日本の仮想通貨の税金は高く節税には毎年利確した方が良いが・・・

重い税金に苦しむサラリーマンのイラスト 知識・用語集
スポンサーリンク

かにたまです。

 

現在、日本では仮想通貨にかかる税金は「雑所得」になっています。

 

「雑所得」であることーーー

簡単にいうと日本の仮想通貨にかかる税金は高いわけです。

 

そこで、節税のためには毎年少しずつ利確した方が良く、その例を具体例で記事にしたいと思います。

 

また、利確しない方が良いパターンも書いていきます。

 

良かったらご覧下さい。

 

スポンサーリンク

日本の仮想通貨にかかる税金は雑所得

仮想通貨の利益への税金は「雑所得」へ、税率はどうなった?
先日、国税庁のタックスアンサーでビットコインを使用することによる利益が生じた場合の課税についての発表がありました。 仮想通貨は「雑所得」となりました。 では実際に仮想通貨の利益への税率はどのようになっているのでしょうか?

日本の仮想通貨にかかる税金は「雑所得」です。

 

すなわち、以下のような公式になります。

所得税+住民税(10%)=仮想通貨の利益にかかる税金

 

所得税は、仮想通貨で得た利益により計算されます。

所得税の税率は5%~45%

税率は下表のように額で変わります。

 

所得税の速算表
課税される所得金額税率控除額
195万円以下5%0円
195万円を超え 330万円以下10%97,500円
330万円を超え 695万円以下20%427,500円
695万円を超え 900万円以下23%636,000円
900万円を超え 1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円超45%4,796,000円

No.2260 所得税の税率|所得税|国税庁

 

例えば、あなたが仮想通貨で200万円儲かった場合は、仮想通貨の利益に対する税金は以下のようになります。

(2,000,000×0.1)ー97,500=102,500・・・所得税
2,000,000×0.1=200,000・・・住民税

収める税金=302,500円

 

すなわち、仮想通貨で200万円の利益が出ると30万円ほど税金がかかるというわけです。

※他の雑所得収入を考慮したり、青色申告にしたり、経費を入れることで節税も可能ですが今回は省略しています。

 

高いと言われている仮想通貨の税金ですが、所得額で税率が5~45%と幅があります。

仮想通貨投資の損はなぜ起こる?あえて損を確定させる人がいる理由
かにたまです。 仮想通貨投資では購入した価格より高くなったら仮想通貨を売り、価格が下落しても売らなければ含み損になっても損はしないわけです。 しかし、仮想通貨投資で損している人がいるのは何故でしょうか? また、あえて損を確定させている...

よって、わざと損を確定させて所得を減らし、仮想通貨の税金を抑えている方もいます。

 

仮想通貨の税金を減らしたい人が所得額で意識する額

仮想通貨投資で税金を減らしたい人が意識する価格は以下です。

195万円、330万円、695万円、900万円、1,800万円、4,000万円

すなわち、税率が変わる境目です。

特に900万円前後は控除額もかわりますが、税率が23 →33%と10%も違い、意識しておくと良いでしょう。

 

毎年少しずつ利益確定をした方が良い理由

基本的には今の仮想通貨の税金の仕組みなら一気に利益確定をするよりも数年かけて行ったほうが良いです。

 

具体例を出して見ましょう。

例えば、仮想通貨で5000万円の利益が出たとします。

 

下の例では、1年で利確する場合と、2年かけて利確する場合は273.6万円も納める税金が変わります。

計算式は以下の通りです。

 

▼5000万円を1年で利益確定させた場合

50,000,000×0.45=22,500,000ー4,796,000(控除)=17,704,000円・・・所得税

50,000,000×0.1=5,000,000円・・・住民税

納める税金=22,704,000円

 

 

▼5000万円を2年かけて利益確定させた場合(1年で4000万円、2年目で1000万円ずつ利確)

1年目の税金

40,000,000×0.40=16,000,000ー2,796,000(控除)=13,204,000円・・・所得税

40,000,000×0.1=4,000,000円・・・住民税

①計17,204,000円

 

2年目の税金

10,000,000×0.33ー1,536,000(控除)=1,764,000円・・・所得税

10,000,000×0.1=1,000,000円・・・住民税

②計2,764,000円

 

納める税金=①+②=19,968,000円

 

1年待つだけで273.6万円もかわるわけです。

よって、一気に利益確定しないことは有効かと思います。

 

