ビットコイン、1万ドルを軽々と超える高騰!再びバブル時代の突入か

bitcoin相場分析・データ
スポンサーリンク

かにたまです。

ビットコインが1万ドル(107万円)を突破しました。

 

日本では法廷通貨の円で100万円で桁が変わりますが、世界の基軸通貨はドル。

世界中で購入できるビットコインは1万ドルが意識されていました。

しかし、1万ドル軽々と突破し、急騰を見せています。

 

実は、いまビットコインバブルの前兆が出ています。

一体、何が起こっているのか?記事にします。

 

スポンサーリンク

ビットコイン1万ドルを突破、1年3ヶ月ぶり

昨年の暴落が続いた2018年に現在の1万ドルを突破すると予想した人は果たしていたのでしょうか?

 

ビットコイン

Bitcoin (BTC) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap
Get Bitcoin price, charts, and other cryptocurrency info

BTC/USD(ドル)チャート。

ビットコインが1万ドルを突破しました!

記事作成段階(2019年6月22日16時ごろ)で約10,763ドルほどまで上昇しています。

 

なお、1万ドルは2018年3月以来。

約1年3ヶ月振りの復活になっています。

 

BTC/JPYチャート

BTC/JPY日足チャート。

ここ最近は特に急騰。

上画像の黄色い線である200日線からかなり上に乖離(かいり)しています。

 

ビットバンク 口座開設法、リップル、ライトコイン購入向け【図解】
仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank)の登録から口座開設までを図解解説します。 ビットバンクは国内金融庁認可の取引所で特にリップルとライトコインの購入にはおススメできる取引所です。 口座開設はこちらから ⇒ ビットバンク公式ページ...

チャートはビットバンクのものを利用しています。

 

1万ドルの上昇の背景

ビットコイン80万円越え!世界最大の仮想通貨イベントが開催!
かにたまです。 昨日、ビットコインが凄まじい伸びを見せ、前日比で10%以上アップ、80万を軽々と超えました。 年内最高値を更新したビットコイン。 一体何が起きているのでしょうか? また、仮想通貨最大のイベントのコンセンサス2019開...
ビットコイン90万円へ!高騰はなぜ?ETF?米中関係の悪化が影響?
かにたまです。 ビットコインが連日のように急騰を見せ、90万円を突破しました! 先日、80万を突破したばかりですが、本当に凄いですね。 一体、なぜ高騰しているのか一緒にみていきましょう!

上記事で述べたような世界的な経済不安や、GAFAの一角であるFacebookが仮想通貨を作り始めたこともあり、機関投資家等が関心を持ち始めたこともあるでしょう。

 

ビットコインとは?購入前に仮想通貨初心者が絶対に知っておくべきこと
かにたまです。 仮想通貨(暗号資産)市場で最も大きな存在である「ビットコイン」について記事にします。 ビットコインとは何か?その特徴、問題点、今後の見通し、価値をあげた理由、購入前の注意点、どうして影響力が強いのか?など初心者が知っ...

特にビットコインの半減期が2020年5月に起こることが大きいかなと思っています。

高い電気代をかけてつくられているビットコインが6.25BTCの報酬減はあまりにも大きいです。

個人的にも2019年の今年はアルトよりもビットコインの保有率を高める事を推奨しています。

それくらい基軸であるビットコインの半減期は大きいイベントかと思われます。

 

また、現状のアルトはビットコインに釣られて上がっています。

よって、ビットコインが下がるとアルトはもっと下がる可能性があります。

 

ビットコイン価格下落も採掘速度や難易度が最高値を更新し続ける理由
先日、ビットコインの採掘速度(ハッシュレート)と採掘難易度(ディフィカルティ)が最高値に達しました。 ビットコインの価格が上がり続けても、これらが上昇し続けるのは何故でしょうか? 本日は、その理由を記事にします。

現在、ビットコインのハッシュレートは、2017年次のバブルのピークよりも高く、過去最高クラスとなっています。

 

ビットコイン年内100万円に向けて力強い動き、高まる期待
かにたまです。 ビットコインが堅調です。 2019年1月末には1ビットコインあたり36万円まで下落したビットコイン。 しかし、記事作成段階では94万円まで上昇しており、非常に力強い動きを見せています。

他には、FATF(金融活動作業部会)が暗号資産のマネロンに関する監視方法を明確化するためのガイダンスを出したことも大きいと思います。

内容は、主に本人確認の徹底や、取引所のウォレット等の口座情報の開示などです。

 

ビットコインETFの承認後の動きを金の長期チャートから学ぼう!
ビットコインの価値を大きく上げるとされているETFが認められるかどうかが話題になっています。 ビットコインはデジタルゴールド、つまり金のようなものだと言われていることから金のETFが認められた時、どうだったのか過去の歴史を調べてみました。...

世界的なマネロンの規制方針が定まったことでビットコインETFに向けて前進した印象があります。

ビットコインETFの認可されない要因の1つはマネロンですからね!

