仮想通貨は投資?それとも価格差が大きいから投機?違いはあるの?

仮想通貨は投資?投機? その他・雑記
スポンサーリンク

かにたまです。

仮想通貨は「投資」ではなく、「投機」と言われています。

一体、なぜなのでしょうか?

本日は、仮想通貨は投資なのか?投機なのか?純粋な疑問について記事にしたいと思います。

良かったらご覧ください。

さて、これらを語る前にまず「投資」と「投機」の意味を確認してみましょう。

 

スポンサーリンク

投資とは?

「投資」の意味をGoogle検索でサーチすると、投資とは以下のような意味になります。

利益を得る目的で事業などに資金を出すこと。
比喩的に、将来の利益のために多額の金銭を投入すること。「息子にーする」

投資の意味(google検索)

↑証拠画像はこちらです。実際にGoogleで検索して見るとわかります。

 

Gooの国語辞書などで検索しても同様です。

1、利益を得る目的で、事業・不動産・証券などに資金を投下すること。転じて、その将来を見込んで金銭や力をつぎ込むこと。「土地に投資する」「若いピアニストに投資する」

2、経済学で、一定期間における実物資本の増加分。

様々なサイトで調べるとわかりますが、基本的に「利益を得る目的で資金を出すこと」という意味で間違いはなさそうです。

 

投機とは?

では、続いて「投機」の意味を調べて見ました。

投機という言葉は以下のような意味があります。

1、不確実だが当たれば利益の大きい事をねらってする行為。 「―的」

2、市価の短期間の変動の差益だけをねらって行う売買取引。 「―市場」

 

投機の意味(google検索)

↑証拠画像はこちらです。投機も実際にGoogleで検索して見るとわかります。

 

また、Gooの国語辞書に「投機」という言葉は、以下のように記載されています。

1 利益・幸運を得ようとしてする行為。

2 将来の価格の変動を予想して、現在の価格との差額を利得する目的で行われる商品や有価証券などの売買。

3 禅宗で、修行者の機根が禅の真精神にかなうこと。師家の心と学人の心とが一致投合すること。

様々なサイトを調べてわかるのは、共通していることは「利益を得ようとする行為」であることには間違いがなさそうです。

 

仮想通貨は投資なのか?投機なのか?

こうして言語から調べてみると、投資も投機も大した違いがないことがわかります。

あえていえば、投機には短期的に大もうけを狙うような1発狙いというような意味も含まれているのかと思います。

 

結局、仮想通貨が投資か投機かは人によるのではないでしょうか?

 

言葉を調べ、考えて見るとわかると思いますが、株も株式「投資」にも株式「投機」にもなりえます。

Goo辞書の投機の意味の1つである以下の項目がまさに該当しますよね。

将来の価格の変動を予想して、現在の価格との差額を利得する目的で行われる商品や有価証券などの売買。

 

よくビットコインなどの仮想通貨は価格差で利益を得るため、値上がりを期待する「投機」商品等といわれています。

しかし、よくよく言葉を調べて見ると投資も値上がりを期待したものです。

仮想通貨「投資」ともいえるわけです。

 

仮想通貨は「投資」である理由

仮想通貨は「投資」---。

少なくとも僕にとっては、仮想通貨は「投資」です。

 

今回、仮想通貨のお陰で選挙にはじめて行く僕ですが、選挙のために色々と国の状態を調べたり、旅行にいって地方の状況を見て、今の日本の現状を知って驚きました。

 

なぜ東京などの都市に人が集中化するのか理由も少し理解できました。

 

日本の所得格差が世界ワースト8、貧富の差も拡大。貧困を抜け出すには?
かにたまです。 近年、格差が更に広がっていますが、今年はその格差が過去最大になりました。 富める者は富み、貧しいものはますます貧しくなっています。 富裕層62人=下位36億人というニュースもありましたね。 1兆7600億ドル、日本円...

