米コインベース、ETCの51%攻撃で約1.2億円の被害を発表

Ethereum Classic ニュース
スポンサーリンク

かにたまです。

兵国の仮想通貨取引所であるコインベースが仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)の51%攻撃を受け、1.2億円の被害が発表されました。

更にETCを取り扱っている国内取引所でも動きが起こっています。

 

スポンサーリンク

仮想通貨ETCが51%攻撃の疑い

米国のコインベースにてETCの51%攻撃による二重支払いが起こり、詳細情報を発表しました。

 

また、被害を受けた金額が明らかにされ合計219,500 ETC(約110万ドル/約1.2億)相当であると発表されています。(2019年1月7日段階)

 

なお、コインベースでは、顧客の資金を保護するためにETCブロックチェーンとのやり取りがすぐに一時停止となっています。

 

また、暗号資産のマイニングを行っているマイニングプールのイーサチェーンによると、ETCに対する51%攻撃あったことをツイートしており、物議を呼んでいます。

 

しかし、ETCの公式ツイッター側は、ETCネットワークが正常に動作していることを示しており、噂にすぎないと否定しています。

 

51%攻撃とは?

51%攻撃とは、全体の計算能力の過半数を占め、ブロックチェーン上の記録を偽装してしまう行動のことです。

これを「51%攻撃」といいます。

 

POW、POS、POI、POBとは?その違いは?
仮想通貨について調べていると、POW、POS、POIなどの英語がよく見られます。 これらを「分散合意形成アルゴリズム(コンセンサスアルゴリズム)」と呼ばれています。 何のこっちゃという話だったので、これらについて調べてみました。

今回のETCやビットコイン、モナコインなどPOWというアルゴリズムで起こる可能性がある攻撃方法です。

 

51%攻撃とは?ビットコイン等の仮想通貨で問題となる理由は?
ビットコイン等について調べていると、よく51%攻撃という話を聞くと思います。 本日は仮想通貨で使われる51%攻撃について記載したいと思います。 51%攻撃が将来のビットコインの脅威になるとも言われています。 「51%攻撃って何?よくわ...

詳細は上記事をご覧下さい。

 

f:id:moneygamex:20170921075802j:plain

例えば、ETCやビットコインの承認方法としてある取引が「取引A」であることが過半数を占めることで「この取引はAである」ということになります。

しかし、取引Bが過半数を超えると、この取引はBであることが正しいものとなってしまいます。

つまり、お金をかけて全体のネットワークの過半数を占めてしまえば、その暗号資産の取引を偽装できるわけです。例えば、自分のアドレスに送金されたと偽装して資産を奪い取ることも可能になります。

 

2018年5月、POWであるMONA、Verge、BTGなども51%攻撃を受けています。

POWの欠点としてハッシュレートの低い、すなわち、まだこれからの通貨は51%攻撃を受けやすい欠点があります。

ETCは、イーサリアムクラシック(ETC)の開発チームであったETCDEVが、2018年度の下落市場や寄付金や投資不足の影響を受けて活動を停止となり勢いが弱まっている中での攻撃ということになりました。

※解散がETC全体の開発停止に直接繋がるということではありません。

 

f:id:moneygamex:20190108161651j:plain

Cryptocurrency Market Capitalizations | CoinMarketCap
Cryptocurrency market cap rankings, charts, and more

かつては時価総額トップ10入りが常連の通貨でしたが、記事作成段階では18位まで下落しています。

 

ETC取り扱い国内取引所ではETC入出金が一時停止

ETCを取り扱っている国内取引所のビットフライヤーとコインチェックでは、顧客の資産保護のため入出金が一時的に停止されています。

現段階でETCを動かそうと思っている方は、正しく送金されない可能性もあり危険ですのでご注意ください。

イーサリアムクラシック(ETC)の今後、将来性、価格、取引所について
星の数ほどある仮想通貨から国内の金融庁認可の取引所で扱われている仮想通貨、つまり、日本で認められている通貨について。 本日はイーサリアムクラシック(ETC)のイーサリアムとの違い、特徴、現在の価格、イーサリアムクラシックが購入できる取引所...

 

ニュース
スポンサーリンク
かにたまをフォローする
仮想通貨初心者向けのブログ

コメント