仮想通貨ビットコインなどの投資で大損したのはどんな人?該当したら危険かも

投資に失敗した人のイラスト 初心者向け
スポンサーリンク

かにたまです。

仮想通貨投資で大損した人のタイプをまとめて記事にしました。

長期投資であれば、たった数年で失敗したというのは言い過ぎかもしれませんが、本日、記載したような事を行っているのであれば、あなたは仮想通貨投資で大損する可能性があります。

これからの仮想通貨投資で大損しないようにご覧ください。

 

スポンサーリンク

仮想通貨投資で大損した人のタイプ

話題の仮想通貨に投資する人

例を挙げてみます。

少し前にリップルが週末に300ドルまで上昇すると予想した外人トレーダーでフォロワー21万人の方のツイートです。

その後、予想した彼は以下のように述べています。

これは彼の仮想通貨市場に対する注意喚起であるとも言えます。

この世界では○○倍は確実などと言うような根拠のない予想などが溢(あふ)れています。

本当にXRPが3日間で98,829%価格上昇すると思っていたなら、今すぐに取引をやめた方がいい。

 

ビットコインが上昇してもリップルが伸びない理由、なぜ?
かにたまです。 最近、ビットコインや一部のアルトコインが調子が良く上昇し続けているのにも関わらず、リップルは全く伸びない状況が続いています。 本日は、リップルがビットコインに対して伸びない理由を記事にしたいと思います。 良かったらご覧...

実際、ここ数ヶ月のリップルは下降トレンドであることは上記事で書いた通りですが、購入した方は短期的には含み損になっていると思います。

 

Ripple(リップル)の特徴や仕組み、将来性、価格について
仮想通貨リップル(Ripple/XRP)が登場した理由や、その特徴や仕組み、今後の将来性、価格、取り扱いのあるおすすめ取引所について紹介しています。

これはリップルに先がないというわけではなく、相場には波があります。

 

過去のビットコインの3度の大暴落(急落)を知っておこう!
かにたまです。 ビットコインのチャートを見ると同じような周期を繰り返しています。 過去の歴史を知っているとかなり流れが読めるようになります。 そこで、本日は過去3度起きたビットコインの大暴落の歴史を振り返ってみます。

これは2018年の暴落であったことですが、話題になることで必要以上に伸びてしまい、下落トレンドではその反動で大暴落する可能性があります。

 

グーグルトレンドからわかる2018年注目の仮想通貨事情!
ビットコインの急落から少し落ち着き、仮想通貨界隈が徐々に活気が戻ってきた感じがします。そこで、本日はグーグルトレンドを使っていま注目の仮想通貨等についてあれこれ記載していきたいと思います。良かったらご覧下さい。

実際、グーグルトレンドで上位に入っていた仮想通貨は軒並み大きく暴落しました。

 

詐欺被害にあう人

日本人の金融リテラシーは低く、仮想通貨関連は特に注意が必要
かにたまです。 日本人の金融リテラシーの低さが問題となっています。 そして金融リテラシーが低いことは特に日本の仮想通貨界では非常に危険な状態に陥る可能性があります。 なぜそういえるのか現状をもとに記事にします。

仮想通貨市場は全体的に金融リテラシーが低く、未成熟であるために狙われやすく、誰でも簡単に作成できることから詐欺が横行しています。

 

詐欺ICO問題に金融庁が警告!注意喚起を見て騙されないように!
先日、金融庁からICOについての注意喚起がありました。 詐欺が多いこの界隈で、あなたがひっかからないように見ておきたい記事です。

特に酷かったのはICO詐欺ですね。○○倍は確実に上がるなどの勧誘や、代理店にまかせて投資した資金が帰ってこずに騙されて大損した方もいます。

 

暴落に巻き込まれて下落しているだけならまだしも、ICOで資金だけ集めて何も開発してないプロジェクトもあります。

何もしていないものは、当然詐欺ですし、今後も伸びないでしょう。

 

