ビットコインの買い場が来ていると予想しています。2018年10月末

bitcoin相場分析・データ
スポンサーリンク

かにたまです。

 

本日は、2019年10月28日ですね。(記事を書いているのは、前々日の26日、前日の27日です。)

 

2018年からの大暴落が続いていた仮想通貨市場でしたが、そろそろ買い場が来たかと予測できました。

というわけで、久々に今後の予測をしてみたいと思います。

 

良かったらご覧ください。

 

スポンサーリンク

ビットコインが買い場であると予測する理由

現在、ビットコインの買い場となっていると予想できる点を記載します。

憶測で書いているのではなく、過去のビットコインの歴史に基づいています。

 

移動平均200日線を越える

ビットコインで最も重要なラインである移動平均200日線が日足チャートでついに200日線を越えました。

日本円、ドル建の両方で大きく超えたことから上昇トレンドが期待できます。

 

仮想通貨ビットコインのチャートで重要な目安である移動平均線について
かにたまです。 ビットコインは非常に価格変動が激しく、上昇も下落も凄まじいのは過去のチャートを見てもわかります。 変動が激しいのはストップ高も安もなく、24時間365日、市場が動いているからです。 仮想通貨には株のようなIR情...

過去のビットコインチャートの日足の200日線を見るとわかりますが、非常に重要なラインになっています。

ここを一気に上抜けたことは大きいです。

このラインは今後も意識するべきでしょう。

 

2020年はビットコインの半減期

2020年の5月にビットコインの半減期があります。

マイナーの報酬が1ブロックあたり12.5BTCから6.25BTCに減少します。

今の価格だと600万円以上ですからとんでもないですね。

 

ビットコインの半減期とは?次はいつ?価格が上昇が見込める3つの理由
ビットコインの「半減期」は価格上昇が見込める重要なイベントです。 ではビットコイン等の「半減期」とは何か? どうして価格上昇が見込めるのか? 過去の半減期の歴史と共に記事にします。 そして、次の時期などは覚えておきましょう!...

上記事を見るとわかりますが、過去、ビットコインの半減期を転機にビットコインは大きく上昇しています。

 

リブラ、中国国家デジタル通貨などの仮想通貨への需要の高まり

今後、以前の記事で書いたようにリブラや、中国デジタル通貨など紙幣本位制からデジタル通貨に移行していきます。

 

デジタル通貨などは浸透するのか?と思う人もいるでしょう。

 

新しいものには大半の人はわからないので恐怖や抵抗がある現状ですが、もう時代はそちらの方向に進んでいくことは見えています。

車、インターネット、スマホなどもそうでした。

抵抗があっても便利なものに徐々に徐々に人は流れます。

 

日本のキャッシュレス化による減税などの方針を見れば、デジタル通貨に移行していこうという目論みを感じ取ることができると思います。

 

未来は不確実なものに動きます。

例えば、IBMの資料によると、今の子供達の約65%が世の中にはない仕事につくというデータがあります。

 

僕たちからすると目立つものだとYoutuberなどがそうですよね。

5年位前から徐々に広がりだして、現在は職業として市民権を得て認知が広がっています。

 

今のデジタル通貨は、中国が近々出してくる様子を見ると、5年前のYoutuberよりも進んでいると感じています。

 

ビットコインが生まれたのは、そもそも約10年前です。

youtuberのように10年前は多くの人がここまで来ると予測できないものであった点も同じです。

 

かにたま
かにたま

米国のニクソン大統領が通貨を金から紙幣にしたことで米国はドルで覇権をとりました。今度は中国がデジタル通貨で次の通貨の覇権を狙いたいという意図を感じます。

デジタル人民元が出来れば、仮想通貨はスマホで取引ができますから、銀行口座のない全世界の約31%の人々にもアプローチが可能になります。

そうなると、デジタル人民元が次の通貨の覇権を取る可能性があります。

 

出来高が強く上昇の勢いが強い

ビットコイン出来高

 

