コインチェックが新規仮想通貨銘柄の上場を検討!?勝手に予想してみた

coincheckニュース
スポンサーリンク

かにたまです。

少し前、国内仮想通貨取引所コインチェックの勝屋社長が日本にはない銘柄の新規上場を検討しているとの報道がありました。

そこで、本日は、今後、コインチェックなどの新規上場の可能性がある銘柄について勝手に予想してみました。

良かったらご覧下さい。

 

スポンサーリンク

コインチェック、新規上場銘柄を検討

現在、コインチェックにて新たな仮想通貨銘柄の上場を検討しているとの事です。

ロイター通信よると以下のように報じられています。

仮想通貨取引所・コインチェックの勝屋敏彦社長は、ロイターのインタビューで、日本の取引所が扱っていない仮想通貨(暗号資産)についても、グローバルに人気のあるコインは取り扱いを増やす方針を示した。フェイスブックが発行を計画する「リブラ」に関しては資金決済法上の「仮想通貨」に該当するなら取り扱いたいと話した。

 

被害総額580億円!コインチェック仮想通貨NEM流出事件発生!
国内ビットコイン現物取引量No'1の国内仮想通貨取引所で過去最高額であるNEMが流出し、580億円以上のハッキング被害を受けたことが明らかになりました。 ハッキングされたのは何故でしょうか?記者会見動画もありますので、全貌をご覧ください。...

ご存知のように以前、コインチェックで580億円相当のNEMが流出後、金融庁からの監査が厳しくなり、すっかり日本の取引所で新規上場銘柄は出てこなくなりました。

 

しかし、転機が訪れました。

2019年6月、コインチェックにモナコインが上場です。

 

これ以降、国内取引所への上場への期待が高まっていた時の出来事でした。

 

 

コインチェック、新規上場銘柄予想

今後のコインチェック新規上場銘柄を勝手に予想してみました。

個人的には、以下の6つが銘柄の予想候補になりました。

EOS、Doge、Stellar、ADA、Qtum、OMG

理由などを記載します。

※時価総額等は記事作成段階のものです。

 

▼EOS

・出来高がリップルを超えており、仮想通貨の中でもトップクラス。
・歴史は浅いが、時価総額が8位と高く、グローバルな人気通貨。

仮想通貨EOSとは?特徴、将来性、価格チャート、取引所について
かにたまです。 本日は時価総額6位に君臨している(2019年5月段階)EOSについて。 EOSとは何か?その特徴や今後の将来性、価格チャート、販売している取引所などについて書いていきます。 日本では販売されていないこの仮想通貨がなぜこ...

 

▼Doge
・草コインの基軸通貨であり、出来高が高い
・世界的に人気のある通貨
・利害関係が少ない
・過去に日本の取引所に上場していた。

Doge(ドージ)コインが日本円を超えた!?かぼすちゃんコイン大躍進!
かにたまです。 仮想通貨のネタコイン?とも言えるDogeコインが先日、日本円の価値を超えたことで話題になっています。

もともとはネタコイン。
利害関係が少なく、モナコイン的な要素を感じていることから上場はありえます。
また、昔、ミスターエクチェンジという「みなし業者」の取引所に上場していました。

 

▼Stellar
・もともとみなし業者の日本の取引所に上場していた
・時価総額が高い
・歴史が長く、既に似た通貨であるリップルが上場している。

Stellar (ステラ/XLM) とは?特徴や将来性、価格チャートについて
かにたまです。 2019年5月12日段階で時価総額9位に君臨しているStallar(ステラ/XLM)について。 日本の取引所で販売していないStellar (ステラ/XLM) とは何か?その特徴や将来性、価格チャートや売買できる取引所に...