なお、複数回にわけるならできるだけ毎年同じ額が良いかと思われます。

例えば、先ほどの5000万の場合ですと、2500万ずつで申告します。

こうすれば4000万と1000円にわけた時よりも税金が安いです。

 

計算は以下の通り。

 

1年目,2年目の税金

25,000,000×0.40ー2,796,000=7,204,000円・・・所得税

25,000,000×0.1=2,500,000円・・・住民税

計9,704,000円

収める税金の合計=9,704,000円×2=19,408,000円

 

このように分割したり、利確の額を変えるだけで同じ額の利益でも収める税金が変わってきます

 

 

上の具体例では、2年にわけました。

しかし、より年数を増やすと同じ利益でもより節税できます。

 

例えば、毎年100万円ずつ50年かけて5000万円を利確すると以下のようになります。

▼5000万円を50年かけて毎年100万ずつ利益確定させた場合

1,000,000×0.05=50,000ー0(控除)=50,000円・・・所得税

1,000,000×0.1=100,000円・・・住民税

計150,000円

収める税金の合計=150,000×50年=7,500,000万円(750万円)

 

毎年、利確するのは有効ではあるものの・・・

仮想通貨の確定申告が不要な時はどんな時?利益が出ていたら報告するの?
かにたまです。 仮想通貨の確定申告において、その確定申告が不要な場合があります。 そこで、本日はどのような場合に確定申告が不要なのか記事にしたいと思います。 良かったらご覧ください。 ※記事は随時追記予定です。

もともと雑所得は20万円以下の所得額であれば非課税です。

そして、前述したように仮想通貨の利確を分けて毎年小まめに行うことは有効です。

 

ただ、仮想通貨は非常に値動きが激しいです。

よって、複数年にわけて利確といっても例えば先ほどの5000万円の含み益だったのが、2018年度のように暴落が来てしまうと一気にしぼんでしまうこともあるわけです。

 

仮想通貨バブルの終わりの3つのサイン!次に備えて知っておこう!
かにたまです。 2017年末に仮想通貨バブルが崩壊、ビットコインが80%以上、イーサリアムやリップルですら90%以上、中には99%下落した仮想通貨もありました。 過去、ビットコインはこのような大きなバブルから崩壊を繰り返し、...

2018年、ビットコインですら最高値から約80%も暴落しました。

 

よって得られたはずの利益が得られないこともありますから、「利確千両」という言葉があるように全てを一気に利確する事も有効になります。

 

 

現状ではビットコイン積立ガチホが有効

ビットコイン積立は最強の投資法だった!どこで購入し始めてもプラスに
かにたまです。 昨日は1BTC97万円を記録し、ビットコインが回復してきましたね。 とはいえ、2017年12月には240万を記録したビットコイン。 現在でも含み損の方もいるでしょう。 そんな中、ビットコインの積立であれば、ピーク時か...

ビットコインは暴騰、暴落が激しいものの、今の所は順調に伸びており、ビットコイン積立であれば最高のパフォーマンスを見せています。

 

ビットコインチャート

↑ビットコインチャート。激しい波はありますが、以前のバブルピークの2017年末2018年初からのビットコイン積立ですらプラスになっています。

 

仮想通貨は初心者にとって長期保有がおすすめな4つ理由とデメリット
仮想通貨は、特に初心者にとっては長期保有(ガチホ)がおすすめです。 実際に仮想通貨保有者の多くは長期保有であることがわかっています。 では、仮想通貨は長期保有者が多く、なぜおすすめなのか記事にします。

ビットコインは順調に底上げを繰り返しており、相場が完全に読めれば別ですが、そうでなければ現状ではガチホが最強です。

 

実際、僕が仮想通貨投資を始めた際のビットコインが6万円ほど。

今は同じ額のビットコインを買い戻すのに当時の20倍もかかるわけです。

 

このように大量の日本円が増えてもビットコインの価格が上がっている可能性があります。

再び買おうとしても以前よりは高く、買えない時もあるでしょう。

実際、僕も安く売ってしまって少し後悔したこともあります。

 

仮想通貨の伸びしろを株式や金、企業、法定通貨の時価総額から見てみよう
高い成長を見せ、将来が期待されている暗号資産こと仮想通貨。 一体、どこまで成長するのでしょうか? 本日は、株や金、法定通貨、企業の時価総額からどこまで伸びるのか記事にしました。

僕はビットコインは暗号資産。

つまり、アセットクラスとなったことで、例え、通貨として使われなくなっても最低でも金の時価総額の半分はいくだろうと思っています。

 