全てを仮想通貨につっこむ人

仮想通貨で利益を出した後に破産しないために注意しておくたった1つのこと
今日はこれから仮想通貨にお金を使って購入したいと思っている方に注意するべき点を記事にしたいと思います。 これさえ守れば、仮想通貨市場であなたは破産して退場せずに済むでしょう

上記事で記載した通りですが、仮想通貨を利益確定してから、その金額を全て仮想通貨に投資することは止めましょう

万が一、別の通貨に全てをつっこんで暴落すると税金が支払えなくて破産する可能性があります。

利益確定分の税金が支払える日本円は確保しておきましょう。

 

確かに元手が大きくなったほうが利益は増えるのですが、利益が出ているということは相場が上がりきってる可能性があります。

 

余剰金で行わない人

そもそも大損を感じるのは、自分の身の丈以上の投資を行ったことが原因です。

 

お金が足りなくて悩んでいる人が気がついて欲しい4つのこと
格差社会が進む日本。 貧富の差は確実に広がっています。 基本的には、働いて給料を得るという世の中の仕組みから、人生に密接に関わってくるからこそお金に悩みます。お金に悩んでいるからといって別に異常ではないでしょう。 しかし、よく...

お金自体を稼ぐことは、本気で稼ぎたい意思があれば可能です。

 

ヘッジファンドが顧客から資金を集めてトレードを行っているのも資金があった方が有利であることがわかると思います。あれも言うなれば顧客から資金を借りた借金です。

よって、大きな資金があった方が有利ではありますが、価格変動の波の激しく、裏づけのない仮想通貨を借金をしながら投資を行うことは精神的には良くありません。

 

言い方は悪いのですが、宝くじ同様の感覚で余剰金で行う方が良いです。

宝くじのようにはずれてもゼロになることがない分、遥かにマシです。

 

仮想通貨あるある、該当したら危険かも・・・
かにたまです。 仮想通貨に関わるようになってからのあるあるを書いて見ました。 このような状況に何度もなると、あなた自身が危険な状態となっている可能性があります。 チェックしてみてください。

上記事に該当するタイプであれば、仮想通貨に限らず投資は余剰金で行うべきです。

 

公式資料を見ない等、実態をしらない人

金融庁の公開資料より

しかし、日本では仮想通貨の名称が「暗号資産」に変わりますし、「資金決済法」だけではなく「金商法」として扱われます。

これは金融庁の「資料」を見れば、誰もが本当のことだと確認できます。

 

日本はこの30年間、失われた30年といわれているように殆ど経済成長をしていません。数年ならわかりますが、30年もロクに成長していないということは何かがおかしいわけです。

 

日本の所得格差が世界ワースト8、貧富の差も拡大。貧困を抜け出すには?
かにたまです。 近年、格差が更に広がっていますが、今年はその格差が過去最大になりました。 富める者は富み、貧しいものはますます貧しくなっています。 富裕層62人=下位36億人というニュースもありましたね。 1兆7600億ドル、日本円...

そして、経済成長がないにも関わらず、借金は1000兆円を超え、格差がどんどん広がっています。

 

人は未来は予想できませんが、日本の将来の人口減は予測できています。

人が減り続けて経済成長をすることは難しいです。

 

ですので、これから日本は何とかしなければいけません。

僕達の代でまた30年後に再び「失われた30年」と言われるのは気分が良くありませんよね。

国が仮想通貨を認め「暗号資産」という資産として認めたということは、借金が増え続けて成長しない経済に対して仮想通貨を利用しようという意図が見られます。

よって、今よりも市場が大きくなる可能性は十分あります。

 

仮想通貨を全て詐欺だといっている人は、悪い部分だけを見て、国が認めたことを知らないと思います。恐らく、このような金融庁から出されている公式資料も全く見ていないと思われます。

このタイプが仮想通貨が調子が良くなって市場に入ってきても、公式からとろうとせずインフルエンサーの情報だけを信じて正確性が判断できないのでピークでつかんで損するだけです。

 

仮想通貨の飛躍の鍵はインフルエンサー!?マカフィー砲が大暴れ!
仮想通貨界の絶大なインフルエンサーであるジョン・マカフィーさんによるマカフィー砲が大暴れ中のようです。 これぞインフルエンサーという動きを見せているわけですが、そもそもこのジョンマカフィーとは誰か?どんな通貨が彼の影響を受けたのか?どうし...

