ハードフォークで新コイン配布の理由や仕組み、税金はかかるの?

分岐で考える男性のイラスト 初心者向け
スポンサーリンク

かにたまです。

仮想通貨のハードフォークにて新しい仮想通貨(コイン)が配布される時があります。

例を挙げると、ビットコイン(BTC)からビットコインキャッシュ(BCH)、BCHからビットコインSV(BSV)が良い例ですね。

そこで本日は何故、新コインが配布されるのか?その理由や仕組み、また税金はかかるのか?などを記事にしていきます。

良かったらご覧ください。

 

スポンサーリンク

新コインが配布される理由

仮想通貨はコミュニティの同意さえ取れれば分かれて新コインをつくることが可能です。

 

ビットコイン等のような仮想通貨は現実のような目に見えて手にとれるようなお金ではなくブロックチェーンをもとにしたデータでつくられています。

 

このブロックチェーンは過去のデータの改ざんは難しいのですが、途中で枝分かれすることができ、新しいルールで別々の道を歩んでいくことができます。

 

この新しいルールで別の道を歩んでいったものは、新コインとして配布されます。

この新しいコインはフォークコイン分岐コイン等と呼ばれています。

 

ではどのような仕組みになっているのでしょうか?

 

新コイン配布の仕組み

BTCとBCH分岐のイメージ図

イメージにすると上図のようなイメージで途中まではデータを引き継いでいます。

新しく生まれた仮想通貨は分裂として表現されることがあるのですが、過去のデータを引き継いでいることから一般的には「分岐」と呼ばれています。

 

そもそもハードフォークは従来のルールと異なり、新しいルールを適用する際に行われます。

そこで、生まれた新しいコインは、ブロックチェーンの過去のデータを引き継いでいることから別れる前に所持していた枚数に応じて新しいコインが配布されるわけです。

 

BTC,BCH,BSV比較

現在の発行枚数上限が同じ2100万枚のBTC,BCH,BSV発行枚数を見ると、同じくらいになっていることからもわかると思います。

新しいコインといっても0枚から始まるのではなく、過去のブロックチェーンのデータから同じ割合の枚数を元のコインの保有率の応じて配ってから始まります。

 

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)が2つに!BitcoinABCとBitcoinSV誕生
2018年11月16日、ビットコインキャッシュことBCHは2つに別れました(分岐)。 わかれた通貨はBitcoinABCとBitcoinSV。 ではBitcoinCashはどうなってしまったのでしょうか? また通貨がわかれてしまった際...

2018年11月16日にビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークでビットコインSVが誕生しました。

 

 

ビットコインから分岐して生まれた新しいコイン

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュ(BCH)とは?特徴や将来性、購入おすすめ取引所
かにたまです。 星の数ほどある仮想通貨から国内の金融庁認可の取引所にある、つまり、日本で認められている仮想通貨について記事を書いていくシリーズ。 本日は「ビットコインキャッシュ」ことにBCHついて記事にしたいと思います。 この記事を読...

2017年8月にビットコインからはじめて分かれて誕生した新コインです。

誕生した理由は、ビットコインの性能に限界が見られたにも関わらず、ブロックサイズを大きくしなかったからです。

2017年、ビットコインは取引高が非常に多く、取引が盛んでした。しかし、性能の限界で処理できず、送金に1日ほどかかることもザラでした。

 

ビットコインゴールド(BCG)

ビットコインゴールド誕生へ、取扱い取引所が次々と!将来性はあるのか?
ビットコインゴールドの誕生である10月25日まであと8日の予定です。 数日前からビットコインゴールドの公式サイトをたまにチェックしていましたが、ほとんど何も表示されておらず困っていました。しかし、先ほど確認した所、更新されており、一部の取...

2017年10月25日に誕生した新コインです。

高いマイニング機材を必要とせず、パソコンのGPUで安価に生産できることが大きな特徴です。

 

国内仮想通貨取引所でビットコインゴールド等が配布されない理由
ビットコインから分岐したビットコインゴールド、海外で売買できるにも関わらず、国内取引所では未だに配布されていません。 なぜでしょうか?

なお、この仮想通貨は以下のビットコインダイヤモンドを含めて国内取引所では配布されていません。詳細は、上記事をご覧ください。

 

ビットコインダイヤモンド(BCD)

ビットコインダイヤモンド誕生!海外上場も日本国内取引所では配布もなし
ビットコインダイヤモンドのハードフォークが成功しました。 そして、バイナンス等の一部の海外取引所に上場しました。 思ったより高値になっている模様です。 しかし、日本では配布されません。 一体なぜでしょうか?

2017年11月24日にビットコインのブロックサイズを1MBから8MBに拡大し、さらにプライバシー要素を取り入れているのがビットコインダイヤモンドです。

 

配布例

AコインからBコインが誕生するハードフォークが行われてた場合を例にします。
発行枚数上限は変えることができますので、元のコインを所持していた割合に応じて新しいコインが配布されることはご理解ください。

■パターン1
Aコイン発行枚数上限1000枚、所持1枚
Bコイン発行枚数上限1000枚の場合
⇒ Bコインが1枚配布されます。
■パターン2
Aコイン発行枚数上限1000枚、所持1枚
Bコイン発行枚数上限2000枚の場合
⇒ Bコインが2枚配布されます。

 

新コインに税金はかかるの?

ハードフォークで取得した新コインも課税対象になります。

ただし、使用した段階が課税対象となります。

 

例えば、新コインを50万円で売却すると、その50万円が所得利益となり税金がかかります。

売らなければ税金はかかりません。

 

詳しくは、金融庁から発表されている仮想通貨Q&Aの別添4 仮想通貨に関する税務上の取扱いについて(FAQ)(PDF/525KB)の中にある「仮想通貨の分裂(分岐)により仮想通貨を取得した場合」をご覧ください。

かにたま
かにたま

分岐した新コインをもらった段階ではなく売却して得た利益に対して税金がかかるようになります。

国内仮想通貨取引所でビットコインゴールド等が配布されない理由
ビットコインから分岐したビットコインゴールド、海外で売買できるにも関わらず、国内取引所では未だに配布されていません。 なぜでしょうか?

 

コメント