バイナンスレンディングサービス1回目が数分で終了、高利率なのはなぜ?

バイナンス ニュース
スポンサーリンク

かにたまです。

 

先日、世界一の取引所であるバイナンスがBNB、ETC、USDTのレンディングサービスを開始しました。

 

どんなものかと内容を見てみると、利回りが非常に高くて驚きました。

高い利回りは相場が良いときも悪いときも払い続けるために基本的に危険です。

が・・・今回のバイナンスの場合は、問題がないであろうということもわかりました。

 

バイナンスは初期から自分が推している取引所ということで記事にします。

 

良かったらご覧ください。

 

スポンサーリンク

バイナンスがレンディングサービスを開始!

ついに世界一の取引所であるバイナンスがレンディングサービスを開始しました。

詳細は「こちら

※既に第1回目は終了しています。

 

バイナンスが提示したレンディングの仮想通貨の種類、期間や額は以下の通りです。

BNB 14日間(年率15%)・・・20万BNB募集
USDT 14日(年率10%)・・・1000万USD募集
ETC 14日(年率7%)・・・2万ETC募集

 

イーサリアムクラシック(ETC)の今後、将来性、価格、取引所について
星の数ほどある仮想通貨から国内の金融庁認可の取引所で扱われている仮想通貨、つまり、日本で認められている通貨について。 本日はイーサリアムクラシック(ETC)のイーサリアムとの違い、特徴、現在の価格、イーサリアムクラシックが購入できる取引所...
仮想通貨バイナンスコイン(BNB)とは?特徴や今後、購入方法等について
かにたまです。 本日は時価総額7位(2019年5月)にまで登りつめた仮想通貨バイナンスコイン(BNB)について。 取引所のコインがなぜこれだけの価値をもっているのか?バイナンスコインの特徴、今後の将来性、価格チャート、購入方法について記...
Tether(テザー)問題について、1日で2.5億ドル分が発行される!
先日、Tether(テザー)が大量発行されたことが話題になっています。 本日はTether(テザー)とは何か?また、その疑惑について記事にします。 一体、何が起こっているのでしょうか?

USDTはテザーで米ドルと1:1の比率で交換可能です。

 

2019年8月28日から募集が行われ、わずか数分で終了しました。

 

高利率なのは何故?

今回、レンディングで集めた資金に対する利率が非常に高いことに驚くと思います。

BNB・・・年率15%
USDT・・・年率10%
ETC・・・年率7%

今、日本の銀行に預けても年率0.1%もいきませんから驚きますよね。

 

更に仮想通貨界、いや、それ以外でも高利率は詐欺(ポンジスキーム)であると言われています。

配当のある仮想通貨の種類と魅力、リスク、注意点、税金はかかるの?
かにたまです。 仮想通貨はビットコインをはじめ、配当はありません。 しかし、中には配当型の仮想通貨(トークン)が存在します。 本日は、配当型の仮想通貨とは何か?その魅力やリスク、注意点、配当型の仮想通貨をいくつかご紹介します。 良か...

この事は、以前、上記事の配当のある仮想通貨の注意点でも書いた通りです。

 

しかし、バイナンスの場合、これらのポンジスキームとは訳が違います。

なぜなら、バイナンスは圧倒的な純利益を出しているからです。

 

仮想通貨が暴落し続けた2018年でもバイナンスは約500億円ほどの純利益を出しています。

 

ポンジスキームは利益を出しておらず自転車操業だからこそ詐欺といえますが、景気が良く支払えるのであれば問題はありません。

なお、日本でも年利率10%を超えていた時代があったようです。

上は1980年代のゆうちょ銀行の定額貯金元利金表です。

ご存知のとうり、当時の日本は世界一の経済大国でした。

 

また期間も14日と短期。

募集額も20万BNB、1000万USDT、2万ETC。

ロット(1契約)毎の利子が以下の通りです。

10BNBあたり0.057534 BNB
100USDTあたり0.383561 USDT
1ETCあたり0.002685 ETC

 

レンディングからバイナンスが顧客に支払う額の計算式:

200,000BNB×0.057534÷10+10,000,000USDT×0.383561÷100+20,000ETC×0.002685÷1=1150.68BNB+38356.1USDT+53.7ETC

 

ですから、日本円に換算すると今回の募集で14日の利率でバイナンスが顧客に支払う額は700万ほど。十分に返却できる額でしょう。

 

高い利率で長期であれば価格変動が大きい仮想通貨。

まだまだ価格は安定しないので、バイナンスでも破綻する可能性はゼロではありません。

しかし、14日という短期であれば問題ないでしょう。

 

ただ、日本でもゆうちょ時代の10%という高利率の時代があったとはいえ、BNBの15%というのは相当高いですよね。

しかし、BNBはバイナンスが発行している独自通貨であり、バイナンスが最も所持しています。

よって、BNBで返す分には全く問題がないでしょう。

 

