グーグルトレンドからわかる2018年注目の仮想通貨事情!

google 相場分析・データ
スポンサーリンク

ビットコインの急落から少し落ち着き、仮想通貨界隈が徐々に活気が戻ってきた感じがします。そこで、本日はグーグルトレンドを使っていま注目の仮想通貨等についてあれこれ記載していきたいと思います。良かったらご覧下さい。

 

スポンサーリンク

いま注目されている言葉

f:id:moneygamex:20180422142709j:plain

グーグルトレンドで「仮想通貨」と検索すると関連ワードが出てきます。

これらの上位で今、日本で注目されている仮想通貨などがわかります。

人気度の動向グラフを見ると、

チャートの値動きと似ていますよね。∑(*’д’*)

f:id:moneygamex:20180422095736j:plain

f:id:moneygamex:20180422095739j:plain

f:id:moneygamex:20180422095743j:plain

f:id:moneygamex:20180422095747j:plain

f:id:moneygamex:20180422095750j:plain

今注目のワードについて

※2018年4月段階になります。随時、グーグルトレンドでお調べください。

NEM(ネム・XEM)

新しい経済活動を目指す仮想通貨の1つです。

仮想通貨NEM

コインチェックさんがNEMのハッキング被害にあったことで逆に有名になり、日本ではビットコインに次ぐ知名度を得たと思います。そういった経緯もあり、検索される方も増えているのでしょう。

最近では、お笑い芸人の「たむらけんじ」さんが、ご自身が経営されている焼肉店でNEM決済を始めたことで話題になっていました。

NEMはついに世界一のバイナンス取引所にも上場、現在、取引ができます。

NEMの性能を大幅に上げるカタパルトと呼ばれる高速処理技術の完成もそろそろだと言われています。正にこれからの仮想通貨だと思います。

仮想通貨ネム(NEM/XEM)の特徴や将来性、今後、価格チャート
国内の金融庁認可のの仮想通貨、つまり、日本で認められている仮想通貨について記事を書いていくシリーズです。 本日は、ネム(NEM/XEM)について記事にしたいと思います。 ネムは国内取引所のZaifなどで販売されており、日本人から...

 

 XP(エックスピー)

仮想通貨XP

XPは、ゲーマーやゲームコミュニティの幅広い層を補うだけでなく、社会に積極的に貢献する人々に直接利益をもたらすように設計されました。単一のブロックチェーン上に構築されたグローバルに受け入れられた「ハイストリート」デジタル通貨を組み合わせたインセンティブ報酬です。

https://www.xpcoin.io/より

何のこっちゃという話ですが、簡単に言いますと、積極的な経験が報酬をもたらすという仮想通貨です。

実際に現在、XPのチップだけで旅をしている方もいるくらいです。

2017年の1番の上昇率の仮想通貨はビットコインではない!1年で約66000倍!?
かにたまです。 2017年の仮想通貨市場の伸び率が尋常ではないと話題になっています。 では一体どんな仮想通貨が1番伸びたのでしょうか?
仮想通貨XPとは?1円(satoshi)以下のおすすめ草コイン
1円以下の仮想通貨(草コイン)のXPについて記事にしたいと思います。 どんな通貨なのか?発行枚数や規模、使い道、現在の状況などを記載します。 ※追記 現在、仮想通貨XPは2つに別れてしまいました。この記事は、XPが2つに別れる前の...

 

f:id:moneygamex:20180422132251j:plain

Historical Snapshot – January 01, 2017 | CoinMarketCap

昨年の1月は2017年の1月1日の価格は0.000005円。たった1年で66000万倍伸びた仮想通貨です。これはビットコインが初期に2年半かかった伸びをたった1年で達成したことになります。

昨年の1月1日にXPを1000円でも買っていれば12月末には6.6億円になっていたという、まさに仮想通貨ドリームを達成した通貨とも言えます。

 

xpチャート

ただし、その反動はすさまじく、現在、大幅に下落しています。

数値にすると 1倍→ 66000倍→ 4000倍と、結果的には4000倍上昇しているもののピークから約94%落ちています。

ボラリティ(価格の変動の激しさ)が仮想通貨の中でもピカイチで高いので投資対象としては客観的にみると余りおススメができません。

 

と言いますのは、1日でこれだけ変化します。これはビットコインに当てはめると1日で54万~90万になる変動をしたようなものです。

ただ、個人的にはXPを応援しています。

 

