Bitbank(ビットバンク)貸仮想通貨サービス開始!税金はかかる?

bitbankニュース
スポンサーリンク

bitbank(ビットバンク)で貸仮想通貨サービスが開始されました。

本日はどのような仕組みなのか?貸仮想通貨サービスで税金はかかるのか?

実際に試してみた様子などを記事にします

 

スポンサーリンク

 Bitbankにて貸仮想通貨サービス開始

f:id:moneygamex:20180526125956j:plain

2018年5月25日より貸仮想通貨が開始されました。

貸仮想通貨とは、名の通り仮想通貨を貸して増やす銀行預金のようなサービスです。

詳細は「こちら」をご覧下さい。

 

f:id:moneygamex:20180526131053j:plain

預けられる額は1~25BTCまでで、数量により年利が変化していきます。

 

f:id:moneygamex:20180526131256j:plain

中途解約はできますが、5%の手数料という名の違約金が必要になります。

 

多くの仮想通貨は、投資の神様であるウォーレンパフェットさんが言っているように持っているだけでは何も生み出しません。

また、現在はビットコイン以外は殆ど使える場所がないので、1年という固定期間はあるものの貸し出しをして増やすのは非常に有効であると感じています。

 

bitbank(ビットバンク)貸仮想通貨サービス説明

今後、リップル、ライトコイン、イーサリアム、モナコイン、ビットコインキャッシュ等の通貨でも貸し出しする事ができるようです。

 

貸仮想通貨サービスの税金について

貸仮想通貨で得た仮想通貨には「貸借料」として税金がかかります

例えば、10 BTCで年利5%とすると0.5BTC増えます。これが貸借料となります。

※貸借料には、税金が課税される場合があります。課税制度の詳細については、税理士、税務署などにお問い合わせください。

記事作成段階では、仮想通貨の貸借料についてもあいまいである状態です。

仮想通貨のレンディングサービスとは?資産運用で人気の理由

 

ビットバンクについて

金融庁と日本仮想通貨事業者協会

・関東財務局長(仮想通貨交換業者)登録番号 第00004号
・一般社団法人 日本仮想通貨事業者協会 加入

国に認可された仮想通貨取引所です。

 

ビットバンク取り扱い通貨

上記の通貨を取り扱っています。

 

ビットバンク24時間取引高

bitbankは急成長している取引所で今や取引高は世界26位まで上昇しました。(記事作成段階時)

 

 

リップル取引高ランキング

Ripple (XRP) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

躍進の理由は、日本でも人気の出てきたリップル(Ripple)を安く購入できる点でしょう。なんと昨日のリップルの出来高では世界一でした。

 

 

XRPチャート

リップルの出来高が年初のピーク時より多いですねw

 

ビットバンク手数料

それもそのはず、なんと2018/06/30 00:00まで全通貨売買手数料が無料のキャンペーンを行なっています。

 

手数料無料は良いですね。

特に日本円で購入できるライトコインやリップルの購入に向いているでしょう。

 

他には、サーバー落ちも殆ど起こっていませんので、徐々に取引所として信頼を得てきている点もあります。

 

 

Bitbank(ビットバンク)、貸仮想通貨サービスを試してみたが・・・

Bitbank(ビットバンク)の貸仮想通貨サービスの貸して増やす

早速、取引所を開設して貸仮想通貨申請しようと思いましたが、開設したばかりで本人確認がまだでした。現在、申請中です。(‘、3_ヽ)_バタッッ

 

Bitbank(ビットバンク)の貸仮想通貨サービスの本人確認

日本の取引所では本人確認は必須です。

本人確認を申請後、ハガキがくるまで待つことになります。

ビットバンク 口座開設法、リップル、ライトコイン購入向け【図解】
仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank)の登録から口座開設までを図解解説します。 ビットバンクは国内金融庁認可の取引所で特にリップルとライトコインの購入にはおススメできる取引所です。 口座開設はこちらから ⇒ ビットバンク公式ページ...

 

コメント