バイナンスの利率からわかる資本収益の恩恵

今回、バイナンスのレンディングサービスには制限が持たれています。

1人あたり最大で500BNB、10000USDT、1000 ETCですね。

 

例えば、USDTを満額預けた場合、たった14日で日本円換算で40万円以上がもらえるというわけです。 

 

ステーブルコインとは?種類や課題、なぜ必要とされているのか?
かにたまです。 仮想通貨にかわる通貨としてステーブルコインという通貨が注目を集めています。 そこで本日はステーブルコインとはどんなものか?その種類や仕組み、メリット、デメリットについて記事にします。 良かったらご覧ください。

USDTはテザーと呼ばれる米ドルと1:1で交換できるステーブルコインであり、安定しています。

よって、法定通貨の安定した収益として利益が見込めるわけです。

 

日本の所得格差が世界ワースト8、貧富の差も拡大。貧困を抜け出すには?
かにたまです。 近年、格差が更に広がっていますが、今年はその格差が過去最大になりました。 富める者は富み、貧しいものはますます貧しくなっています。 富裕層62人=下位36億人というニュースもありましたね。 1兆7600億...

何もしなくても月80万円くらいになりますから大きいですね。

バイナンスが利益を出し続けている限りレンディングサービスは継続するでしょう。

そして、格差はより広がっていきます。

 

配当のある仮想通貨の種類と魅力、リスク、注意点、税金はかかるの?
かにたまです。 仮想通貨はビットコインをはじめ、配当はありません。 しかし、中には配当型の仮想通貨(トークン)が存在します。 本日は、配当型の仮想通貨とは何か?その魅力やリスク、注意点、配当型の仮想通貨をいくつかご紹介します。 良か...

最も破綻のリスクもあるので、リスク相応のものではあります。

しかし、まさに資本収益の恩恵なんだなと感じられますね。

 

バイナンスのレンディング銘柄にETCはなぜ?

1回目のレンディング銘柄にETCが入っていたことに関しては、おそらく、ハードフォーク需要ですね。

 

2019年9月17日(予定)に、ETCは「アトランティス」という大型アップデートが開催されます。

 

少し前にバイナンスは証拠金サービスを始めたと発表しています。(日本は対象外)

そこで、ハードフォーク前にETCを借りる人を見込んでのことでしょう。

 

あなたもご存知の通りハードフォーク前に期待で価格が大きく上がり、その直前~直後は落ちる傾向があります。

よって、その際のショートのためにETCを証拠金で借りる人が多いということでしょう。

 

最近は無風であることも多いのですが、特に2017年次、ハードフォークなどのイベント時には価格が動きやすく、わかりやすい指標になっていました。

 

なお、今後、バイナンスのレンディング銘柄は需要に応じて変化していくとのこと。

 

次回のバイナンスのレンディングサービスはいつから?

バイナンスのレンディングサービスは毎週月曜に銘柄が発表され、昨日同様の毎週水曜日に申し込みが可能と言うことです。

 

時間の詳細はわかりませんが、昨日の1回目と同じなら15時からですね。

かにたま
かにたま

おそらく、即効で埋まると思いますので時間前に待機して申し込まれることを推奨します。

 

追記:2回目は水曜15時から募集開始でした。
どうやら毎週水曜日からで良さそうです。

Binance Launches Second Phase of Binance Lending Products
Fellow Binancians, Binance will launch the second phase of Binance Lending Products at 2019/09/04 6:00 AM (UTC) where 14-day and 28-day fixed term lending produ...

↑なお、銘柄発表は前日の火曜に発表されました。

 

 

追記:水曜日15:00限定という訳ではなさそうです。

金曜日の15時より受付の日もありました。

 

仮想通貨レンディングにリスクはあります

仮想通貨のレンディングサービスとは?資産運用で人気の理由

以前も記事にしましたが、仮想通貨のレンディングサービスは当然リスクがあります。

 

ハッキング被害や、期間中は返却されず暴落リスクもあるわけです。

このようにリスクがあることはご理解下さい。

 

バイナンスのレンディングサービスの参加条件

バイナンスのレンディングサービスの参加条件

バイナンスのレンディングに参加するには、Binanceアカウントでレベル2のユーザー認証に合格している必要があります。

レベル2のユーザー認証は、パスポートなどで本人確認さえ終われば完了です。

 

BINANCE(バイナンス)の口座開設方法【図解・初心者向け】
本日は成長著しいBINANCE(バイナンス)取引所の登録方法や入金方法、二段階認証方法などの口座開設方法を初心者向けに図解で記事にしたいと思います。 海外の取引所ですが、個人的に非常にオススメな取引所ということで記事にしました。

↑バイナンスの口座開設はこちらから

 

 

ニュース
スポンサーリンク
かにたまをフォローする
仮想通貨初心者向けのブログ

コメント