ビットコインが上昇してもリップルが伸びない理由、なぜ?

XRPロゴ相場分析・データ
スポンサーリンク

かにたまです。

最近、ビットコインや一部のアルトコインが調子が良く上昇し続けているのにも関わらず、リップルは全く伸びない状況が続いています。

本日は、リップルがビットコインに対して伸びない理由を記事にしたいと思います。

良かったらご覧ください。

 

スポンサーリンク

ビットコインが上昇してもリップルが伸びない3つの理由

チャートの形が悪い

XRP/BTCチャート

こちらはXRP/BTCの過去2ヶ月のチャートです。

これを見れば明らかで、移動平均線がすべて下を向いていてチャートの形が悪すぎます。

このような明らかな下降トレンドではXRPの買いを入れるのは勇気がいります。

下落トレンドでも移動平均線の乖離から反発狙いで買いを入れるプロみたいな人もいますが、「落ちているナイフはつかむな」と言われているように素人には難しいと思います。

 

平成29年度国内仮想通貨取引状況

仮想通貨バブル時代の2017年度の一般財団法人日本仮想通貨交換業協会によると国内取引の8割以上が信用・FX取引です。

材料が反映されず、短期売買でチャートの形が重視される傾向があります。

 

ビットコインのターンと書いたのは、過去のXRP/BTCのチャートを見るとわかりますが、非常に波があり安定していません。

よって、どちらかが上昇、下落率が高い時が続いているわけです。

 

過去のデータを見ると、このターンは最長で4ヶ月続くことがありました。

今回、2019年4月現在、すでに4ヶ月目のビットコインのターン。

過去のデータ通りなら来月の5月からはリップルのターンになるはずです。

 

仮想通貨市場でゴールデンウイーク中の注意点と値動きの傾向
かにたまです。 2019年のゴールデンウィーク(GW)が近づいています。 今年は5月1日に新天皇即位で祝日となり、最大で10連休という長いものになっています。 この間、世間的には休日ですが、相場は24時間動き続けています。 そこで、...

過去のデータからゴールデンウイークは、ビットコインは安定する傾向にあります。リップルが急上昇を見せる可能性はありますね。

 

リップルがビットコインよりも伸びているため

バブルが始まる前の2017年の1月頃はBTC11万に対してXRPは0.7円

現在の2019年4月、BTCは60万に対して、XRPは37円でした。

 

過去2年の伸び率(2017年~)

BTC:11万→ 60万円(約5.45倍)

XRP:0.7円→ 37円(約52.85倍)

つまり、年単位で見れば伸び率はリップルの方が明らかに高いです。

よって、BTC(ビットコイン)が上昇してXRP(リップル)が上昇しない時があっても不思議ではありません。

 

リップルの上昇ターンは短いことが多いのですが、ターンが来たときの上昇率はおかしなくらい伸びます。よって、上昇しない時期は長いのですが、総合的にはリップルの方が10倍ほど伸びているわけです。

 

リップルが恐ろしく伸びる時期は短期で急上昇

2017年にリップルが大きく伸びた時期をご紹介します。

このようにリップルは短期で急上昇する傾向があります。

よって、上昇していない期間も長いのです。

かにたま
かにたま

2017年のリップルは急上昇で3回とも1ヶ月で10倍以上伸びるという恐ろしいデータが残っています。以下のようにリップルは上昇期間の伸びが凄まじいために下落や伸びがない時期が長いのです。

 

2017年3月ごろ

2017年3月頃のXRPチャート

最初は2017年の3月末ですね。

わずか1ヶ月で0.7円→8円ほどまで伸びました。

その後3円まで下落しています。

 

2017年5月ごろ

2017年5月頃のXRPチャート

わずか1ヶ月で約4円から50円ほどまで上昇しました。

その後はだらだらと下げ続けることになります。

 

2017年12月ごろ

2017年12月頃のXRPチャート

そして、2017年の12月には25円から最高400円ほどまでに上昇しました。

 

フォロワー21万の海外有名トレーダー、リップルは300ドルを超えると予想

海外でフォロワー21万超の有名トレーダーであるCryptoRand(@crypto_rand)さんの予想によると、リップルは2019年4月末には300ドル(約3,3万円)を超えると予想されています。

 

あまりの見当違いな予想に「クレイジー」「エイプリルフールか?」「300ボリバルならありえる」などと声があがっています。

 

ただ、XRP/BTCの下落期間は4ヶ月続きましたので、5月はビットコインがこの価格を維持できれば急上昇の確率もあるかなと感じています。

もっとも300ドルはないと思いますw

 

仮想通貨の飛躍の鍵はインフルエンサー!?マカフィー砲が大暴れ!
仮想通貨界の絶大なインフルエンサーであるジョン・マカフィーさんによるマカフィー砲が大暴れ中のようです。 これぞインフルエンサーという動きを見せているわけですが、そもそもこのジョンマカフィーとは誰か?どんな通貨が彼の影響を受けたのか?どうし...

バブル時にこんなツイートがあれば急上昇したかもしれませんが、現状の仮想通貨界隈の状態ではインフルエンサーの発言に相場が左右されることはあまり無さそうです。

バブル時は大きな影響力がありました。

 

なお、このツイートから数日後、以下のように述べています。

本当にXRPが3日間で98,829%価格上昇すると思っていたなら、今すぐに取引をやめた方がいい。

 

最後に

リップルの上昇期間は急激で短期的なものであり、停滞期が長いためにビットコインが伸びているのにリップルはぜんぜん伸びないな、と感じてしまうことがあります

 

しかし、データを見てみれば、近年ではビットコインよりもXRPが伸びていることは明白です。

 

ビットコインのドミナンスとは?その理論、意味や調べ方について
2018年初からの仮想通貨市場は大幅に下落しています。特にアルトコインが酷く、ビットコインのドミナンスが50%まで回復しました。 さて、このドミナンスとは何でしょうか? この意味や調べ方、傾向などをわかりやすく記事にします。

イーサリアムやリップルなどのアルトコインが躍進していることでビットコインはドミナンスを大きく下げているのです。

 

2019年4月のコインマーケットキャップ BTC,XRP,ETH

今やリップルはビットコインの14%の程度までの規模に拡大しました。

 

2017年1月のコインマーケットキャップ BTC,XRP,ETH

2017年1月1日は1.5%にも満たない規模でした。

 

XRP(リップル)が国際送金成功!大幅な時間短縮とコストダウンへ
先日、リップルの国際送金が実際に行われ、既存のシステムに比べて送金料と時間が大幅に短縮されたことがわかりました。 ではどれ位で送金ができて短縮されたのでしょうか?

まだ試験的な部分があるものの、一部で国際送金も開始され、規模を拡大し、成長しています。

 

仮想通貨リップル(XRP)の所持者リップラーから学ぶ団結と信仰心
仮想通貨のリップル(XRP)の勢いが止まりません。 所持者は団結心と信仰心を高めています。 確か、2017年の3月くらいの時は1XRPが1円以下でしたが、今や160円を超えています。 今日は、リップルの性能などではなく、リップル所持者...

リップルは国際送金をより良くするという明確な目的があり、狙っている市場が非常に大きいので、期待している方も多い通貨です。

 

Ripple(リップル)の特徴や仕組み、将来性、価格について
仮想通貨リップル(Ripple/XRP)が登場した理由や、その特徴や仕組み、今後の将来性、価格、取り扱いのあるおすすめ取引所について紹介しています。

検索数はビットコインを越えており、今後も注目を集めていくと思われます。

コメント