2020年は飛躍の年!仮想通貨市場で注目しておきたい出来事!

「注目!」のイラスト文字その他・雑記
スポンサーリンク

かにたまです。

 

あけましておめでとうございます。

本年度も宜しくお願いいたします!

 

早速ですが、今年の2020年仮想通貨市場で注目しておきたい点をいくつか記載したいと思います!

 

良かったらご覧ください。

スポンサーリンク

イーサリアム(ETH)のPOS化に向けて

イーサリアム(ETH)は2019年12月8日に「イスタンブール」のハードフォークを終了、明日の2020年1月2日には再び「ミューア・グレイシャー」のハードフォークが行われる予定。

仮想通貨イーサリアム(ETH)とは?現状の問題点と今後の将来性について
かにたまです。 本日は、仮想通貨Ethereum(イーサリアム・ETH)について記事にします。 イーサリアムとは何か?また現状は未完成なイーサリアムが期待されている理由と、現状の問題点、価格チャート、購入できる取引所、将来性などをご紹介...

着実に完成形に近づいています。

 

POW、POS、POI、POBとは?その違いは?
仮想通貨について調べていると、POW、POS、POIなどの英語がよく見られます。 これらを「分散合意形成アルゴリズム(コンセンサスアルゴリズム)」と呼ばれています。 何のこっちゃという話だったので、これらについて調べてみました。

そして今後のハードフォークの非常に大きい点として、これまでの高い電気代等をかけて生み出されるマイニングのPOWから、安くて電力を消費しないPOSに移行する予定です。

前々からブログで述べていますが、ETHのPOS移行は注目すべき点です。

 

POSへの移行はいつなの?ということですが、ETHはバグ等で開発が遅れており、POSへの移行時期は2020年、ないし2021年と言われています。

どちらにせよ、決定事項であり近い将来にあることは間違いないです。

 

イーサリアムのPOSの利回りが明らかに!最大年利10.4%ほど
かにたまです。 2019年12月4日頃にイーサリアムのアップデート「イスタンブール」が決まり、2020年1月頃にイーサリアム2.0が始動、いよいよマイニングの仕組みがこれまでのビットコインのようなPOWから、他のPOSに切り替わります。 ...

POSに移行すると、新しいETHは高い機材や設備等を持って行うマイナーによるマイニングではなく、持っているだけでETHが増えるシステムに変わります。

 

ETHは素晴らしい通貨で開発者も最も多く将来性はあります。

しかし、果たしてこれまで高い電気代などをかけて生み出されてきたETHが所持枚数に応じて増えるPOSに変化することで価値を保っていられるのか?と考えると疑問な点もあります。

 

32ETH以上保有しているとETHが増える!?POS移行へ
仮想通貨イーサリアム(ETH)がPOWからPOSへ移行、32ETHほどのイーサリアムを所持していれば増えるように仕様変更が行なわれるようです。

ちなみに持っているだけで増やせる量は、32ETH以上となる予定です。

よって、POSに完全に移行する時期は、様々な思惑があり大きく動くと予想。

果たして市場はどのような判断をするのか注目しておきたい所です。

 

 

国家、企業のデジタル通貨

中国がデジタル仮想通貨を発行する日は近い!?その影響とは?
かにたまです。 ここ最近の仮想通貨市場のニュースを見ている方はご存知かと思いますが、最近、中国が国家のデジタル仮想通貨を発行する予定であることが様々なメディアを通じて伝わっています。 では、中国がデジタル通貨を使うことで一体、どのような...
Facebookの仮想通貨リブラ、2020年前半に運用開始!
先日、Facebookの仮想通貨であるLibra(リブラ)のホワイトペーパーが正式に発表され、2020年前半には運用開始であることがわかりました。 また、LibraにはVisaやマスターカード、Paypal、ウーバーなど世界の名だたる企業...

昨年からの中国のデジタル人民元、Facebookのリブラ(Libura)などからもわかるように大企業や大きな国家がデジタル通貨を発行予定です。

よって、2020年は、企業や国家による「デジタル通貨」ラッシュが起こる可能性があります。

 

大国やもはや国レベルの企業が仮想通貨を発行することによって、2020年度はどこまで広がりを見せるのか注目しておきたい所です。

 

これらは、現状の法定通貨と連動したステーブルコインが主ですが、大きな国家や企業がビットコインのような独自の通貨を出してくるのかも注目していきたい所です。

 

 

ビットコインETF

現在、全て否認されているビットコインETFです。

しかし、本人確認の徹底など少しずつ否認から可決へ転換できるような流れが世界各国で出来上がっています。

ビットコインETFは認可されても2021年以降だと思っていますが、2020年の可能性もゼロではないので、この点も注目していきましょう。

 

金融庁「国内で仮想通貨ETF(上場投資信託)は販売できない」
金融庁は、金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針に対するパブコメ対応を実施。国内の仮想通貨ETFの組成・販売について否定する一方、今後機関投資家への販売が適切になる可能性については一定の含みを持たせた。

なお、我が国の日本で世界に先立ってビットコインETFが最初に認可されることは無さそうです。

あくまでも米国SEC次第なんでしょうね。

 

 

ビットコイン半減期

ビットコインの半減期とは?次はいつ?価格が上昇が見込める3つの理由
ビットコインの「半減期」は価格上昇が見込める重要なイベントです。 ではビットコイン等の「半減期」とは何か? どうして価格上昇が見込めるのか? 過去の半減期の歴史と共に記事にします。 そして、次の時期などは覚えておきましょう!...

忘れてはいけないのは2020年の仮想通貨の最大のイベントである「ビットコインの半減期」です。

このまま順調にいけば2020年の5月頃に起こります。

 

2019年ライトコイン半減期の時期

2019年8月5日、ライトコインは半減期を迎え、その際は一時期はビットコインの倍以上の伸びを見せていました。

 

僕が特に大きいと感じていることは、半減期でマイナーの売り圧がこれまでの半分になる点です。

現状は強気で相場に半減期が織り込み済の部分もありますが、今回もビットコインの半減期が今回のサイクルの長期的な転換期になると予想しています。

コメント