この仮想通貨は、サトシナカモトのように生みの親がいません。

開発等もコミュニティ主体で行なっています。

これは不安材料とも言えますが、僕は逆に魅力を感じています。なぜなら誰にやれともいわれずに自ら行なう内発的動機は非常に強いと感じているからです。

 

f:id:moneygamex:20180422130254j:plain

↑XPのコミュニティは部活動という仮想通貨とは全く関係ないような場所もあります。これはコミュニティ内で自然に生まれました。これは仮想通貨のコミュニティなのだろうか?と思うほど他仮想通貨では類を見ないものが自然に生まれています。

 

そして、ついにXPが ゲーム上でもらえる仕組みの完成が近づいているということで、どうなるのか本当に楽しみですね。

www.gamespark.jp

cr.hatenablog.com

Rustは、2014年に売上げ3000万ドルを達成し、PCゲーム大手販売所のSteamで2位の売上げにもなったことがある人気サバイバルゲームです。

結局、経験したことが結果に繋がります。それに個人的に結果よりも実は経験をつんでいる過程の方が思い返すと楽しかったりします。よって、経験することに価値を置いているこの仮想通貨の理念が好きです。

世の中では、資本主義ということで結果を出した人が報酬をもらえる世界です。XPは経験に重点を置いていて参加するだけでもらえることもあります。こういう仮想通貨が1つでもあるのは面白いなと感じています。

仮想通貨XPとは?1円(satoshi)以下のおすすめ草コイン
1円以下の仮想通貨(草コイン)のXPについて記事にしたいと思います。 どんな通貨なのか?発行枚数や規模、使い道、現在の状況などを記載します。 ※追記 現在、仮想通貨XPは2つに別れてしまいました。この記事は、XPが2つに別れる前の...

 

Binance(バイナンス)

f:id:moneygamex:20180422104143j:plain

24 Hour Volume Rankings (Exchange) | CoinMarketCap

新しい取引所でありながら、巧みな経営と営業であっという間に世界一になった仮想通貨取引所がバイナンスです。

 

f:id:moneygamex:20180422154732j:plain

特になかなか使い道が見出せている所がなかった自社トークンに用途をつくった所は素晴らしいです。自社トークンBNBは、なんと時価総額ランキング20位で上昇中です。

 

f:id:moneygamex:20180422155154j:plain

正確な日時は公式で発表されていないものの、4月末にバーン予定があります。バーンとは、いくらかのBNBを永久に使えなくすることです。

全体の枚数が減れば、希少性があがり、価格も上昇する傾向があります。それもあってかビットコインの大幅下落中も上位アルトより価値を落とさずに成長しました。

この取引所は基本的にお客の喜ぶことしかしません。ハッカーも撃退したり安全性も高い状況です。なるべくして世界一になった取引所と言えるでしょう。

BINANCE(バイナンス)の口座開設方法【図解・初心者向け】
本日は成長著しいBINANCE(バイナンス)取引所の登録方法や入金方法、二段階認証方法などの口座開設方法を初心者向けに図解で記事にしたいと思います。 海外の取引所ですが、個人的に非常にオススメな取引所ということで記事にしました。

 

時価総額

coinmarketcap.com

↑こちらのコインマーケットキャップさんで確認できます。

f:id:moneygamex:20180422123056j:plain

↑2018年4月22日時点

f:id:moneygamex:20180422123324j:plain

Historical Snapshot – April 23, 2017 | CoinMarketCap

↑昨年の2017年4月23日はこちら。半分以上は入れ替わりましたね。

1年の変化を見ると、上位アルトコインにかなり資金が流れてきているのと、出来高に関しては非常に伸びていますね。

BTC(ビットコイン)が13万円、ETH(イーサリアム)は5000円、XRP(リップル)とXEM(ネム)は3円、ライトコイン(LTC)は1500円くらいでした。

今の価格でもどれも安いと言われるくらいですから時の流れとは恐ろしいものですね。昨年がいかに凄かったのかわかりますね。

 

SBI(エスビーアイ)

f:id:moneygamex:20180422134223j:plain

投資の世界では知らない人はいないくらい有名な証券会社です。仮想通貨事業に参加することが決定しており、既に金融庁に認可(関東財務局長00005号)されています。

コインチェックハッキング事件以後、SBIさんに期待している人は更に増えたのだろうなと感じています。

SBIさんの取引所の開設は、2018年の夏と言われています。

coinpost.jp

先日、SBIリップルアジアの証券コンソーシアムというものが設立されたそうです。詳しい内容は上のコインポストさんの記事に書かれてあります。

ブロックチェーンの仕組みを使って、1度登録すれば、他での新規登録は不要になることも可能になるようですね。毎回、同じようなことを会社毎に記載していくのは面倒だったので助かりますね。ブロックチェーン上にあれば流出もなくなるでしょう。

 

SBI、仮想通貨Sコイン発行予定。Jコインとの違いとは?
SBIホールディングスが仮想通貨「Sコイン」発行することで話題になっています。 以前、発表されたみずほ・ゆうちょ・地銀による「Jコイン」の違いはなんでしょうか?

