ビットコインキャッシュ(BCH)とは?特徴や将来性、購入おすすめ取引所

ビットコインキャッシュ アルトコイン
スポンサーリンク

かにたまです。

星の数ほどある仮想通貨から国内の金融庁認可の取引所にある、つまり、日本で認められている仮想通貨について記事を書いていくシリーズ。

本日は「ビットコインキャッシュ」ことにBCHついて記事にしたいと思います。

この記事を読めばBCHの特徴、将来性、ビットコインとの違いなどが良くわかると思います。

良かったらご覧ください。

※金融庁認可は2018年7月段階。

今後、変更の可能性もあることはご了承ください。

下リンク先から確認できます。

https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

 

スポンサーリンク

BCH基本情報

名前:BitcoinCash(ビットコインキャッシュ)

通貨単位:BCH

発行上限:2100万枚

公式サイト :https://www.bitcoincash.org/ja/

2017年8月にビットコインから生まれた、まだ新しい仮想通貨です。

 

BCHの特徴

BCHの特徴

大きな特徴は以下の2点です。

 

・手数料が安い
世界中のどこにいても1円以下(取引所手数料除く)

・送金遅延が起こりにくい
ブロックサイズ、つまり1度に受け入れられる容量が大きいためです。

 

現在のビットコインキャッシュは32MBのブロックサイズは、ビットコインの32倍です。これによりPaypal並の処理が可能になっています。

現状では完全にビットコインの性能を上回っています。

 

ビットコインとの違い

ビットコインキャッシュは”Peer-to-Peer Electronic Cash”という元々のビットコインのプロジェクトを引き継ぐ存在です。ビットコインキャッシュはビットコインのブロックチェーン台帳からのフォークで、さらなる成長と拡大を可能にする進化した合意形成ルールを備えています

公式ページにはこのように記載されています。

ビットコインとの大きな違いとして「ブロックサイズを拡張できる」点が挙げられます。

 

BCHの誕生した理由

ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコインから分岐して生まれました。では、どうして分岐して別々の仮想通貨として歩む事になったのでしょうか?

 

結論から言いますと、ビットコインの性能に限界が見られたにも関わらず、ブロックサイズを大きくしなかったからです。

 

ブロックサイズが拡張でき、小額決済ができる真のビットコイン作ろうというメンバーが集まりビットコインキャッシュが生まれました。

 

ブロックチェーン説明

四角い箱・・・ブロック
黒丸●・・・取引情報

ビットコインは、ブロックチェーンというものが使われています。

ビットコインのブロックチェーンとは、上図のようにブロックと呼ばれている箱の中に記録された取引情報を入れ、それを数珠繋ぎにしたイメージです。

 

ビットコインのブロックサイズの歴史について、なぜ大きくしないの?
ビットコインキャッシュ(BCH)のブロックサイズが8MBから32MBになる等のハードフォークが近づいています。 そこで、本日は、ビットコインのブロックサイズに関する記事をかきたいと思います。 良かったらご覧下さい。

このビットコインのブロックは1MBで拡張することはありません。なぜならブロックサイズを拡張することで、これまで守られていたビットコインの安全性が壊れる可能性があると危惧しているからです。

しかし、近年、利用者が急激に増えたことにより処理が追いつかなくなっていました。

 

ビットコイン未確認取引

すると、ビットコインの送金遅れが目立ち始めました。

上図は2017年5月12日頃です。

この頃になると、ビットコインの未確認取引の件数が165357件に増えていました。

未確認取引が増えるということは、それだけビットコインの送金遅延が起きているということです。

僕は、この時にビットコインを送金したことがありますが、送金から着金まで1日以上もかかりました。もし、買い物にいって支払いの時に送金するのに1日もかかったら使い物になりませんよね。

 

ブロックチェーン説明図

ビットコインの送金をより送金してもらおうとすると、ビットコインの採掘者であるマイナーに支払う手数料も上げるように設定すれば優先的に送金してもらえます。

※ビットコインはアマゾンのお急ぎ便のように優先的な送金が可能です。

こうして送金の遅延により、速くビットコインを送金するには手数料も高く設定するしか無くなってしまったのです。

送金の速さと手数料の安さが売りのビットコイン。それが利用者の増加で送金は遅くて手数料が高くなるという事態が起きました

すると、こうなります。

 

怒った男性のイラスト

「ビットコイン、ぜんぜん届かないぞ!!早く届けるのには手数料高くしないといけないなんて!ヽ(`Д´)ノプンプン」

 

考える男性のシルエット

「あかん・・・。これは何とかしないと・・・。」

 

そこで、Segwitというものが実装されました。

segwitのイメージ図

ビットコインのデータは、箱の中のブロックの中にあります。

Segwitは取引情報を圧縮して1度にたくさんデータを贈れるようにして、送金遅れを解消しようとしました。

これで事は解決したかのように思われました。

しかし・・・

 

怒っている男性のイラスト

「Segwit終わったんでしょ!?また送金遅延が起こっているぞ!」

 

ビットコイン未確認取引数16370Segwitが実装されてもビットコインの未確認取引(送金遅延)が度々見られました。

Segwitの実装で10分間の取引処理が4000→7000に増えました。しかし、昨年の仮想通貨増加人口は急速に増え、2倍程度では遅延が解消されませんでした。

更にSegwitに対応していない取引所等もありました。

 

f:id:moneygamex:20180412174006p:plain

かにたま「つまり、Segwitを実施しても送金遅れや手数料は高いままで状況は大して変わらなかったということになります。」

そして、こう提案する人が現れました。

 

