バイナンス、ウクライナ政府と協力してワーキンググループを設立へ

バイナンスニュース
スポンサーリンク

先日、海外取引所のBinance(以下、バイナンス)ウクライナの政府機関であるデジタル変革省は、同国の仮想資産と通貨の潜在的な法的地位を確立する立場を形成することで協力するための署名覚書(MoU)を発表しました。 

 

スポンサーリンク

バイナンスがウクライナ政府とタッグ

バイナンスはウクライナ政府と協力するための署名覚書(MoU)をプレスリリースで発表しました。

 

バイナンスは、ブロックチェーン技術を使用して、仮想資産または仮想通貨への権利の移転のための透明で効果的なメカニズムの開発、ならびにウクライナでの投資およびビジネスにとって有益な条件の開発を支援するとのことです。

協力協定の一環として、ウクライナとバイナンスのデジタル変革省は、ウクライナでのブロックチェーン技術の実装と新しい仮想資産と仮想通貨市場の作成のための戦略を策定するワーキンググループを設立します。

 

ウクライナのデジタル変革担当副大臣であるミハイロ・フェドロフは、次のように述べています。 

「ついに、ウクライナは、行政機関、立法機関、および市場がウクライナの暗号通貨市場の規制を理解するようになった状況にあります。今年の終わりまでに、デジタル変革部は、議会の議員および商業会社の代表者とともに、関連法案の作業を終了し、議会に提出する予定です。」

同国のオレクシー・ズメレネットスキー議員もFacebookの投稿で完成間近と述べており、ウクライナの暗号法が成立するのは時間の問題でしょう。

 

フェドロフ大臣は続けてこう述べています。

「このステップのおかげで、ウクライナ人と世界の暗号通貨会社の両方が、ウクライナで公然と透明に運営できるようになります。法的枠組みと市場規制の条件を形成する段階で私たちにとって非常に役立つため、バイナンスが助言的な支援を提供する意思があることを歓迎します。」 

 

対して、バイナンスのCEOであるCZはこう述べています。

「私たちは提携を喜んでいる。デジタル変革省との協力を開始し、政府の開発支援にブロックチェーン技術の分野における野心的な計画と大きな可能性を感じています。

この分野における暗号通貨の合法化とそれに対応する進歩的な法律の採用は、ウクライナ経済のプラス成長を刺激し、国への追加投資を誘引する重要な推進力の1つになります。

私たちは、同省の計画に参加できたことを光栄に思います。

また、公的および企業の両方のニーズを満たしながら、世界的な専門知識がウクライナで最も有利な形成および規制慣行に貢献することを期待しています。」 

 

ウクライナのデジタル変革省とは?

ウクライナを現代のデジタル国家に変身させる政府の中央執行機関です。

省は、次の分野で公共政策を実現しています。

:デジタル化、電子ガバナンスおよび電子民主主義、電子および行政サービスの提供、電子信託サービスおよび電子識別の提供、デジタルスキルおよびデジタル権利の開発、オープンデータ、国家電子情報リソース相互運用性の開発、インターネットと通信のブロードバンドインフラストラクチャの開発、eコマースとビジネス、IT産業の開発など。

また、同省は、国家情報化プログラムおよび中央認証局の一般契約機関としても機能しています。

詳細については、https//thedigital.gov.uaをご覧ください。

 

国際化進むバイバンス

これに伴い、バイナンスでは、ウクライナの法定通貨フリヴニャ(UAH)で仮想通貨(現時点ではBTC、ETH、XRP)が購入できるようになっています。

先日の2019年11月7日から入金開始になっています。

 

国際化進むバイバンス UAHなどでBTC購入可能

また、

・ロシアの法定通貨RUB(ルーブル)

・欧州連合における経済通貨同盟で用いられている通貨であるEUR(ユーロ)

・カザフスタンの法定通貨KZT(カザフスタンテンゲ)

でも購入可能。

 

かにたま
かにたま

ロシアも近々通る可能性がある法案があり、ロシアとの関係も何かありそうで楽しみですね。

ちなみにルーブルは2019年10月30日から入金が可能になっています。

 

バイナンスUSでもドルで仮想通貨の購入可能であり、様々な法定通貨を受け入れ国際化が進んでいます。

 

仮想通貨界のAmazonへ着々と

バイナンスは仮想通貨界のAmazonとなるべく、着々と進化し続けています。

 

仮想通貨のIEOの現状やICOとの違い、メリット、問題点について
かにたまです。 ここ最近、ICOやSTOに変わるIEOが話題になっていることをご存知ですか? そこで、本日はIEOとは何か?ICOとの違いや、その現状、メリット、問題点などを記事にします。 良かったらご覧ください。

IEO等、様々な新しいことを生み出し、他の取引所が最初に始めたステーキングなど良い所はどんどん積極的に取り入れています。

 

仮想通貨バイナンスコイン(BNB)とは?特徴や今後、購入方法等について
かにたまです。 本日は時価総額7位(2019年5月)にまで登りつめた仮想通貨バイナンスコイン(BNB)について。 取引所のコインがなぜこれだけの価値をもっているのか?バイナンスコインの特徴、今後の将来性、価格チャート、購入方法について記...

独自のブロックチェーンを生み出し、国と協力体制をとることまでに成功したバイナンスは現時点で最も仮想通貨界のAmazonになる可能性がある巨大な帝国を築きつつあります。

 

BINANCE(バイナンス)の口座開設方法【図解・初心者向け】
本日は成長著しいBinance(バイナンス)取引所の登録方法や入金方法、二段階認証方法などの口座開設方法を初心者向けに図解でできるだけわかりやすく記載していきたいと思います。 海外の取引所ですが、個人的に初期から利用している非常にオススメ...

 

 

 

 

コメント