高い商品も間に挟めば安く見えるという「行動心理学」

心を射抜かれた男性のイラスト お金について
スポンサーリンク

人間心理とは不思議なものです。

本日は、高い商品も間に挟めば安く見えるという「行動心理学」を記事にします。

 

あるお店で1000円の商品と5000円の商品が置いてありました。

1000円の商品の多くは売れ、5000円の商品はあまり売れることはありませんでした。

 

しかし、この1000円と5000円の商品の中に1万円の商品を加えました。

商品は、1種類増えて1000円、5000円、1万円になりましたね。

 

すると、3品になった今度は5000円の商品がかなり売れたということです。

 

1000円と5000円だけの時は5000円がのものはほとんど売れなかったのに、1万円の商品を加えただけで5000円の商品が売れ始めたのは面白いですね。

 

同じ5000円のものであれば、同じ数だけ売れるのが合理的だと思いますよね。

 

これは人間の心理的なものが大きく、1000円、5000円、1万円となることによりついつい5000円を選んでしまうのです。

1万円のものが横にあれば5000円のものが安く見え購入したり、3つあれば、例えば、お寿司屋さんで松竹梅のコースがあれば、「松は高いな・・・、梅はちょっと・・・じゃあ、竹にするか」とつい中間を選んでしまうのです。

 

現在、こうした人間の心理を考える「行動経済学」があります。

人間は全てを合理的には考えることができません

 

物を購入する際、
どうしてこれを買おうと思ったのか考えると、
あなたの今後の生活に役立っていくでしょう。

 

コメント