お手上げの男性のシルエット

「これじゃ利用者が増えたら更に使い物にならない。遅くて手数料も高くしないと素早く小額送金もできないビットコイン。これではサトシナカモト(ビットコインの生みの親)の理念に反する(※)。よし!1度に処理をより多くできるようにブロックの大きさを大きくしよう!名前は・・・ビットコインキャッシュでいこう!」

(※)もともと ビットコインはブロックサイズに制限がないという設定でした

しかし、リソースの無駄、安全性が危うい等の指摘がされ、ビットコインの生みの親であるサトシナカモトは1MBに変更した経緯があります。

 

ビットコインキャッシュのブロック拡大の説明図

ブロックのサイズ、つまり、情報が入る箱の中身を大きくして、沢山の情報を入れたものを使おう!という意見が出てきました。

ブロックサイズを8MB、つまりビットコインの8倍ブロックを大きくすることを考える人が出てきたのです。

こうすれば沢山情報が入るので、送金遅れがなくなるだろうと考えました。

 

すると・・・

考える男性のシルエット

「うーむ、確かに今のままのビットコインでは使い物にならないな。僕もビットコインキャッシュの発展に協力しよう!」

 

ジハン・ウー

「マイニングはわたくしめにお任せを。」

 

こうしてビットコインの開発者の一部や、マイニングを行うマイナー、コミュニティからビットコインキャッシュの支持を集めました。

 

ビットコインキャッシュ

こうして生まれたのが「ビットコインキャッシュ」です。

ビットコインキャッシュのブロックサイズは、現在は8MBから更に増え、32MBになりました。これは、ビットコインの32倍あります。

このようにブロックに余裕を持つこと(ビックサイズになるといいます)で混雑が解消でき、ビットコインキャッシュの送金の手数料は1円以下、送金遅延もなく利用できています。

 

ビットコインキャッシュ誕生の理由

Bitcoin Cash – Peer-to-Peer Electronic Cash

ビットコインの1MBという制限がビットコインキャッシュを生んだとも言えます。

ビットコインキャッシュは小額決済も行えるようにするという明確な意図があります。

今のビットコインでは送金遅延が酷くて手数料も高い、すなわち、小額決済は難しいということです。

 

BCHの今後

BCHの使用ブロック容量を10%に圧縮する技術「Graphene」が提案されたりと世の中の全ての人が使っても問題が起こらないように日々改良されています

 

5月にはイーサリアム(ETH)の技術である基本的なスマートコントラクトも導入されました。今後はビットコインキャッシュからイーサリアムのようにトークンが生まれるのかもしれません。

ビットコインキャッシュの現在の性能は明らかにビットコインより上です。

 

しかし、検索数等を見れば明らかですが、まだそれほど浸透していません。

なぜなら、生まれてからまだ1年も経っていないこれからの仮想通貨だからです。

 

ライトニングネットワークとは?手数料が安い?実装はいつ?利点欠点
本日はビットコインで期待されている技術であるライトニングネットワークについて記事にします。 ライトニングネットワークとは何か?なぜ期待されているのか?実現化に向けてどこまで進んでいるのか?等を記事にしたいと思います。
アトミックスワップとは?仕組み、ビットコインとライトコインで成功!
以前、ライトコインのライトニングネットワークのテストが成功したことは記憶に新しいのですが、先日、ビットコインとライトコインの「アトミックスワップ」と呼ばれているものが成功しました。 重要な技術なので、その仕組みを記事にします。 ※技術的...

ビットコインも小額決済を実現する「ライトニングネットワーク」「アトミックスワップ」というような技術も研究開発、テストされていますので、完成するまでにどれだけ認知されるかが鍵になってくると思います。

まだ新しい仮想通貨あり、取引高も仮想通貨の中ではそこそこ高く、この調子で広がっていけば、より大きな存在になっていくと思います。

 

2018年6月、ロジャーバー氏によるとビットコインキャッシュのコンビニ決済があるコンビニで出来るようになるということが明らかになりました。

「電子マネーがあるからいらないよ。」と思うかもしれませんが、使われるだけでも認知度が大きく上がりますし、こういうことが広がって全世界のコンビニで使えるようになると巨大なマーケットとなります。

数年後が楽しみな仮想通貨です。

 

BCHの価格

 

↑BCHの価格

f:id:moneygamex:20180706134555j:plain

Bitcoin Cash (BCH) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

↑BCHのチャートはこちら

過去の値動きを見てみましょう。

2017年8月:約550ドル
2018年7月:約700ドル
ピーク時:4234ドル

昨年の人類史上最高のバブルにのっかかり、1度大きく上がって元通りに近づきつつあります。

歴史の浅さから、急上昇後に急落していますが、この辺りは過去のビットコインと似ています。

 

国内取引所でBCHを購入するには?

国内取引所でBCHを安く購入するならbitbankZaifさんが良いでしょう。

どちらも金融庁認可の取引所です。

 

Zaif

 口座開設はこちらから ⇒ Zaif公式ページ

ザイフ(Zaif)口座開設法 NEMやモナコイン購入向け【図解】
仮想通貨取引所ザイフ(Zaif)の登録から口座開設方法までを図解解説します。 ZaifはNEMやモナコインを購入する際には特におススメの取引所です。 口座開設はこちらから ⇒ Zaif公式ページ

 

bitbank

口座開設はこちらから ⇒ ビットバンク公式ページ 

ビットバンク 口座開設法、リップル、ライトコイン購入向け【図解】
仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank)の登録から口座開設までを図解解説します。 ビットバンクは国内金融庁認可の取引所で特にリップルとライトコインの購入にはおススメできる取引所です。 口座開設はこちらから ⇒ ビットバンク公式ページ...

 

BCC=BCH(ビットコインキャッシュ)のことです。

上表は、記事作成段階の手数料になります。

 

コメント