仮想通貨市場で2020年東京オリンピックが期待されている理由

東京オリンピック 相場分析・データ
スポンサーリンク

かにたまです。

東京オリンピックの開会が2020年の7月24日に決定し、注目が集まっています。

本日は、なぜ東京オリンピックが仮想通貨市場で期待されているのか?その理由や、ある仮想通貨のオリンピック公式通貨を著名運動、2020年の東京オリンピックで仮想通貨が爆発的に普及するのか?どのような可能性があるのか?などを記事にしていきます。

この記事を読んでいる人は2020年の東京オリンピックに期待をよせている人も多いでしょう。

良かったらご覧ください。

 

スポンサーリンク

仮想通貨市場で東京オリンピックが期待されている理由

東京都の発表によりますと、2020年東京五輪・パラリンピックが全国に及ぼす経済効果は、大会招致が決まった13年から大会10年後の30年までの18年間で約32兆3千億円と試算されています。

また、みずほ総合研究所の発表によると、直接効果は2兆円、付随効果を合わせると30兆円の規模と試算されています。

このように東京オリンピックの与える経済効果は非常に大きなものであり、仮想通貨市場問わず期待されています。

 

では、何故、仮想通貨市場でオリンピックが期待されているのでしょうか?

それは多数の外人がオリンピックのために日本を訪れた際、キャッシュレス通貨として仮想通貨を使うのではないか?と期待されているからです。

 

 

実際、経済産業省によると、様々なメリットがあり、オリンピックという世界中の人々が訪れる機会に備えてキャッシュレス決済を推進しています。

日本は、2020年には40%の普及を目指しています。ちなみに現状では中国は約60%、米国は46%。日本は20%ほどです。

キャッシュレスに対応していれば、例えば、Visaカードなど世界で使えるクレジットカード決済が日本でも利用でき、現金で日本円に両替するよりも安くて便利なわけです。

 

また、2008年の北京オリンピック、2012年のロンドンオリンピック、2016年のリオオリンピックなどは両替のために交換所に長蛇の列が起こったほどです。

キャッシュレス化が普及すれば、両替のために並ぶ必要もないわけです。

 

そして、仮想通貨は、カード決済よりも手数料が安くお得です。

Visaなどのクレジットカードは、確かに現地でお金を両替できる手間は省けますが、そのぶんカード会社への為替手数料と為替レートの手数料がかかり割高です。

よって、もしも仮想通貨決済を取り入れている店舗があれば、優先的に使用されるのではないか?と期待されているのです。

 

リップルをオリンピック公式通貨へと求める著名運動も

以前、XRPことリップルをオリンピック公式通貨に認定して欲しいという著名運動が行われ、14113名ものの賛同者が集まりました。なお、この提案者は日本人です。

 

仮想通貨リップル(XRP)の所持者リップラーから学ぶ団結と信仰心
仮想通貨のリップル(XRP)の勢いが止まりません。 所持者は団結心と信仰心を高めています。 確か、2017年の3月くらいの時は1XRPが1円以下でしたが、今や160円を超えています。 今日は、リップルの性能などではなく、リップル所持者...

リップルの保有者であるリップラーは、日本でも非常に熱量が高いです。
今後、面白くなっていきそうです。

 

東京オリンピックで仮想通貨が爆発的に使われるのか?

結論から述べると2020年の東京オリンピック・パラリンピックで仮想通貨が爆発的に使われることはないと思います。

断言しましたが、これには理由があります。

 

東京オリンピック、パラリンピックのメインスポンサー

なぜなら、2020年の東京オリンピック、パラリンピックのメインスポンサーに決済システムでお馴染みのカード会社「VISA」が含まれているからです。

このVISAを差し置いて、仮想通貨決済を大々的に行うことはまずないでしょう。

 

以前、VISAのCEOであるAlfred Kelly氏は「仮想通貨を扱わない」とも述べています。

仮想通貨を扱うと方向転換すればワンチャンあると思いますが・・・。

 

