世界一の投資家バフェット「ビットコインは価値のある資産ではない」

批評家のイラストニュース
スポンサーリンク

ついに投資の神と言われているウォーレン・バフェットさんが飛躍を続けるビットコインについて言及しました。

オハマの賢人と言われている彼が、どうしてビットコインを資産ではないとしているのでしょうか?

ビットコインには彼のような反対者や賛成者がいます。

バフェット氏のビットコインを批判する理由を記載すると共に同様の反対者や賛同者がいることを記事にしていきます。

 

スポンサーリンク

 ウォーレン・バフェットがビットコインを批判

ウォーレン・バフェット

億万長者の投資家ウォーレン・バフェット氏さんは、ビットコインの市場がバブル領域にあると思っているようです。今月初めにオマハで開かれた質疑応答のセッションで、バフェット氏に対して、現在のビットコインの件について触れることがありました。

彼は出席者に次のように語っています。

ビットコインは価値のある資産ではないため、価値を評価することはできません

しかし、バフェット氏のコメント後、コーニングスクのデータによると、大幅にビットコインは上昇しました。具体的には、10月初めに約4,300ドル変動した後、価格は1週間前に6,100ドル以上に急騰しています。

2014年には、何人もの投資家がビットコインから完全に離れたと主張していたこともあり、バフェットさんがビットコインに対する厳しい姿勢を取ることは驚くべきことではありません。さらに彼は「仮想通貨はバブルである」と述べています。

 

 

投資の神様バフェット氏などがビットコインを資産でないとする理由

ビットコインのような仮想通貨(暗号資産)は裏づけがないからです。

例えば、株の場合は、企業の株価純資産倍率(PBR)や株価収益率(PER)企業の売り上げや利益等が株価に反映されますが、仮想通貨はそのような指標がなく業績等は反映されません。

よって、投資判断が難しく、どうしても値上がりを期待するだけの投機的なものになっています。

 

また、ニワトリが卵を産むというような新しいものを何も生み出さないことから資産としてとらえていないようです。

 

 

バフェット以外もビットコイン批判派が現れる

jp.reuters.comまた、先日、サウジアラビアのアル・ワリード・ビン・タラル氏は、ビットコインは将来的に失敗すると述べています。

 

ボビーオルゴン、2010年から仮想通貨の採掘をしていたことが話題に
かにたまです。 坂上&指原のつぶれない店SPという番組でタレントのボビーオルゴンさんが8年前の2010年初頭から仮想通貨(ビットコイン)の投資をしていたことが明らかになり、話題になっています。 また、ボビーさんは仮想通貨...

日本ではおなじみのボビーオルゴンさんは、初期からビットコインのマイニングを行っていたにも関わらず、最後はビットコインは無くなると述べています。

 

 

アップル共同者などビットコイン賛成派も増加

bitcoinmagazine.comしかし、ビットコインの賛成派も増えてきています。

あのアップルの共同創設者スティーブ・ウォズニアックさんがビットコインは金やドルよりも優れているとインタービューで答えています。発行枚数を無限に増やせるドルこそ詐欺だとも述べています。

 

ビットコインはまだ金融市場の0.1%強程度の市場規模ですが、徐々に世界の資産家の支持を集め始めており、それが価格上昇にも繋がっています。

 

バフェット氏の言うことはわからなくもないのですが、ビットコインは誕生してからまだ10年も経っていません。

進化できるのが仮想通貨の良い点であり、これからの更なる成長に期待です。

 

コメント