将来的にはSコイン(仮名)を発行する模様です。

 

TRX(トロン)

TRON

TRXと呼ばれている仮想通貨です。クリエイターに対する不当な中間搾取や無断転載を防ぐような目的等で作られました。デジタルなコンテンツをブロックチェーン上に記録することで著作者の権利を保障することができます。

jp.cointelegraph.com

トロン自体には目立ったプロダクト(生産品)がなく、先月にテストネットがローンチしたばかり、仮想通貨界ではトロンを懐疑的に見る声があるのも事実です。

f:id:moneygamex:20180422105920j:plain

しかし、現実は、様々な取引所に上場しており、出来高は常にトップ10クラスです。先ほども7位でした。

ジャスティンサン

TRXに熱心なファンが多いのは、なんといってもリップルの開発に携わっていたことでも知られるジャスティン・サンさんのカリスマ性が大きいですね。有名雑誌Forbesが選ぶ30歳以下の30人に3度も選出されています。

そのカリスマ性か、取引所だけではなく、色々な企業さん等と提携されておりスピード感があります。

ジャスティンさんは、人の和を重視されている方のようで営業力が非常に強いと感じています。以前は、アリババのジャック・マーさんと仲が良いことからアリババと提携か?とも言われていましたね。

プロダクトだけあっても人の心をつかめなければなかなか世の中で浸透しません。どんなに素晴らしい技術でも誰も知らなければ評価はされず使われません。

仮に今のTRXのプロダクトに問題があったとしてもジャスティンさんなら何とかしてくれるという感じはありますね。

こういうカリスマ性は、AIにはなかなかスグには代替できないと思っています。TRXのような通貨が出てきたのは、個人的には面白いと思っています。

 

【注意!】仮想通貨TRON(トロン・TRX)が無価値に!?新TRON移行へ
かにたまです。 仮想通貨TRON(トロン・TRX)がメインネットを公開、新トークンに移行します。 今後のトロンはどうなるのでしょうか?

ETHから独立しメインネットを立ち上げました。これからの飛躍が期待されます。

 

草コイン、アルトコイン

仮想通貨界が再び盛り上がる前に、昨年、一気に伸びたXPやXVGのような草コイン、アルトコインを探しているのだと感じています。

 

おすすめ草コインの探し方、将来性ある有望なアルトコインの選び方
2017年には、仮想通貨元年ということもあり、仮想通貨市場が少しだけ成熟してきてきました。 そこで、そろそろ草コインが盛り上がりそうなので、僕の草コインの探し方、将来性ある有望なアルトコインの選び方を記事にしたいと思います。

僕なりのやり方で恐縮ですが、基本的な草コインの探し方はこちらにある通りです。

伸びる前にXP、XVGを両方見つけた僕(100%偶然)の意見としましては、話題に挙がっていて伸びている仮想通貨は全て無視し、大きく下落、かつ変動が長期チャートで見て少なく底をはっている仮想通貨が伸びる可能性が高いと思います。加えて、コミュニティが強ければ最高です。

ボラリティが非常に大きいので、上がり続けているものよりも底で安定している草コインの方が伸びが期待ができます。

昨年は、多くの草コインは開発が続いている限りは伸びました。草コインは開発が止まるものもあります。止まるともうどうにもなりませんので、そこはご注意ください。

 

仮想通貨のPUMP and DAMPを判断するたった1つの方法
仮想通貨は法整備がされておらず「PUMP and DAMP」なども普通に行なわれています。 この「PUMP and DAMP」とは何でしょうか? そこで、本日はその意味と共に見破り方をご紹介したいと思います。

また、底といっても大きく下落している時は危ないです。急騰はもっと危ないです。特に草コインはPUMP and DUMPがあるのでご注意ください。

最近では浸透したら僕が実際に使いそうな仮想通貨かどうか?という点も考えるようになりました。このブログを書いていてどうしてお金が必要なのか考えたところ、多分、その先にある幸せ?のようなものが欲しいから人はお金が欲しいんだろうなと思うようになりました。