このようなこともあり、僕の中ではビットコインETFはいずれ認められると予想しています。

 

そして、日本では仮想通貨法律改正案が閣議決定され、2020年6月までに「仮想通貨」から「暗号資産」に名称が正式に変更されることが決まっています。

詳細は、金融庁の情報通信技術の進展に伴う金融取引の多様化に対応するための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律案をご覧ください。

 

2017年のバブルも4月に仮想通貨法案が施行され、国に認められた年に起こりました。

2020年への期待感がいっそう増しますね。

 

かにたま
かにたま

期待による投機面と、ビットコインのインフラ(基盤)が整いつつあることが急騰の要因でしょうか。

 

仮想通貨バブルの予兆が出ている

現在、仮想通貨バブルの予兆が出ています。

※2012年からのデータになります。

 

なぜか?

 

理由は、過去のデータを見るとわかります。

ビットコインのバブル時代は5ヶ月上昇後、1ヶ月調整をし、その後に来るいうデータがあります。

 

今の状態はまさにその傾向が見られているわけです。

 

BTC./JPY月足

BTC/JPY月足。

現在のビットコインは5ヶ月連続で上昇しています。

 

実はビットコインの5ヶ月連続の上昇こそ過去のデータでバブルの前兆に見られる光景なのです。

 

では過去の状況を見て見ましょう。

 

2013年のバブル時

2013年にはビットコインのバブルが起こりました。

バブル前の2012年5月から9月まで5ヶ月連続で上昇

その後、2012年の10月に調整が起こり、以後、バブル時代に突入します。

 

2017年のバブル時

次に2017年のバブルを見てみましょう。

人類史上最高のバブルになった年ですね。

次の仮想通貨バブル再来に備えて知っておきたい嘘のような真実
暗号資産(仮想通貨)市場では、チャートを見るとわかりますが、約4年に1度の周期でビットコインの暴騰&暴落がおこっている歴史があります。 そこで2017年などバブル時の出来事を書き記しておき、今後、再び起こる可能性があるバブルの指標になれば...

2017年のビットコインバブル時代には、上記事のようなことが普通に起こっていました。

 

2017年の4月~9月まで5ヶ月連続で上昇

その後、10月は調整をし、年末にバブルが起こりました。

かにたま
かにたま

2度あることは3度あるのか?それとも3回目は来ないのか?どちらにせよ、2012年以降の過去2回のビットコインバブルはいずれも5ヶ月連続上昇後の調整後に起こっています。

 

ビットコインのチャートは200日線を意識

「2、3日FOMOしたらすぐ過去最高値」 仮想通貨ビットコイン強気派トム・リーが大胆発言
6月17日午後17時30分のビットコインは、日曜日の急騰から一服。現在は9200ドル付近で推移している。ビットコイン強気派として知られるファンドストラット代表のトム・リー氏は、200日移動平均線突破が大きかった改めて回想し、2、3日FOMO(取り残されることへの恐怖)が発動すればすぐに2万ドルの過去最高値に到達すると予...

アナリストのトム・リーさんの述べているようにFOMO(連日のビットコイン上昇に対して取り残されたくない思いから購入してしまう心理)次第では更に上がっていく可能性はあります。

ただ、現在、驚くべき急騰を見せているビットコインですが、現在、200日線からは大きく乖離し、非常に高い位置にあります。

よって、急落するリスクもより高まっています

 

ちなみに、ビットコインが連続で伸びた月の最高記録は6ヶ月2012年11月~2013年の4月までのバブル期の過去1度だけです。

 

明らかに現在は高値圏であり、冷静になることも必要かと思われます。

2012年も2016年もバブル崩壊からの暴落後にはじめて200日線を越えてから上昇トレンドに転じています。

しかし、どちらも大きく上に乖離すると200日線付近まで大きく落ちていました。

こういう過去のデータもありますので、僕なら200日線付近まで大きく落ちたら購入します。

 

もしくは、以前ツイートしたようにビットコインの長期積立ですね。

 

ビットコイン積立は最強の投資法だった!どこで購入し始めてもプラスに
かにたまです。 昨日は1BTC97万円を記録し、ビットコインが回復してきましたね。 とはいえ、2017年12月には240万を記録したビットコイン。 現在でも含み損の方もいるでしょう。 そんな中、ビットコインの積立であれば、ピーク時か...

ビットコイン積立は長期で見ると恐ろしいほどのパフォーマンスを見せています。

 

ただ、僕もトレード分は82万円で売りFOMOになる心理もわかりますし、前述したように5ヶ月連続上昇からの調整後にビットコインバブルが起こっています。

また、過去のチャート通り大きく落ちたら今の価格など余裕で越す可能性もあります。

 

2019年度以降のビットコインの次のピーク価格(上限)を予測してみた
ビットコインが取引開始された頃の価格は0.07円。 現在、43万円を推移していますが、2017年のピークには230万円ほどに達しました。 そう、ビットコインは過去に大きく暴騰し、最大80%ほど下落するバブルが過去3度起こっています。 ...

↑実際、僕は次の仮想通貨バブルのピークはここまで上がると思ってます。

急落も長い目で見れるなら今の価格は安いかもしれません。

 

コメント