Doge同様に、昔、ミスターエクチェンジという「みなし業者」の取引所に上場していたのがStellarです。

また、Stellarはリップルからわかれた通貨。
既にリップルが上場していることからありえます。

 

▼ADA
・時価総額が13位と高い
・出来高も高い
・執行役員の和田氏の出身大学である東工大が絡んでいる
・ICO時点で日本で優先販売されており、日本で人気が高い
・サポート団体のEmurgoのCEOが日本人。

 

仮想通貨Cardano(カルダノ/ADA)とは?特徴や将来性について
かにたまです。 本日は時価総額10位に君臨している(2019年5月段階)Cardano(カルダノ/ADA)について。 カルダノとは何か?その特徴や今後の将来性、価格チャート、販売している取引所などについて書いていきます。 かつ...

ADAは、多くの日本人が絡んでいるため可能性はあります。
ただ、通貨はギャンブル、ICO販売時の問題など黒い要素があるので、そこはマイナスですね。

 

コインチェックの天才、和田晃一良社長の現在、経歴、資産は?
コインチェックがマネックスの出資を受け入れることが決まりました。 社長などの経営体制も変わります。 そこで、2017年末には、業界トップにまで登りつめたコインチェックの元社長であった和田晃一良の現在、経歴、資産などを記事にします。 ま...

日本の東京工業大学とカルダノは連携を行っており、東工大でも日々カルダノの研究が進められています。

そして、元コインチェックのCEOであり、現執行役員の和田晃一良は東工大出身です。

 

▼Qtum
・出来高が高く、世界的に人気
・通貨的には大きな問題を感じない
・既に多くの取引所に上場している

仮想通貨Qtum(クァンタム)とは?将来性、特徴、価格チャートについて
かにたまです。 本日は、執筆段階で時価総額31位に君臨するアルトコイン「Qtum」について記事にします。 Qtum(クァンタム)とはどんな仮想通貨なのか?その特徴や将来性、価格チャートや購入おすすめ取引所などをご紹介します。 良かった...

日本ではそれほど有名ではありませんが、ADA以上の多くの取引所に上場しています。
通貨的にも問題はみられませんので、日本で上場する可能性は十分にあります。

 

 

▼OMG

・独自チェーンでなく、ERC20トークンであることから取引所に移行がしやすい
・生みの親が日本人の長谷川潤さん。
・ETHの生みの親ヴィタリック氏のお墨付き。既にETHは上場済。

仮想通貨OMG(オミセゴー)とは?タイ政府機関「ETDA」と開発合意
かにたまです。 仮想通貨OMGのタイ発のベンチャー「Omise」がタイ政府機関のETDAとブロックチェーンを活用した国民IDの開発に関して合意しました。 本日は、タイの政府機関と連携するということで将来の期待が持たれているOmiseGo...

 

※あくまで個人の予想です。

 

今後、日本の仮想通貨取引所に上場できそうな銘柄・難しい銘柄
かにたまです。 先日、日本初の仮想通貨であるモナコイン(MONA)が、コインチェックに上場することが発表されました。 これを受けモナコインは倍以上に高騰(昨日2019年5月31日時点)を見せています。 下位アルトは日本の取引所...

上記事でも書いた匿名通貨、ギャンブルで利用される通貨、中国系通貨、出来高が低すぎる草コインの多くは除いています。

 

それ以外の考えられる候補は下に記載します。

 

チャットスペースからの候補

現在、コインチェックのiOSアプリには、23種類の通貨別のチャットスペースという機能ができています。

この中には、現在、コインチェックないし、日本に上場していない通貨のものもあります。

コインチェックのチャットスペースにある23通貨は以下の通りです。

通貨通貨コード
BitcoinBTC
RippleXRP
EthereumETH
Bitcoin CashBCH
LitecoinLTC
NEMXEM
Ethereum ClassicETC
LiskLSK
FactomFCT
StellarXLM
CardanoADA
IOTAIOTA
Binance CoinBNB
NEONEO
VeChainVET
DogecoinDOGE
OmiseGOOMG
QtumQTUM
DigiByteDGB
NanoNANO
VergeXVG
SiacoinSC
MonacoinMONA

恐らく、この23銘柄の中から今後のコインチェックへの上場の可能性があると感じています。

(すでに上場しているものも含まれています。)

 

上で記載したもの以外だとVeChainIOTAあたりでしょうか。

仮想通貨VeChain(ヴィチェーン/VET)とは?特徴や将来性について
かにたまです。 本日は記事作成段階で時価総額26位にいる仮想通貨VeChain(ヴィチェーン/VET)について。 VeChain(ヴィチェーン/VET)とはどんな仮想通貨なのか?その特徴や将来性、価格チャート、売買できるおすすめ取引所に...