今回のビットコインの上昇の出来高に注目してください。

先日、2017年のバブル期の絶頂時期並みの高い出来高、すなわち、過去最高クラスのビットコイン出来高を記録しました。

上昇率に関しては歴代3位の伸びです。

 

過去最高クラスの出来高や上昇率を持った上昇は、今後が期待できます。

過去のビットコインチャートの出来高と上昇

過去のビットコインもそうです。

以前の暴落時以上の過去最高クラスの大きな出来高と上昇が今後の大きな上昇につながっています。

これはマーケットキャップで全世界のビットコインの出来高が確認できます。

あなたの目で確認してみて下さい。

 

購入ラインは?

・200日線を越えたあたり
・ビットコインETFが決まった後

 

基本的なビットコインの購入ラインは200日線を越えたら買い、200日線から下落したら売りを考えるトレンドに従うことが良いでしょう。

 

つまり、今なら200日線にタッチした辺りで購入、下抜けてしまったら損切りが良いかと思います。

 

ビットコインETFの承認後の動きを金の長期チャートから学ぼう!
ビットコインの価値を大きく上げるとされているETFが認められるかどうかが話題になっています。 ビットコインはデジタルゴールド、つまり金のようなものだと言われていることから金のETFが認められた時、どうだったのか過去の歴史を調べてみました。...

後は、前々から書いているようにビットコインETFが決まった後に購入する方が安全かと思います。

何度も落ちてきた米SECの厳しい審査を突破することにより、Bakktの先物開始のような期待はずれ感にはならないでしょう。

そして、新たな金融資産として金と同じ歴史を辿るでしょう。

 

ビットコインを購入する前に決めておきたいこと

ビットコインを購入する前に決めておきたい点を記載しています。

投資したビットコインや仮想通貨の売り時(タイミング)について
かにたまです。 仮想通貨は価格変動が激しく、現時点では使える場所がほとんどないので利益確定を考えている人もいるでしょう。 しかし、売り時が難しいです。 そこで、本日は、投資したビットコインや仮想通貨の売り時(タイミング)についての記事...

基本的には上記事で記載したことです。

 

損ぎりライン

ビットコインの買い場が来ていると予測しているとはいえ、当然、ここから大きく暴落する可能性もゼロではありません。

 

そこで、損ぎりラインをあらかじめ決めています。

僕は200日線を大きく下回って、少し戻した後で損ぎり予定です。

 

売り場を決める

上昇トレンドになるとずっと上昇しているイメージも出てきますが、過去のバブル崩壊のようにいずれは大きく落ちるときがあります。

 

ビットコインなどの仮想通貨は時価総額がまだまだ低く、上昇が大きく、反対に下落も大きいのも、ご存知だと思います。

 

2019年度以降のビットコインの次のピーク価格(上限)を予測してみた
ビットコインが取引開始された頃の価格は0.07円。 現在、43万円を推移していますが、2017年のピークには230万円ほどに達しました。 そう、ビットコインは過去に大きく暴騰し、最大80%ほど下落するバブルが過去3度起こっています。 ...

僕の次のバブルのピークのビットコイン価格予想は上記事で記載したとおりです。

2017年の最高値を更新した1BTC=200万円頃から意識し始め、上記事のレンジ付近に達した場合は売る予定です。

前回の最高値を更新した場合、過去の歴史から一気に吹き上がると予想しています。

 

売り場を決めるのは非常に難しいです。

しかし、ずっと上昇しているものは数々のバブル崩壊の歴史からもありません。

 

利益を確定してしまえば、暴落後に買い増しもできます。

行き過ぎたものを売ることは決して悪いことではないのです。

 

仮想通貨で利益を出した後に破産しないために注意しておくたった1つのこと
今日はこれから仮想通貨にお金を使って購入したいと思っている方に注意するべき点を記事にしたいと思います。 これさえ守れば、仮想通貨市場であなたは破産して退場せずに済むでしょう

ただし、税金の支払いができるように日本円はある程度は残しておきましょう。

この点だけは本当に注意してください。

 