ちなみに僕はインフルエンサーは悪だとは思っていません。なぜなら彼らは感度が良く、人の心を豊かにしたり、有益な情報を流すために支持されているからです。ただ、影響力がありすぎるので、必要以上に注目されて伸びすぎてしまい、暴落が引き起こされるわけです。

 

仮想通貨依存症の人

これは金銭的に失敗したというわけではなく、精神面で失敗したといえるタイプです。

つまり、生活を犠牲にして仮想通貨投資にハマりすぎたタイプの事を指します。

 

仮想通貨の相場変動を気にしすぎない依存症防止のための4つの対策
仮想通貨の市場は、24時間、365日間、休むことなく動き続けています。 相場が気になり他のことに他のことが手につかなくなることはありませんか? 手をつけられないだけならまだしも、実際、値動きをずっと見てると疲れますよね。 そこで、本日...

お金は取り戻すことはできますが、人生の限られた時間は取り戻せません。

お金があるからといって幸福度が上がり続けるわけではありません。

依存症気味の方は対策をすべきでしょう。

 

最後に

仮想通貨投資に限らず大きなリターンは、より大きなリスクから生まれます。

 

もしあなたが仮想通貨投資で大損したくないのであれば、本日した記載した大損したような人達ことを行わずにリスクを減らしてください。

 

危険でみんなが怯んでいるために勇気を持って投資した方が上手くいく、だからこそリターンが大きく、失敗すれば大きなマイナスが待っています。

 

こんなことが歴史上ずっと起こっています。よって、1発を狙うのであれば、リターンが期待できるものほど、それ相応のリスクがあると思ってください。

 

仮想通貨の伸びしろを株式や金、企業、法定通貨の時価総額から見てみよう
高い成長を見せ、将来が期待されている暗号資産こと仮想通貨。 一体、どこまで成長するのでしょうか? 本日は、株や金、法定通貨、企業の時価総額からどこまで伸びるのか記事にしました。

確かに日本では認められるようになり、現在でも金など比べるとその規模の小ささから仮想通貨の市場の伸びしろは期待できます。

 

 

 

中国で仮想通貨マイニングが禁止になったらどうなる?規制は解除はあるの?
かにたまです。 最近、いい感じで上向いてきた仮想通貨市場。 そんな中、中国が仮想通貨マイニングを禁止するのではないか?という噂が流れています。 なぜ中国がマイニングを禁止する噂が流れているのか?禁止の影響や、今後、規制解除はあるのか?...
ビットコインが未来で普及していくための6つの問題点、将来性はあるのか?
「銀行法施行令等の一部を改正する政令等」が、4月1日より施行開始され、日本でも仮想通貨が国に認められたことで仮想通貨は注目を集めています。 非常に良い風が吹いてきた一方で、その代表格であるビットコインに問題点があることが、自分なりに調べて...

しかし、投資には絶対がなく、仮想通貨の基軸であるビットコイン(BTC)ですら問題点を抱えており、今後、国の規制などで最終的にはどうなるのかわかりません。

 

ただ、僕自身はブログを書き、様々資料を読んだり、話を聞いたり、世界の経済状況を見ながら、仮想通貨の将来は明るいと自分で考えて判断しています。

 

この今の世界は、金銭面に関して不透明なことがありすぎます。

仮想通貨投資は、未来のお金に対する投資です。

 

コメント