また、大会組織の役員を見ても仮想通貨を推進している人物はいませんでした。

 

よって、東京オリンピックではVisaカード決済が主流で、仮想通貨が爆発的に利用されることはないと感じています。

 

アピールできるチャンス

日本のビットコインが現金化できるATM設置場所や店舗を知るには?
最近、ビックカメラをはじめ、ビットコインが利用できる店舗やATMが増えてきました。そこで、日本のビットコインが現金化できるATM設置場所や店舗がわかるサイトをご紹介します。 CoinMapでビットコインATMや利用店舗がわかる 年々...
ビットコインキャッシュ用途拡大!日本で利用できる店舗はどこ?
最近、ビットコインキャッシュ(BCH)が急激に価値を上げ注目を集めています。 そこで、BCHに何が起きているのか調べて見たところ用途が広がり、店舗数も増えています。 では日本で利用できる店舗はどこなのでしょうか? 記事にします。 ...

しかし、日本でも仮想通貨が利用できる店舗は増えています。

 

東京オリンピック、パラリンピックで爆発的に利用されることはないと思う一方で、多くの外人が訪れることから仮想通貨を使いたい人もいます。

よって、彼らにアピールできるチャンスはあると思います。

 

特にVisaカードとの決済の比較などは、有効だと感じています。実際、仮想通貨は世界中で使えるお金なので為替手数料を考えずに済み、手数料が安いですからね。

 

オリンピックでの国産通貨の可能性

また、個人的には、東京で開かれるオリンピック、パラリンピックということで日本の国産通貨に目がいくかもしれないと感じています。

 

モナコイン(MONA)とは?特徴、将来性、価格チャートについて
国内の金融庁認可の取引所の仮想通貨、つまり、日本で認められている仮想通貨について記事を書いていくシリーズ。 本日は「モナコイン」について記事にしたいと思います。 良かったらご覧ください。 ※2019年3月段階の記事です。今後、金融庁認...

現状は金融庁に認可されているモナコインとQashが有利だと思っていますが、果たして、今後、2020年のオリンピック前に金融庁認可の取引所に上場する国産通貨は出てくるのでしょうか?

 

最後に

2020年の東京オリンピック・パラリンピックのイベントで仮想通貨が爆発的な浸透することはないと感じているものの、浸透するキッカケとなる可能性は十分あります。

なんといっても世界の人々から注目が集まるイベントですからね!

 

ビットコインの半減期とは?次はいつ?価格が上昇が見込める3つの理由
ビットコインの「半減期」は価格上昇が見込める重要なイベントです。 ではビットコイン等の「半減期」とは何か? どうして価格上昇が見込めるのか? 過去の半減期の歴史と共に記事にします。 そして、次の時期などは覚えておきましょう!...

何にせよ、2020年といえばビットコインの半減期があります。こちらの影響もあり、2020年にはまた仮想通貨市場が盛り上がっていきそうな予感はします。

過去の歴史では半減期付近で上昇トレンドになり、1年後にはバブルが起こっています。

 

過去のビットコインの3度の大暴落(急落)を知っておこう!
かにたまです。 ビットコインのチャートを見ると同じような周期を繰り返しています。 過去の歴史を知っているとかなり流れが読めるようになります。 そこで、本日は過去3度起きたビットコインの大暴落の歴史を振り返ってみます。
2019年度以降のビットコインの次のピーク価格(上限)を予測してみた
ビットコインが取引開始された頃の価格は0.07円。 現在、43万円を推移していますが、2017年のピークには230万円ほどに達しました。 そう、ビットコインは過去に大きく暴騰し、最大80%ほど下落するバブルが過去3度起こっています。 ...

仮想通貨はビットコインを中心に暴騰と暴落を繰り返して底上げしています。

僕は次の周期のピークは2021年と見ています。

 

コメント