仮想通貨ビットコインが上昇or下落しやすい月はいつ?過去のデータから見て見よう!

チャートを見るトレーダーのイラスト 相場分析・データ
スポンサーリンク

かにたまです。

株式市場には「10月末のハロウィン(10月31日)期間に株式を購入し、翌年の春まで保有して売却すれば利益が出やすい(※)」という言葉があります。

こういった観測は「アノマリー」と呼ばれていますが、実際、かなり当たっています。

 

これと同様にビットコイン市場でも利益が出やすいアノマリー的な時期があるのではないか?ということで調べて見たところデータを出している方がいたので共有します。

 

(※)「Sell in May and Go Away. But Remember to Come Back in September」

株は5月に全て売ってポジションなしで遊びなさい、でも9月に市場に帰ってくるのを忘れないでねという格言があります。

このことから5月に株を売り、10月(末)に株を買えといわれています。

日興アセットマネージメントの出した過去20年のデータを見ても投資パフォーマンスは非常に良いデータが出ています。

 

スポンサーリンク

ビットコインが下落しやすい月は・・・?

結論から述べますと、ビットコインが最も下落しやすい月は8月でした。

 

米国証券アナリストで仮想通貨の書籍も出しているティモシー・ピーターソンさんのツイートで2010年からの過去のビットコインのパフォーマンスが公開されました。

 

ビットコインで最もリターンが見込めるのは4月

最悪な月は8月

どちらもダントツでした。

 

年始の1月3月もマイナスのパフォーマンスですね。

仮想通貨は年始に大きく下落(暴落)しやすい?過去のデータを調べてみました
仮想通貨は年始に下落しやすい傾向が見られます。 本日は過去のデータをもとに本当に年始に下落しやすいのか見てみましょう。

↑特に近年は、年始にビットコインが大きく下落しやすい傾向にあります。

 

↑なお、2010年からの年月別の細かいパフォーマンスのデータはこちら

今年は既に+160%と高いパフォーマンスを見せています。

 

2019年のビットコインの相場について

※ここからは個人の見解になります。

 

仮想通貨ビットコインのチャートで重要な目安である移動平均線について
かにたまです。 ビットコインは非常に価格変動が激しく、上昇も下落も凄まじいのは過去のチャートを見てもわかります。 変動が激しいのはストップ高も安もなく、24時間365日、市場が動いているからです。 仮想通貨には株のようなIR情...

現在の200日線からの乖離(かいり)率の高さからもわかりますが、今年の2019年度は高いパフォーマンスを見せており大きなマイナスの月がありません。

よって、2019年中にピーターソンさんのいうマイナスの月は出てくるだろうなと感じています。

 

今年の年始に大きなマイナスにならなかったのは、昨年の大きな暴落で下がりすぎたのと、2018年にビットコインが暴落したために利益確定をする人が減ったこともあるでしょう。

 

というわけでマイナス目線ではあります。

 

ただ、これだけ連続で上昇した月があっても、さらに連続で上昇する時期も過去にありました。

ーーーーそれはバブル期です。

 

現在、5ヶ月上昇 ⇒ 1ヶ月停滞というバブル期と同じチャート形成をしています。

 

BTC/JPYチャート

↑BTC/JPYチャート

上図の線を引いた部分。

今年の最高値の付近の140万のラインを超えるとバブル期が来るかと思われます

 

僕は現在は様子見でガチホ継続。

1BTCが140万円を超えたらバブル期とみて、アルトを試しに入れて見ようと考えています。

 

ただ、仮にもし今年バブルが来たとしたら来年の年始には大きく暴落するでしょう。

短期勝負予定です。

 

ビットコインドミナンス

https://coinmarketcap.com/charts/より

現在、ビットコインのドミナンス(支配している割合)は半減期が近づいていることもあり、急速に増加しています。

ビットコインのドミナンスの増加は、即ちアルトが弱っていることも意味しています。

実際、殆どのアルトコインが対BTC建で減少しています。

 

次の仮想通貨バブル再来に備えて知っておきたい嘘のような真実
暗号資産(仮想通貨)市場では、チャートを見るとわかりますが、約4年に1度の周期でビットコインの暴騰&暴落がおこっている歴史があります。 そこで2017年などバブル時の出来事を書き記しておき、今後、再び起こる可能性があるバブルの指標になれば...

ただし、バブル期は別であり、何でも上昇しますのでアルトの方が伸びると予想しています。

 

仮想通貨の有価証券問題によりアルトコインの取引停止が相次ぐ
かにたまです。 最近、米国ユーザーに対しアルトコインの取引停止が一部の仮想通貨取引所で起こっています。 そして、銘柄は日本でも取引されているXRP(リップル)、LSK(リスク)、FCT(ファクトム)、NEM(ネム)、時価総額上位のEOS...
2019年アルトコインの飛躍はある?ビットコイン半減期まで1年未満
かにたまです。 ビットコインの半減期があと1年未満となりました。 よって、今年の2019年はビットコイン以外の仮想通貨であるアルトコインの飛躍は難しいのではないか?と考えています。 実際、2019年開始から現在まででBTC建で...

アルトコインは証券化される可能性もありますが、審査が厳しくなり、個人的には詐欺的なものが撲滅しますのでそれでも良いかもしれないと感じています。

証券化されることで安心感も増します。

 

仮想通貨界は狙われる!?暴力団などの反社会的勢力について
かにたまです。 最近、吉本興業の宮迫さんや田村亮さんなどが反社会勢力と関わって引退騒動までに発展したニュースがありました。 よい機会なので仮想通貨界と反社会的勢力について記事にしたいと思います。 良かったらご覧ください。

現状では、法整備が整っておらず、甘い部分が多すぎて反社も入り込んでいるでしょう。

詐欺被害もある現在、仮想通貨全体も信用も落ちます。

証券化されないにしろ、厳しい取り決めは必要でしょう。

 

相場分析・データ
スポンサーリンク
かにたまをフォローする
仮想通貨投資初心者向けのブログ

コメント