個人的にはVechainはかなり気に入っており、購入しようと考えている通貨です。

いまかなり下がってきていますので、正直嬉しいです。

 

仮想通貨NEOとは?価格、今後、将来性、イーサリアムとの違い
中国版イーサリアムと呼ばれている仮想(暗号)通貨NEOについて記事にします。 仮想通貨NEOとは?価格、今後、将来性、イーサリアムとの違い等について記事にします。 ※理解を重視したざっくりとした記事です。

Vergeは匿名、NEOなどは中国通貨でなければいつ上場してもおかしくないんですけどね。

仮想通貨の飛躍の鍵はインフルエンサー!?マカフィー砲が大暴れ!
仮想通貨界の絶大なインフルエンサーであるジョン・マカフィーさんによるマカフィー砲が大暴れ中のようです。 これぞインフルエンサーという動きを見せているわけですが、そもそもこのジョンマカフィーとは誰か?どんな通貨が彼の影響を受けたのか?どうし...

Vergeは2017年の時に個人的にお世話になったので思い出深いです。

 

DigiByteやSiacoinなどは出来高が低く、まだまだグローバル的とまではいかないかなと思いました。

 

出来高からの予想

取引所は商売です。

特にコインチェックのような手数料が異様に高い所は、人気のある、すなわち出来高の高い通貨を取り扱うことで儲かるわけです。

勝屋社長自体もグローバル(世界的)に人気のあるコインは取り扱いを増やす方針を示しています。

よって、CoinMarketcapの仮想通貨を出来高の高い通貨順に並べてみました。

出来高が高い仮想通貨(上図)で可能性があるのはEOSTRONあたりです。

 

仮想通貨TRON(トロン)とは?特徴、将来性、価格チャートについて
かにたまです。 本日は、日本でも注目度が高い仮想通貨TRON(トロン)をとりあげます。 仮想通貨TRON(トロン)とは何か?基本情報や特徴、その将来性、価格チャートや購入できるおススメ取引所等について記載していきます。 良かったらご覧...

Tronはバブル時代には日本で検索上位にあったくらいですので上場すれば一気に価格が上がりそうですが、中国銘柄なのでどうかなという印象はあります。

 

Tether(テザー)問題について、1日で2.5億ドル分が発行される!
先日、Tether(テザー)が大量発行されたことが話題になっています。 本日はTether(テザー)とは何か?また、その疑惑について記事にします。 一体、何が起こっているのでしょうか?

Tetherは、疑惑もありますし、海外の会社が関わっているのでまずないでしょう。

またTetherしかり、TrueUSDもそうですが、米ドルが絡んでいることからも上場はないでしょう。

 

仮想通貨バイナンスコイン(BNB)とは?特徴や今後、購入方法等について
かにたまです。 本日は時価総額7位(2019年5月)にまで登りつめた仮想通貨バイナンスコイン(BNB)について。 取引所のコインがなぜこれだけの価値をもっているのか?バイナンスコインの特徴、今後の将来性、価格チャート、購入方法について記...

BinanceCoin(BNB)は、時価総額6位に上昇。

海外取引所BINANCE(バイナンス)は仮想通貨界のアマゾンになるような会社ですから仮に上場すれば売買はされるでしょう。

しかし、同じ取引所が発行していますから上場はほぼ確実にないでしょうw

 

BitcoinSV(BSV)もBINANCE(バイナンス)で上場廃止になっていることから無いでしょう。

そもそもBSVの中心人物のグレイグ氏がサトシ・ナカモトであることがまだ完全に証明されておらず、嘘をついている可能性があります。

国内仮想通貨取引所でビットコインゴールド等が配布されない理由
ビットコインから分岐したビットコインゴールド、海外で売買できるにも関わらず、国内取引所では未だに配布されていません。 なぜでしょうか?