20代の半数が貯蓄0、子供の貧困は7人に1人、シングルマザーは8割も貧困・・・。

日本の所得格差が拡大、富める者は富み、貧しいものはますます貧しくなっています。

今のままでは、ますます格差は広がります。

 

また、この今の世の中は、中央が何をしているかわからない非常に不透明な状態(ブラックボックス)です。

国民の税金で飲み代だけで経費を2000万円以上使ったり、中央の企業がデータを改ざんをしたり、不正などを行う出来事や事件もありますよね。

 

仮想通貨ビットコインとは?特徴、今後、問題点、価値を上げた理由など
かにたまです。 仮想通貨(暗号資産)市場で最も大きな存在である「ビットコイン」について記事にします。 ビットコインとは何か?その特徴、問題点、今後の見通し、価値をあげた理由、購入前の注意点、どうして影響力が強いのか?などを記事にしていき...

このような不透明で不信感がただよう時代でオープンソースで改ざんが難しく、ピア・トゥ・ピアー、すなわち管理者がいないビットコインが信頼を高め、結果的に価値を高めているのは当たり前だと思います。

 

ついにトランプ大統領もビットコインに言及し、もう仮想通貨、、、少なくともビットコインに関しては、上手くいくと僕は感じています。

 

仮想通貨の伸びしろを株式や金、企業、法定通貨の時価総額から見てみよう
高い成長を見せ、将来が期待されている暗号資産こと仮想通貨。 一体、どこまで成長するのでしょうか? 本日は、株や金、法定通貨、企業の時価総額からどこまで伸びるのか記事にしました。

時価総額もまだまだ上げていくでしょう。

 

ただ、規模がこれからますます大きくなり、最後は国が潰しにきます。

なぜなら、自国通貨の弱体化は、その国の尊厳を失うからです。

よって、確実にビットコインの世界がうまくいくかわからない部分もあります。

 

ただ、国が潰しに来ても開発会社などがないビットコインは完全に潰すことができません。

よって、今の所はビットコインは仮想通貨の中でも抜けているのかなと感じています。

 

もはや、ビットコインのように中央の管理者がいなくても、うまくまわるような仕組みが出来ています。

僕は特にお金(資産)の流れが誰でも確認できる点に魅力を感じています。

今の不透明な時代、これからますます需要を高まることが予想できます。

 

2019年度以降のビットコインの次のピーク価格(上限)を予測してみた
ビットコインが取引開始された頃の価格は0.07円。 現在、43万円を推移していますが、2017年のピークには230万円ほどに達しました。 そう、ビットコインは過去に大きく暴騰し、最大80%ほど下落するバブルが過去3度起こっています。 ...

少なくとも上記事で書いたくらいまではビットコインは上昇するでしょう。

 

確かに未来は読めず、確実ではありません。

しかし、現在の格差社会の広がり、中央に対する世の中の不信感は、将来的にビットコインの価値をますます高めるだろうと僕の中ではほぼ確信しています。

 

↑ビットコインが認知を広げ、本当にラスボス前の虚無感と同じ感覚になっています。

 

未来はわからないからこそ面白かったりします。

しかし、流れが何となく読めると不安定で詐欺だと言われていたビットコインの時代に比べると面白さが半減しています。

最後、大きくなったビットコインを国がどうするかわからないので、その点は、まだどうなるのかな?という面白さがありますw

 

ビットコインETFの承認後の動きを金の長期チャートから学ぼう!
ビットコインの価値を大きく上げるとされているETFが認められるかどうかが話題になっています。 ビットコインはデジタルゴールド、つまり金のようなものだと言われていることから金のETFが認められた時、どうだったのか過去の歴史を調べてみました。...

ビットコインETFもいずれ認められるでしょうし、2020年、日本でも正式に「暗号資産」という言葉になるように通貨というよりも、金のような金融資産として価値を上げるかと思われます。

 

仮想通貨は希望ー。

僕がガチホをしているのも、未来への「投資」です。

 

仮想通貨ビットコイン等がねずみ講とは違い革命である理由
ビットコインは最初は日本円で0.07円ほどで現在は120万円ほどまで上昇しています。 煽り気味な宣伝などもあり、それゆえにねずみ講などと言われていますが、僕は全く違うものだと考えています。
仮想通貨は初心者にとって長期保有がおすすめな4つ理由とデメリット
仮想通貨は、特に初心者にとっては長期保有(ガチホ)がおすすめです。 実際に仮想通貨保有者の多くは長期保有であることがわかっています。 では、仮想通貨は長期保有者が多く、なぜおすすめなのか記事にします。
その他・雑記
スポンサーリンク
かにたまをフォローする
仮想通貨投資初心者向けのブログ

コメント