Googleが仮想通貨広告を規制中の日本でも解禁へ 2018年10月~

googleニュース
スポンサーリンク

Googleが再び仮想通貨広告の掲載を許可すると発表しました。

しかし、一部のみとまだ広告が全面解禁にはなっていない模様です。

 

スポンサーリンク

2018年10月よりgoogleの仮想通貨広告を日米で再び可能に

2018 年 10 月に金融商品およびサービスに関する Google 広告のポリシーが更新され、規制対象の暗号通貨取引を米国と日本において宣伝することが許可されるようになります。

広告主様は、ご自身の広告の配信先となる国ごとに Google の承認を受ける必要があります。10 月に更新されたポリシーが施行されると、広告主様は承認を申請することができるようになります。

このポリシーは、これらの金融商品を宣伝するすべてのアカウントに世界の全地域で適用されます。詳しくは、制限付き金融商品の承認についてをご覧ください。

「金融商品およびサービス」ポリシーの更新(2018 年 10 月) - Google 広告ポリシー ヘルプ
2018 年 10 月に金融商品およびサービスに関する Google 広告のポリシーが更新され、規制対象の暗号通貨取引を米国と日本において宣伝することが許可

 

グーグル金融サービスに関するポリシー

金融サービス: 制限付き金融商品に関する新しいポリシー(2018 年 6 月) - Google 広告ポリシー ヘルプ
金融サービスに関するポリシーが 2018 年 6 月に更新されるにあたり、差金決済取引、ローリング スポット FX、金融スプレッド ベッティングの宣伝が

2018年6月より、国内Google広告にて仮想通貨(暗号通貨)とその関連コンテンツ広告は一時禁止になっていました。約4ヶ月振りの解禁になります。

 

7月、Googleが米コインベース社の広告掲載を一足先に解禁しましたが、米国全体だけではなく、日本でも同時に解禁されました。

グーグルが米コインベース社など一部の仮想通貨広告掲載を再開!
かにたまです。 Googleが禁止していた仮想通貨の広告掲載をふたたび再開していることが明らかになりました。 仮想通貨に希望の風が吹いてきています。 Googleが米コインベース社の広告掲載を再開 先日、Redditを通じてGo...

 

広告解禁も・・・

制限付き金融商品(差金決済取引、ローリング スポット FX、金融スプレッド ベッティングやその他類似商品)の広告は Google 広告で掲載することはできますが、広告主様が Google による承認を受けていただくことに加え、商品、ランディング ページ、広告が、承認を受ける国の現地の法的要件をすべて満たしている必要があります。

About restricted financial products certification - Advertising Policies Help
Advertisers who promote complex speculative financial products (Contracts for Difference, rolling spot forex, financial spread betting, and synonymous products)...

広告掲載は可能になったもののGoogle承認に加え、日本国の法的用件を全て満たす必要があります。

 

また、更新された金融商品およびサービスに関する Google 広告のポリシーによると

金融商品およびサービスに関する Google 広告のポリシー

上記に記載されているICO(イニシャルコインオファリング)などの広告は許可されない方針のようです。

 

こうして見ると、日本国の法的用件を全て満たすような金融庁認可の取引所などの広告などの一部が掲載されることになりますが、これまでの全面禁止に比べると、今後にとって明るいニュースとなりました。

 

コメント