リスクをとる覚悟

最近、国が投資、特に株を推奨しているのは、NISAやIDeCoなどの税制で有利な点からもわかると思います。

 

正直、世の中の経済学者のような方々や、国もおっしゃっている長期的な視点で安定したものに投じて徐々に資産を増やしていくという考え方は素晴らしいと思っています。

 

しかし、僕は、正直、それでは遅さを感じてしまいます。

 

僕は、国の税制優遇があっても日経平均が2倍になるよりも、ビットコインの方が2倍になる方が圧倒的に早いと感じています。

 

今は米国の株が10年以上も上昇し続けており、日経平均の上昇も鈍化しています。

今の2倍の45,000ほどに伸びるのは、僕の生きている間に到達しない可能性もあります。

 

逆にビットコインなどの仮想通貨市場は、確かに不安定で未成熟、規模も小さいのですが、それゆえに伸びしろがあります。

そして、国が「暗号資産」としてビットコインなどを扱うことになったにも関わらず、多くの人には暴落やマネロン、詐欺などの懐疑心を感じていることからも大丈夫だと感じています。

 

また、まだ全体的な絶望感こそ感じられませんが、僕が参入した2016年と似た雰囲気はあります。

当時、2013年ピーク価格の1BTC14万から2万近くまで暴落し、2016年にようやく6万程度まで回復した時でした。

あの頃に比べて、全体的な絶望感を感じないのは、仮想通貨の理解者も多少は増えてきたのかなとも思っています。

 

なお、当時もビットコインは懐疑心だらけでオワコンだとも言われていましたw

大衆の予想とは逆に動くものです。

 

現在の企業の時価総額などを見るとわかりますが、ビルゲイツや、アマゾンのゾペスなどIT系が多く時代の波に乗った方などの会社が軒並み上位を占めています。

特定の分野への投資はうまくいくかはわかりませんが、未来を読んでリスク犯さない限りは大きく利益を得ることは無理だと感じています。

 

仮想通貨のデジタル通貨は、次の時代の現在の紙幣に取って代わると感じていることから僕はリスクをとります。

 

また、性格的なものと、ゲーム感覚でやっています。

安定し続けても面白くないという点もありますね。

安定した収益のままで未来が読めると、どうしても退屈してしまいます。

安定は大きな変化がないので、刺激も欲しいのかなと自己分析しています。

 

ビットコインの購入前に理解すべき仮想通貨のリスク!知らないと危険
本日はこれからビットコインを購入してみようと思っている方へ記事を書いてみようと思います。 まず言いたいことは、ビットコインは儲かると言われていますが、その反面リスクも非常に高い事をご理解下さい。 この記事はこれから仮想通貨を投資をは...

最近は、分散として株も考え始め、実践しながら学んでいます。

イケイケ相場になりつつありますが、ずっと上がり続ける相場はないことを仮想通貨で学び、リスクの少ない国債などが多少あるだけです。

とはいえ、最近になってようやく国が本格的に投資を推奨しはじめたことや、売りポジションが多く、ネットでは株の暴落論が多く見られ、人々が殺到している感がないのでまだ大丈夫そうです。

 

しかし、10年以上米国株が上がり続けているのは事実。

だいぶ上昇が高いなー、とも感じています。

暴落用に現金多めです。

 

最後に

ビットコインに関しては、ある程度は未来が予測できていると思います。

 

Facebookのリブラ、中国の国家デジタル通貨発行や、日本もビットコインを金融資産として「暗号通貨」ではなく「暗号資産」という名称し、通貨というよりも金と同じような位置づけとして扱っていこうという考えからもわかります。

 

よって、規制をうけながらも、そこそこの規模でビットコインは今後も浸透していくかと思います。

 

ボビーオルゴン、2010年から仮想通貨の採掘をしていたことが話題に
かにたまです。 坂上&指原のつぶれない店SPという番組でタレントのボビーオルゴンさんが8年前の2010年初頭から仮想通貨(ビットコイン)の投資をしていたことが明らかになり、話題になっています。 また、ボビーさんは仮想通貨...

