仮想通貨の販売所と取引所の違い、取引でお得なのはどちら?

取引所のイラスト 初心者向け
スポンサーリンク

仮想通貨の取引所には取引所と販売所があります。

あなたはこの2つの違いをご存知ですか?

知っていないと損をすることになります。

よって、その違いについて記事にしたいと思います。

 

スポンサーリンク

仮想通貨には販売所と取引所がある

仮想通貨を売買できるところは、一般的に「取引所」といわれています。しかし、仮想通貨の取引所には「取引所」だけではなく、「販売所」もあることがわかります。

ビットフライヤーの取引所と販売所

BitFlyerの例をとってみましょう。

今のところビットコインしか、取引所はありません。

ではこの販売所と取引所の違いは何でしょうか?

結論から言えば、販売所はbitFlyer(交換業者)と売買、取引所は他のユーザーと売買をする場所になります。

販売所とは?

ビットフライヤーの販売所

販売所は、販売者から直接、仮想通貨を売買できる所です。本日の例だとビットフライヤーさんの指定する値段で売買できるということです。

上の例で売買する場合、以下の費用が必要になります。

1BTCを購入するのに972157円

1BTCを売却するのに949150円

購入には日本円を、売却にはBTCをビットフライヤーに置いて置く必要があります。

売りと買いで価格の差があるのは、販売者(ビットフライヤー)が利益を得るために差分(スプレッドといいます)を上乗せしています。

ビットフライヤーの販売所のBTC価格

注文は表示された価格のみの売買で板というものは存在しません。つまり、1ビットコインが90万円になったら購入というような注文はできません。表示価格で購入、売却することになります。

購入、売却価格は販売側が利益を得られるように定期的に変化します。

 

取引所とは?

ビットフライヤーの取引所

取引所とは仮想通貨の売買したい人々(私達)を結びつける仲介の場所です。

つまり、あなたがビットコインを買いたい時、売りたい人が見つかるかもしれないという場になっています。

 

ビットフライヤーの販売所

赤字が買いたい人、黄緑は売りたい人です。

例えば、黄緑の957513円には数量0.22売りたいと板にありますが、これを買いたい人がいれば取り引きが成立します。

 

ビットフライヤーの販売所

このように打ち込むことで0.22の数量のBTCを購入できます。

取引所は上図の水色で囲った手数料で利益を得ます。

 

また決められた価格ではなく成行注文でも売買ができます。成行注文の意味は売買を行うときに、値段を指定せずに注文することをいいます。詳細は知りたい方は下記事をご覧下さい。

orekabu.jp

 

販売所と取引所、どちらの取引がお得?

その時の相場状況にもよりますが、基本的には「取引所」が安く購入できます

販売所は決められた価格ですぐ購入できる反面、業者側はその手数料を上乗せしています。

 

コメント