記事にします。

上場もあれば、その反対の上場廃止もあります。

 

そして、結局、ビットフライヤーのLiskやMonaの上場で上がった通貨もバブルの崩壊で上場前の価格以下に落ちました。

価値は、相場の流れには抗(あらが)えません。

 

取引所の上場はあくまでも一時的なイベントとして捉えてください。

コメント