過去20年の経済成長率がダントツでビリの日本、変わるのは僕達
かにたまです。 経済が停滞している日本。 それは何となく知っている方も多いと思いますが、国民の2人に1人は生活が苦しく、20代の半数以上は貯蓄0、子供の7人に1人、シングルマザー8割も貧困な状態が今の日本です。 こんな時代に僕達は一体...
仮想通貨がキッカケで選挙へ!衰退していく日本の世の中は変わるのか?
かにたまです。 先日、2019年の参院選に始めて行って来ました。 今まで、選挙というものに興味がなかったのですが、仮想通貨の影響で選挙に行く気になりました。 果たして、選挙で世の中が変わるのでしょうか?

そして、現在のれいわ新撰組やN国党の躍進などからもわかるように、このネット時代、現在の不正の隠蔽(いんぺい)体質の世界に不満を持った人々が仮想通貨に興味を持つと思っています。

 

ビットコインはお金の流れが見える通貨です。

マネロンに使われているといいますが、現金の方がよっぽど使われています。

なぜなら、工作や手渡しすれば記録すら残らないからです。

 

「命を脅かされている」殺害された女性ジャーナリストは、ブログにそう書いていた
パナマ文書をもとにマルタ政府の疑惑を告発

以前、タックスヘイブンについて調べていた記者が殺されています。

問題ないなら放置すれば良いだけなのですが、殺害してまでも調べられたくないということです。

 

今の現金では隠蔽できますが、ビットコインはどんな取引でも記録が残ります。

現金よりも遥かにマシです。

 

そして、中央がいなくてもみんなで監視して動く仕組みであることから、不正をする人がいなくなるわけです。

 

よって、ビットコインは、まだ価値を上げると感じています。

確かに未来は読めませんが、僕はこの確率はかなり高いと感じています。

恐らく、今後、前回のバブルのピーク価格1BTC=240万円はまず越えるでしょう。

 

価値を上げるなら利益も増えますので売らない方が良いというわけです。

 

「仮想通貨税制を変える会」2018年12月発足、会長は藤巻健史議員
2018年12月「仮想通貨税制を変える会」が発足しました。 現在の日本の仮想通貨の税金が重すぎます。 ついに藤巻健史議員を会長に日本の法改正を求めるべく集団が動き出しました。

また、将来は株のように分離課税になる可能性もゼロではありません。

 

それでも毎年、少しずつの利確を推奨

このような今後の期待や暴落リスクはあるものの、僕はそれでも毎年少しずつ利確します。

 

なぜなら、どんな人の予想でも絶対はないからです。

 

1994年、ロングタームキャピタルマネジメント(略称:LTCM)というヘッジファンドがありました。

このファンドは、当時のノーベル経済学賞受賞者達を集めてつくられた経済界の英知を集めてつくられた超優秀なファンドでした。

 

しかし、1999年には経済危機で破綻(はたん)。

現在は存在していません。

 

wikipediaより:LTCM運用成績

 

ここからもわかるように、例え、ノーベル経済学受賞者達が集結しても相場の未来は読めないということです。

 

ですので、僕は大丈夫だと思っていますが、ビットコインもどうなるかわかりません。

そもそも現実問題、世の中の9割以上はビットコインを持ったことすらなく、僕の希望的な観測も入っているわけです。

 

だからこそ利確もします。

含み益は利益を確定するまでは含み益のままです。

 

僕は基本的にBTCガチホ。

毎年、少しずつ利確しながらトレードしてBTCを増やしたり、アルトコインに入れたりしています。

 

この考えはあくまでも僕の考えであり、全てを完全にガチホ、買い増し続ける、タイミング良く売買を繰り返すなどルールは人それぞれです。

 

本日のまとめ

・仮想通貨の税金は「雑所得」で高いが、年間の所得額によってはたいしたことはない。あえて損を確定することで税率を抑えることも可能。

・所得額で意識するのは、税率がかわる195万円、330万円、695万円、900万円、1,800万円、4,000万円。

・毎年のこまめの利確で仮想通貨の税金はかなり抑えられる。

・ただし、価格変動が激しく暴落すれば含み益のまま終わることがある。

・今後、日本の税率が変わり、その通貨の時価総額がまだ延びると思うならガチホ推奨。

・それでも仮想通貨の未来は誰もわからないため利確も推奨。

 

知識・用語集
スポンサーリンク
かにたまをフォローする
仮想通貨投資初心者向けのブログ

コメント