初心者の失敗しない国内外おすすめ仮想通貨取引所、選び方(2019年)

取引所のイラスト 口座開設
スポンサーリンク

2019年度用に国内、海外仮想通貨おススメ取引所や選定の基準を記事にします。

口座開設しても流動性がなく売り時を逃したり高く購入したり、ハッキングされないように慎重に取引所を選びましょう。

 

スポンサーリンク

仮想通貨取引所の選び方

金融庁認可であること(国内)

国内の仮想通貨の売買で使う取引所は、必ず以下の金融庁認可の交換業者の取引所をお使いください。それ以外の取引所は認められていません。

金融庁ページ:
https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency/index_2.html

仮想通貨登録業者一覧:
https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

 

流動性が高いこと

流動性が低いと殆どの人が使っていないことになります。
よって、売りたいときに売りたい価格で売ることができません。

従って、流動性が高い取引所を選びましょう。

 

f:id:moneygamex:20190220171248j:plain

流動性はコインマーケットキャップのマーケット情報から確認できます。

流動性を調べたい通貨を選んで上画像のように「Market」を選択すると24時間の取引量(Volume)などが確認できます。国内最高はBitbank(ビットバンク)ですので、日本でリップル(XRP)を購入するならBitbankが良いですね。

 

分散投資を行う

投資で「卵は一つのカゴに盛るな」と言われているように、特にまだ未成熟な仮想通貨を1つだけに絞ることは推奨できません。所持通貨は、分散が基本です。

 

国内で金融庁に認められている取引所で所持通貨の多い取引所ランキングは以下の通りです。

 取引所通貨の種類
1位ザイフ15種類
2位コインチェック9種類
3位Xtheta9種類
4位ビットフライヤー7種類

※記事作成段階の頃のランキングです。
現在の状況は「こちら」の金融庁の資料からご確認下さい。

※上表の取引所は記事作成段階ではコインチェック以外は新規登録は不可です。

 

国内外のおススメ仮想通貨取引所

国内

当ブログでは、上のリスト内に記載されている金融庁登録の仮想通貨交換業者の中から3つの国内取引所をおススメしています。

 

ビットバンク

特にリップルの流動性が高く、リップルを購入する場合は非常におススメです。

Bitbankの口座開設方法はこちら

 

DMMビットコイン

大手の安心感、365日24時間サポート、セキュリティが高いことが魅力です。

DMMビットコインの口座開設はこちら

 

Zaif

手数料が安く、他の国内取引所にはない面白い通貨を扱っていることも魅力です。

Zaifの口座開設方法はこちら

 

海外

種類の豊富で日本では扱われていない通貨も売買されている海外取引所です。

実際、2017年に億り人になった方はほぼ海外取引所を使っているでしょう。

本日は、その中から2つほどご紹介します。

ただし、種類が豊富なだけに国内よりもリスクが高いことはご理解ください。基本的には、国内取引所で慣れてきたら小額で試してみることを推奨します。

 

バイナンス

バイナンスは世界一の取引所で8ヶ月で時価総額1.5兆円を達成した企業です。神対応や利便性の良さからたった1年未満で世界一に成長しました。

バイナンスの口座開設方法はこちら

 

Coinexchange(コインエクスチェンジ)

f:id:moneygamex:20180905141248j:plain
CoinExchange (コインエクスチェンジ)公式ページへ。

コインエクスチェンジは、2017年に最高で10万倍に達したXP、1万倍以上になったVergeなど未知のコインが売買されています。

しかし、それゆえに99%以上落ちるときもありましたので、リスクは非常に高いです。ビットコインの相場が安定して上昇してきた際に利用されることを推奨します。

「CoinExchange(コインエクスチェンジ)」の登録、入金方法
草コイン専用の仮想通貨取引所として「CoinExchange」に登録してみました。 未知の仮想通貨が埋もれている取引所への登録方法などを記載します。
口座開設
スポンサーリンク
かにたまをフォローする
仮想通貨投資初心者向けのブログ

コメント