コインチェック、無期限の二段階認証キャンペーン開催へ!必ず設定しよう!

coincheck 初心者向け
スポンサーリンク

現在、仮想通貨取引所コインチェックさんで2段階認証キャンペーン中です。

このキャンペーンに期限はなく、キャンペーン前に二段階登録をしていない方も対象ですので、まだ二段階認証をしていない方は必ず設定しましょう!

さらに、本日は、2段階認証の重要性について記事にしようと思います。

 

スポンサーリンク

コインチェック二段階認証設定で30,000 Satoshiプレゼント!

期間

期限無し

 

報酬

30,000 Satoshi= 0.0003BTC(2017年11月20日の現在価格で約270円)

 

コインチェック二段階認証設定方法

コインチェックの口座開設方法の流れ、ビットコインの買い方【図解】
日本の仮想通貨交換業者(関東財務局第00014号)のコインチェック取引所で仮想通貨(以下、暗号資産)を口座開設から購入までの手順を図解で説明したいと思います。

上記事の二段階認証の部分をご覧下さい。

対象:既に本人確認が完了している、かつ初めて二段階認証をキャンペーン期間中に完了した取引アカウント

・決済アカウント、貸仮想通貨アカウントは対象外です。
キャンペーン期間前にご登録いただいたアカウントも対象となります。

 

報酬付与条件・注意事項

・ 日本国内居住の方に限ります。
・ 30,000Satoshi = 0.0003BTC(現在価格で270円)で換算されます。
・ 報酬は二段階認証設定完了時に即時付与されます。
2017年11月17日以降、期限は設けずに開催致します。
・ キャンペーンは予告なく変更、終了する場合がございます。
・ 弊社は、キャンペーンに関する変更あるいは終了等により生じた損害について、一切責任を負いません。
・ 掲載されている日時は全て日本時間です。
・ 二段階認証の設定が完了した後に、本人確認が完了した場合は無効となります。
・「本人確認の完了」は、Coincheckにアカウントを作成して頂き、SMS認証の後、「本人確認」ページより必要事項のご入力と本人確認書類をご提出頂け、弊社で承認できた状態を指します。
・ 同一ユーザー複数アカウントによる参加は無効となります。
・ キャンペーンの開始以前、以後に限らず、一度でも二段階認証の設定を行っているアカウントは対象外となります。
・ 当社が不正と判断する参加、行為等は無効となります。
・ 報酬額の出金には本人確認の完了が必要です。
・ 注意事項やプログラム却下・否認条件等は予告なく変更される場合がございます。
・ 上記、また上記に準ずる事象・行為、弊社が不正と判断する事象・行為等が判明した場合、報酬を受取る権利を無効とさせていただく場合がございます。なお、報酬付与後の措置としては、付与された報酬(当社が定める交換レートに基づき計算された相当額のビットコイン、日本円もしくは取扱通貨)の没収等の措置を取らせていただく場合がございます。

二段階認証の重要性

今年、二段階認証を忘れてハッキングされた方は多数います。

 

ネットゲーム等でもアカウントハックがあり、二段階認証は必ず行なうように推奨されています。ゲームだけではなく仮想通貨の世界でもアカウントハックは起こります。

ただし、ゲームの世界ではロールバックされる、つまり、盗まれた前の状態にすることができる時がありますが、仮想通貨の世界では盗まれる前の状態になる可能性はまずありません。つまり、ハッキングされたら泣き寝入りになります。

 

いくら仮想通貨で資産を増やしても、大切な資金がアカウントハックされて0になってしまっては元も子もありません。

面倒かもしれませんが、二段階認証は必ず行ないましょう!

 

corporate.coincheck.com

コインチェックでは、二段階認証さえされていれば、万が一、不正ログインで盗まれても100万円までは補償されます

ただし、二段階認証をしても100万円以上は補償されません。

 

資産額が100万以上になったら、現金化するか、長期保有予定の仮想通貨に換えて徐々に個人ウォレットに移すことを推奨します。

 

初心者向け
スポンサーリンク
かにたまをフォローする
仮想通貨初心者向けのブログ

コメント

  1. RetCapt1501 より:

    かにたまさん、こんばんは!
    この辺は、日本人の弱いところかもしれませんね(≧∇≦)

  2. moneygamex より:

    かびたんさん、こんばんは。
    ギクッ、僕も二段階認証は最初の頃はしていませんでした。毎回のログインの際にアプリを見て数字を入力しないといけないので面倒でした。
    ただ、先人の方がゼロになる可能性があると注意してくれたので二段階認証設定をするようになりました。