仮想通貨のIEOの現状やICOとの違い、メリット、問題点について

IEOとは?の文字知識・用語集
スポンサーリンク

かにたまです。

ここ最近、ICOやSTOに変わるIEOが話題になっていることをご存知ですか?

そこで、本日はIEOとは何か?ICOとの違いや、その現状、メリット、問題点などを記事にします。

良かったらご覧ください。

 

スポンサーリンク

IEOとは?

IEOは、イニシャル・エクスチェンジ・オファリング(Initial Exchange Offering)と呼ばれる仮想通貨の資金調達方法です。

ICO同様に参加者は上場前の価格で仮想通貨を購入できます。

 

最近はバイナンスでHarmony(ONE)という仮想通貨がIEOを行い、上場しています。

 

ICOとの違い

ICO(Initial Coin Offering)も仮想通貨の資金調達方法として知られています。

IEOは、Initial Exchange Offeringであり、Exchange呼ばれているように取引所が資金調達をしたい仮想通貨プロジェクトの代わりに資金調達を行ってくれます

 

IEOの現状

IEOの現状は、まるでかつてのICOのように投資額からプラスになる傾向が見られます。

だいたい2倍~にはなっていますね。

 

BINANCE(バイナンス)の口座開設方法【図解・初心者向け】
本日は成長著しいBINANCE(バイナンス)取引所の登録方法や入金方法、二段階認証方法などの口座開設方法を初心者向けに図解で記事にしたいと思います。 海外の取引所ですが、個人的に非常にオススメな取引所ということで記事にしました。

一例として、バイナンスは今回の過去に5度IEOを行っています。

1回目:Bittrent(BTT)5.3倍
2回目:Fetch.AI(FET)1.68倍
3回目:Celer Network(CELR)1.69倍
4回目:Matic Network(MATIC)1.69倍

過去4回の結果は上記の通り。

ちなみにこれは以前の状況であり、現在は、より上昇しているものもあります。

 

なお、今回の5回目のHarmoyのIEO価格は、1ONEあたり0.003175USDでした。

 

 

ところが、昨日の2019年6月1日15:00付近の段階で1ONE=0.02130USDになっています。

つまり、既にIEO価格の6.7倍になっているわけです。

 

バイナンスのIEOの過去5回をまとめるとこうなり、すべて投資額以上になっています。

1回目:Bittrent(BTT)5.3倍
2回目:Fetch.AI(FET)1.68倍
3回目:Celer Network(CELR)1.69倍
4回目:Matic Network(MATIC)1.69倍
5回目:Harmoy(ONE)6.7倍

おそらく、この傾向はビットコインの相場が良い限りは、もうしばらく続くのかと思われます。

 

仮想通貨バイナンスコイン(BNB)とは?特徴や今後、購入方法等について
かにたまです。 本日は時価総額7位(2019年5月)にまで登りつめた仮想通貨バイナンスコイン(BNB)について。 取引所のコインがなぜこれだけの価値をもっているのか?バイナンスコインの特徴、今後の将来性、価格チャート、購入方法について記...

バイナンスのIEOへの参加はバイナンスコイン(BNB)を使用します。

詳しくは上記事をご覧ください。

 

IEOのメリット

資金が集まりやすい

IEOは、取引所が代わりに資金調達を行ってくれますので、プロジェクトが無名であっても資金が集まりやすいというメリットがあります。

先ほどのバイナンスのIEOで言えば、Harmony(ONE)という仮想通貨がどんなものか知らなくてもバイナンスがやっているIEOということで資金が集まってしまうわけです。

 

また、ICO同様に安い価格で購入することが可能です。

もっともIEOが鎮火すれば、暴落する可能性は今後はあるでしょう。

 

すぐに上場できる

IEOを行った取引所にすぐに上場できるという大きなメリットがあります。

ICOを行っても上場できない仮想通貨もありますので、その点は非常に大きなメリットです。

 

IEOの問題点

ICOの抜け穴

ICOは国家によっては禁止されている国があることはご存知だと思います。

中国や韓国がその代表例ですね。

 

しかし、調査会社のDiar社によるとIEOが中国や韓国で密かに流行っていると発表されています。

ICOは禁止でも新しいIEOは禁止になっていません。

恐らく、今後は規制が入るでしょう。

 

取引所のアカウントを作成する等の条件

IEOの参加者は、そのIEOを行う取引所を利用していないと購入できません

基本的にその取引所でKYC認証(本人確認)をしていることが最低条件です。

一部、無いものもあります。

 

更にバイナンスのIEOに関しては、バイナンスコイン(BNB)を保有している必要があるなど取引所によってIEOの参加のために様々な条件があります。

 

取引所の独断(中央集権化)

STO(セキュリティトークンオファリング)とは?ICOとの違い
かにたまです。 最近、STOという言葉をよく聞きます。ICOに変わる資金調達法として知られていますが、どのような仕組みで違いはどこなのかご存知ですか? そこで、本日は今注目されているSTOについて記事にしたいと思います。

STOなど第三者が許可したものとは違い、IEOは取引所の独断で行う資金調達法です。

現在の所は上手くいっていますが、IEOを行う基準があいまいで、不透明な部分も多いです。

 

現在では、かつての取引所トークンのようにバイナンスを真似て様々なIEOが行われています。

取引所の意思でIEOを行い、上場させるのはどうかと思う点もあります。

 

今後のIEO日程に関して

IEOに興味を持っている方もいると思いますので、IEO日程がわかるサイトをご紹介します。

こちら」のサイトでIEOの今後の日程を確認できます。

 

ただし、IEOはIPO同様に規制されてそのうち鎮火するでしょう。

また、よくわからない取引所のIEOは危険な香りもします。

個人的にはあまりおススメできません。

 

コメント