日本の取引所は少しでも怪しい要素があれば、ビットコインゴールドのように配布すらしません。

 

 

コインチェックでのアルトコインの売買は推奨できないが・・・・

僕はコインチェックのアルトコイン売買は皆さんに推奨することはできません。

なぜなら、前述したようにコインチェックのアルトコインは売買手数料がめちゃくちゃ高いからです。

コインチェックのアルトコインの売買手数料の高さは国内の取引所でも異様に高いです。

 

コインチェックの高い売買手数料を自動的に計算して表示させる方法
コインチェックは売買の際に手数料(スプレッド)が結構あります。 しかし、売買手数料は幅がどれぐらいか情報が公開されておらず、非公開の立場を取っています。 どうしようかと調べてみると、コインチェックの売買手数料を可視化する便利なツールが公...

売買手数料を表示させるとわかりますが、「コインチェックのアルトコインは販売所形式」になっており、手数料が上乗せされます。

 

仮想通貨の販売所と取引所の違い、取引でお得なのはどちら?
仮想通貨の取引所には取引所と販売所があります。 あなたはこの2つの違いをご存知ですか? 知っていないと損をすることになります。 よって、その違いについて記事にしたいと思います。

仮想通貨は手数料の高い「販売所」で購入するのはできるだけ止めましょう。

 

では、その例を実際に見て見ましょう。

コインチェック 2019年8月9日のファクトムの価格

上はコインチェックの2019年8月9日のファクトム(FCT)の価格に手数料も表示させたものです。

本来は399.98円で売買できるものが、購入するときは420.51円(手数料5.13%)、売却するときは(手数料5.49%)と手数料が5%以上もします。

 

これは、つまりファクトムの売買をそれぞれ1回しただけで本来もらえるはずの10%ほどの手数料が取られているということです。

 

正直なところ、日本の仮想通貨の税金は高いのでわからなくもありません。

しかし、この手数料を良しとするのは頭がおかしいと思います。

それくらい酷いです。

 

 

ただ、コインチェックのアルトコインで唯一良い点があります。

それは日本円で購入・売却ができるという点です。

 

もっとも、未だにこの異様に高い手数料を見ると、それでも推奨できませんが。

 

ビットコインは取引所があり売買できますので、まだ良いのですが、コインチェックでアルトコインの売買は販売所である限りは選択肢の中にないです。

わかりやすいさはあり、その点では良いのですが、この手数料の異様な高さから今やすっかり利用しなくなっています。

かにたま
かにたま

この手数料の高さでアルトコインの売買を行うことはありえません。

 

もはや上場の影響は短期的

過去の歴史から上場すると価格が大きく上昇しやすいことから、新規上場銘柄を狙っている方もいるかと思われます。

 

しかし、もはや上場の影響力は短期的です。

 

その良い例は、2019年6月にあったモナコイン上場です。

 

モナコインチャート

確かに上場後、モナコインは大きく上がりました。

 

しかし、その後はどうでしょうか?

 

見てのとおり徐々に元通りになっています。

特にBTC建では、ほぼ元通りになってしまいました。

 

もはや仮想通貨の上場は投資ではなく、投機でしかないのです。

 

CMSトークンから見る仮想通貨取引所への上場直後の値動き
昨日、CMSトークンの取引がZaif取引所で開始。 はやくも大きな動きがありました。 上場直後には、今回のような値動きを見せる良い例ということで記事にします。

よって、上場後の購入はバブル等の上場相場でない限りは元に戻ります。

 

上場前に予想して仕込むのはありだと思いますが、上場後の上昇してからの購入は非常に危険です。

ご注意ください。

 

最後に

日本は仮想通貨大国とも言われながら、アルトコインに非常に慎重、かつ、あいまいで上場通貨が非常に少ないのが現状です。

 

ただ、GMOコイン等でも上場通貨のアンケートを行うなど、今年や来年にかけて少しずつ上場通貨が増えてきそうな印象はあります。

 

今後、どのような仮想通貨が取引できるのか楽しみではあります。

コメント