ビットコインのクジラとは?保有割合とランキング、アラートについて

くじらビットコイン
スポンサーリンク

かにたまです。

 

本日はビットコインのクジラに迫ってみます。

 

ビットコインのクジラとは?

その意味やクジラの代表者や保有割合、彼らの所持数ランキングやビットコインアドレス、彼らの売りに対する対策などをお伝えしていきます。

 

良かったらご覧ください。

 

スポンサーリンク

ビットコインのクジラの意味について

くじらのイラスト

クジラとは、いわゆる大口所有者のことです。

 

クジラの大きさから大物(大口)であることを意味します。

つまり、ビットコインのクジラとは、ビットコインの大口所有者(沢山持っている人)のことを指します。

 

ビットコインのクジラの所有割合は1000人で約40%

以前、ビットコインのクジラの保有割合は約1000人で約40%であるとブルームバークにて報じられました

また調査企業であるDairによるとBTC総供給量の55%が200BTC以上のビットコインアドレスに保有されているとも報じられており、ほとんどが動かされていないと言われています。

 

なお、現在ビットコインのクジラはこの下落相場で買い増しをしており、保有数をますます増やしています。

 

どうしてわかるのかは、あとでビットコインの保持者ランキングを公開します。

その変化を見るとわかると思います。

 

ビットコインの95%は約3%が所持しているが価値が落ちない理由
かにたまです。 2019年9月現在、ビットコインの95%は約3%のウォレットが所持しています。 2018年の下落相場にてビットコインが暴落しました。 しかし、その間にもビットコインを大量に保有しているクジラは買い増し続けており...

そして、2019年9月、ビットコインの95%は約3%が所持していることがわかりました。

 

代表的なビットコインのクジラは誰?

ビットコインの生みの親「サトシナカモト」とは何者?実在するの?
かにたまです。 その通貨を考案した人物を知れば、仮想通貨に興味を持つかも。というわけで、今日から不定期で仮想通貨人物伝を始めたいとおもいます。 今日はビットコインの考案者で正体不明の人物である「サトシナカモト」について記事にします。 ...

代表的なビットコインのクジラはビットコインの生みの親で創設者の「サトシナカモト」です。

 

サトシナカモトが保有しているのは60~70万BTC。
アドレスは公開されておらず、1度も動かされていません

これまではサトシナカモトのビットコインの保有数は、開発者Sergio Demian Lernerによって総発行枚数の約5%である100万BTCと言われていました。

しかし、最近のBitMEXの調査で60~70万BTCということが明らかになりました。

 

ビットコイン保有者ランキングのトップ100

ビットコイン保有者ランキング

https://99bitcoins.com/bitcoin-rich-list-top100/

↑こちらのサイトでビットコインの保有者ランキング100が確認できます。
なお、サトシナカモトのアドレスは含まれていないようです。

 

記事作成段階で保有数トップのビットコインアドレスは、
16ftSEQ4ctQFDtVZiUBusQUjRrGhM3JYwe168,791BTCです。

アドレスは当然分散させているでしょうし、1人が1アドレスというわけではありません。

 

Mt.GOX破産管財人が約260億円のBTC、BCHを売却。口座残高700億円以上へ
マウントゴックス破産管財人が2018年3月7日~6月22日までの間に約260億円相当のBTC、BCHを売却していたことがわかりました。 仮想通貨はアドレスから売買記録がわかります。 あと、マウントゴックスによる売り圧はどれくらい残っ...

これを見ると、以前のマウントゴックス管財人の売り圧が如何に凄いことだったのかわかりますねw

 

クジラのビットコイン売りに対する対策

クジラのビットコインの売りに関する情報が多々あります。

代表的なものをご紹介します。

 

Twitterのビットコインクジラアラート

クジラは長期保有が大半ですが、中にはトレーダーのクジラもいます。

彼らの大きな売りは相場に影響を及ぼします。

 

そこで、ビットコインアドレスに大きな動きがあった際に警告するTwitterアカウントがあります。

短期売買(トレーダー)の方はチェックしておくと良いでしょう。

 

大口が動いた際は随時ツイートsしています。

 

Bitcoin Block bot

Bitcoin Block Bot ←こちら

Bitcoin Block Bot

Whale Alert(クジラアラート)

こちらはかなり有名なビットコインのクジラアラートです。

最近ではOKExに831BTCが送られたと警告しています。

 

OTC取引

クジラが大量にBTCを売却すると相場に大きな影響を与えてしまいます。

よって、そのクジラ対策として、OTC取引という取引所を使わずに売り手と買い手が直接取引する取引方法があります。

これは所謂、「店頭取引」と呼ばれている手法で個別に取引上限が設定できる利点があります。

 

https://coincheck.blog/7406
↑最近、コインチェックでも大口用のOTC取引が開始されましたね。

 

長期思考のクジラ、寡占化が進む仮想通貨

下落相場もクジラはETH買い増し。保有量は流通量の1/4ほどへ
2018年仮想通貨相場は大きな下落が続いています。 しかし、クジラと呼ばれる大口達は虎視眈々と有力通貨の買い増しに動き出しているようです。 現在、市場に流通している仮想通貨ETHの1/4は大口が所有していることがわかりました。

以前、仮想通貨イーサリアム(ETH)のクジラも下落相場で買い増しの記事を書きました。

 

彼らに共通しているのは下落相場で買い増しをしていることです。

そして、MarketWatchの調査によるとビットコインを積極的に取引しているクジラは殆どいません。

 

つまり、ビットコインしかり、イーサリアムしかりクジラの大半は長期思考ということです。

 

このように主要仮想通貨の寡占化(※)が進んでいます。

(※)市場が大口で占められること

 

コメント