仮想通貨は未来のお金になる可能性がありますので、どうせなら将来、使いそうな仮想通貨を選んで見ようかなと思い始めています。

ですので、XPはここまであがってもまだ1枚も売っていないですね。

草コイン、特に新しい物は博打要素が強く、上位アルトコインに比べて不安定です。

宝くじを買うという感覚でいられるなら挑戦して見るのも面白いと思います。

 

Zaif(ザイフ)

トレンドにあって驚きました。Zaif=ザイフとは、テックビューロ社が手がける仮想通貨取引所(近畿財務局長 登録番号00002号)のことです。

 

Zaif(ザイフ)トークンの今後や将来性はあるの?
かにたまです。 本日から星の数ほどある仮想通貨から国内の金融庁認可の取引所にある取引所の仮想通貨、つまり、日本で認められている仮想通貨について記事を書いていこうと思います。 本日は「Zaifトークン」について記事にしたいと思います。 ...

Zaifトークンを発行しています。

Zaifさんは今のところは支払いの滞(とどこお)りがなく、唯一、遊び要素のある会社だと思います。トレンドのようにこれから伸びてくれると嬉しいですね。

ザイフ(Zaif)口座開設法 NEMやモナコイン購入向け【図解】
仮想通貨取引所ザイフ(Zaif)の登録から口座開設方法までを図解解説します。 ZaifはNEMやモナコインを購入する際には特におススメの取引所です。 口座開設はこちらから ⇒ Zaif公式ページ

 

韓国

f:id:moneygamex:20180422115102j:plain

国内ビットコイン市況 | Bitcoin日本語情報サイト

また韓国が先行してきましたね(グラフ紫色)取引も活発になってきています。

韓国の仮想通貨には、税金がかからないって大きいですよねw

f:id:moneygamex:20180422115359j:plain

特にRipple(リップル)と、先ほどのTRX(トロン)の取引高が高いですね。KRW(ウォン=韓国のお金)建が非常に貢献しています。

5ch

もともとは2chというネット掲示板でしたが、5chという名前にリニューアルしました。

以前は情報収集の場として上記事でもおススメしていましたが、どんどん宣伝の場のようになっていきました。正直、時間を浪費するので今5chはおススメできません。

先ほど確認した所、勢いも以前よりも無くなっていましたので、もう人もいなくなっていると感じています。まとめサイトがいくつかありますので、そこで十分だと思います。

 

仮想通貨のプレ前のICO情報等の最新情報を知りたいならビットコイントークを利用してみよう、日本語版もありますよ!
本日は仮想通貨の情報収集に非常に便利な「ビットコイントーク」について記事にしたいと思います。 その特徴やメリット、デメリット、登録方法などを記事にします。 良かったらご覧下さい。 ※ビットコイントークは、膨大な量があるため、時間のとれ...

個人的には、同じ掲示板なら固定アカウントのあるビットコイントークの方が良いと思います。

 

格付け

仮想通貨は多数あり、指標のようなものはありません。

よって格付けのようなものが検索されているのだと感じています。

 

仮想通貨の格付けで有名なのは、Weiss Ratingsさんでしょうか?

 

Weiss Ratingsさんは、1971年に創設された格付け会社です。仮想通貨の格付けが初めてではなく、約5.5万の機関と投資案件の評価を行っています。その独立性と正確さで米国で非常に注目されています。

格付けの効果はある程度は見られます。XRPはもちろん、今やEOSはトップ5に入りましたし、NEO、STEEMも大きく飛躍しています。

 

最近、4月の格付けも更新されたそうですよ。ランクの高いBクラスの仮想通貨で日本の取引所で購入できるものはXRP(リップル)だけですね。

 

forbesjapan.com

Weiss Ratingsから危険な仮想通貨7つも発表されたようです。

もっとも先の事は誰にもわかりません。

また、格付けは日々変化しますので、あくまでも参考程度です。

 

最後に

注目を集めているということは逆に大きく下降する可能性もあります

良い例だと、株のダイヤモンドザイなどで取り上げられた上昇銘柄の大半は発売後~数ヶ月後に大きく下降する傾向にありますね。

将来的に仮想通貨市場にヘッジファンドが入ってくると、個人投資家とは違い、年間で必ず利益を出す必要がでてきます。よって、裏をかき注目の通貨を空売りしてくる可能性も考えられます。

しかし、検索ではグーグルが絶対的であり、良くも悪くも注目されていることは間違いはありません。

従って、あくまでも目安にすることが重要かと思われます。

 

相場分析・データ
スポンサーリンク
かにたまをフォローする
仮想通貨初心者向けのブログ

コメント