BCHとBSVのコミュニティ騒動について、ハードフォークでわかれる可能性あり

ビットコインキャッシュ ニュース
スポンサーリンク

ビットコインキャッシュ(BCH)のコミュニティが騒動になっていると話題になっています。

どのような騒動になっているのか経緯を記事にします。

 

スポンサーリンク

BCHのハードフォークは11月中旬に予定されています

騒動の根本的な原因は次のBCHのハードフォークが原因となっています。

 

以前のスマートコントラクトの初歩的なものが導入されたハードフォークのようにビットコインキャッシュ(BCH)は幾度のハードフォークを繰り返し、性能を上げていきます。

 

そのビットコインキャッシュ(BCH)の次回のハードフォークは11月15日(日にちはおおよそ)予定となっています。

 

BCH2018年11月アップデート

https://www.bitcoincash.org/ja/ 

公式に記載があります。

しかし、次回のハードフォークに関してちょっとした騒動が起こっています。

 

ハードフォーク内容で対立

アップグレードに関して、Bitcoin Cashコミュニティは、「Bitcoin ABC」という市場の半数以上のシェアがあるBitcoinABC(ビットコインキャッシュの公式クライアント)が、 0.18.0リリースを発表しました。

 

f:id:moneygamex:20180825131419j:plain

この内容はビットコインキャッシュのホームページのトップに既に記載されています。

⇒ https://www.bitcoinabc.org/2018-08-20-announcing-bitcoin-abc-0-18-0/

 

f:id:moneygamex:20180825132036j:plain

上のグラフはBCHのノード関係です。

簡単に言えばコミュニティの「派閥」のようなもので、割合が大きいほど強い力を持っています。

特に 0.18.0をリリースしたBitcoinABCは65%以上を占めており大きいです。他はBitcoinUnlimitedが32.5%でこの2つが大半を占めています。

 

しかし、このBitcoinABCの0.18.0リリースに対して強い反対意見が出ています。

 

Bitcoin Unlimited Calls for Ceasefire in BCH Hard Fork War
The war for the future of the Bitcoin Cash protocol continues to intensify, but one neutral development team is calling for a ceasefire.

ブロックチェーンの研究を行っている「nChain」のグレイグ・スティーブン・ライトさんがBitcoinのホワイトペーパーの精神に反するものであると主張、強い反発を示しています。

 

www.youtube.com

ちなみにこのグレイグ・スティーブン・ライトさんは、過去にビットコイン発明者「サトシナカモト」と名乗り出た起業家です。

 

グレイグさんは「BitcionSV (Satoshi Vision)というクライアントを立ち上げ、BitcoinABCの0.18.0に対抗する」とまで述べています。

 

 このグレイグさんの提案に関して、イーサリアムの生みの親であるヴィタリック・ブテリンさんは「逆効果」と述べています。

 

こちらの方がハードフォークの内容や反対状況について日本語で詳しく書かれていましたね。32.5%を誇るBitcion UnlimitedもABCの内容に反対意見を持っており、3つ巴の状況になっているようです。

 

11月のハードフォークの内容(BitcoinABCの0.18.0)

f:id:moneygamex:20180825142805j:plain

Announcing Bitcoin ABC 0.18.0より

  • ブロックチェーン外からのメッセージの検証を可能にするためにBCHスクリプト言語を改善するOP_CHECKDATASIGという新しいオペコード。これにより、オーラとクロスチェーンの原子契約の使用などが可能になります。
  • 正式な取引注文の導入。これは、今後大規模なスケーリングの改善の基盤となる技術的な要素です。
  • いくつかの小さな技術的な修正と改良。

 

コミュニティ分裂危機も!?

ビットコインキャッシュのアップデートに関しては、ビットコイン同様に意思決定機関というものは存在していません。そのためコミュニティの意向に委ねられています。

このまま意見が合致せず対立する場合は、ハードフォークにより、かつてのビットコインのようにビットコインキャッシュ(BCH)が分裂する可能性があると各方面で騒がれています。

 

このような対立煽りの意見に対してグレイグさんは「ビットコインの仕組みを理解していない愚か者」と述べ、ますます対立を深めています。

 

Moneroや昨年の草コイン王様であるXP等、コミュニティが大きくなり価値を上げるとせっかく大きくなったコミュニティが分裂する傾向にあるのは何だか勿体無い気持ちにもなります。

 

BCHは、コミュニティの話し合いで何とか分裂せず協力して欲しいですね。しかもBCHは1度ビットコインから分岐しているわけですから更にコミュニティが分裂すると厳しくなってくると感じています。

 

 

最後に

2018年11月中旬のハードフォークの方向性に関して意見の違いがあり、コミュニティ内で揉(も)めているようです。

11月中旬のハードフォーク前には大きな動きが出てきそうです。

今後のビットコインキャッシュのコミュニティの動きに注目していきたいと思います。

 

追記:

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)が2つに!BitcoinABCとBitcoinSV誕生
2018年11月16日、ビットコインキャッシュことBCHは2つに別れました(分岐)。 わかれた通貨はBitcoinABCとBitcoinSV。 ではBitcoinCashはどうなってしまったのでしょうか? また通貨がわかれてしまった際...

騒動は収まることがなく、結果的に2つにわかれました。

 

ビットコインキャッシュ(BCH)とは?特徴や将来性、購入おすすめ取引所
かにたまです。 星の数ほどある仮想通貨から国内の金融庁認可の取引所にある、つまり、日本で認められている仮想通貨について記事を書いていくシリーズ。 本日は「ビットコインキャッシュ」ことにBCHついて記事にしたいと思います。 この記事を読...

 

コメント