そこそこの規模と書いたのは、ビットコインは通貨としての役割を持っています。

 

よって、将来的には国家通貨の足かせとなり、大きくなりすぎると中央がおらず国でも止められないためボビーさんの言うとおりにビットコイン自体を禁止にされる可能性もゼロではありません。

ビットコインより規模が大きなFacebookの仮想通貨リブラへの現在の米国の圧力を見ると、その危険性を感じ取ることができます。

 

過去の歴史を見ても国策は絶対です。

かつて、日本では不動産バブルで土地に制限をかけたり、そもそも通貨自体も金から米国の政策で紙幣になった歴史があります。

よって、ビットコイン取引を全世界で禁止にする可能性もゼロではないのです。

 

なお、僕はビットコインは持っている分だけのガチホ。

現在、トレード分でアルトコインを購入しています。

仮想通貨Qtum(クァンタム)とは?将来性、特徴、価格チャートについて
かにたまです。 本日は、執筆段階で時価総額31位に君臨するアルトコイン「Qtum」について記事にします。 Qtum(クァンタム)とはどんな仮想通貨なのか?その特徴や将来性、価格チャートや購入おすすめ取引所などをご紹介します。 良かった...
仮想通貨VeChain(ヴィチェーン/VET)とは?特徴や将来性について
かにたまです。 本日は記事作成段階で時価総額26位にいる仮想通貨VeChain(ヴィチェーン/VET)について。 VeChain(ヴィチェーン/VET)とはどんな仮想通貨なのか?その特徴や将来性、価格チャート、売買できるおすすめ取引所に...

最近では、QtumとVechainを集めています。

 

2020年にかけて大きく伸びそうなアルトコイン3選【予想】
かにたまです。 2018年に暴落を続け、2019年には多くのアルトコインが対BTC建で大きく落ち込みました。 この様子を見て、中にはもうアルトコインは「オワコン」という人もいます。 今年の2019年、有価証券化を恐れて、い...

集めている理由は、上に記載している通りです。

 

アルトコインは購入後の不安点はあります。

 

中国国家のデジタル通貨ができればVechainなどの中国銘柄は、米国に対応すべく協力体制をひいて保護される可能性はあるかもしれないと考えています。

それにVechainは中国が力を入れていくブロックチェーンで特許の多い企業でもあります。

 

しかし、中国は表向きで既にビットコインなどの仮想通貨の取引を禁止にしています。

逆につぶす可能性もあるな・・・と迷う面もあります。

 

正直、中国銘柄は、これまでのように国家の影響をモロ受けるので、リスクが高いと思っています。

 

仮想通貨の有価証券問題によりアルトコインの取引停止が相次ぐ
かにたまです。 最近、米国ユーザーに対しアルトコインの取引停止が一部の仮想通貨取引所で起こっています。 そして、銘柄は日本でも取引されているXRP(リップル)、LSK(リスク)、FCT(ファクトム)、NEM(ネム)、時価総額上位のEOS...

また、アルトコインは規模が小さく、有価証券問題などビットコインの以上のリスクがあります。

 

とはいえ、ビットコインのようにある程度は予測できる未来より、より不確実な未来に投資してみたいと考えています。

 

アルトコインとは?ビットコインとの違い、リスクや魅力について
かにたまです。 本日は「アルトコイン」と呼ばれている仮想通貨について記事にします。 アルトコインとは何か?ビットコインとの違い、そのリスクや魅力などを記載します。

仮想通貨を「暗号資産」として浸透していくべく日本をはじめ国の規制が厳しくなっていることも事実です。

よって、アルトコインのへの投資は、今まで以上にリスクも高く、ご注意ください。

 

ただ、僕はリスクを許容し、過去のデータを見てタイミングは今だと自分の判断で仮想通貨の投資を現在もしています。

 

これからの仮想通貨の飛躍が楽しみです。

 

コメント