最強の学習法は独学だった!?AI同士の囲碁対決!独自学習をするAIが既存のAIの能力を上回る

AIその他・雑記
スポンサーリンク

かにたまです。

AIの進化には、目を見張るばかりです。先日、AI同士の囲碁の対決があり、失敗を重ねながら独自学習をするAIが既存のAIに圧勝したと話題になっています。

 

スポンサーリンク

 独自学習のAIが最強に

人間が長年の囲碁の歴史の中で考案した「定石」とされる常とう手段も独自に発見。実験40日後には自己対戦数は2900万局に達し、17年5月に世界最強棋士、柯潔(か・けつ)九段に3連勝した時のアルファ碁を上回る強さとなった。未知の定石も操るようになったという。 

米国囲碁協会のアンディ・オークン会長らは同誌への寄稿で「AIの中盤戦の判断のいくつかはまさに謎だ」と指摘。一方、AIと人間が同じ定石に到達したことで「数世紀にわたる人間の囲碁の営みは全くの誤りではなかった」と述べた。 

アルファ碁は世界最強棋士に勝利した際に「人間と対局するのはこれが最後」(ディープマインドのデミス・ハサビス最高経営責任者)としていた。その後もAIの改良を続けたのは「人間に一切頼らないAI」という目標があったためだ。 従来は、人間の対局データを「教師」として学習したため、人間の積み重ねた知見の延長線上の強さにすぎないとの指摘があった。そこでゼロからAIが独学する「教師なし学習」と呼ぶ手法を追求することで、人間の発想にとらわれない革新的なAIを作り出した

AIvsAIの囲碁勝負があったようです。既存の考えにとらわれない「教師なしの学習し続ける」AIが最強になったようです。

 

独学は失敗するとよく言われます。

確かに何が最適かわからず、失敗もします。

 

教師がいれば失敗は減り、学習スピードはあがるでしょう。

しかし、経験した失敗を学習したAIにはかなわないということが証明されました。

 

 人とコンピューターの対決では、1997年に米IBMの「ディープ・ブルー」がチェスで世界チャンピオンに勝利。将棋ソフト「PONANZA(ポナンザ)」も17年4~5月に佐藤天彦名人に連勝した。局面数が10の360乗と桁違いに複雑な囲碁で人間を追い越すのは10年後とみられていたが、アルファ碁は深層学習(ディープラーニング)の応用で急速に力を付けた。 

独自学習のAIに負けたAIは、予定より10年も早く人間を越してしまったということで以前から話題になっていましたね。

これを超える強さを見につけた独自学習のAIは本当に凄いなと思います。なお、独自学習のAIは、教え込まれたAIに100戦中89勝したそうです。

 

www.nikkei.com

独自学習は教え込まれたものでは勝てない、 まさに失敗は成功のもとが結果として出たわけです。

これ凄い良いですよね。失敗=最強への近道なら人間も失敗を恐れなくなります。

積極的に行動しますし、失敗があっても最強(成功)の近道だとわかれば、寧(むし)ろ失敗すら嬉しくなるかもしれません。

 

AIから学ぶ独学の凄さ

上動画のような学習方法で超高速で何度も何度も失敗しながら覚えていくようです。

 

AI

これはそれぞれがぶつからない様に学習していく様子です。最初はぶつからないように指示するだけで何も教え込んでいません。

ですので、始めの頃はトンチンカンな動きをするのですが、次第に最適な動きとなります。つまり、何度もぶつかることで徐々に学習してぶつからなくなっていきます。

 

AIクラウド

今回のグーグルのAIなどはデータを「雲」と呼ばれるクラウドに1箇所に集め、情報を伝えていき学習するようです。

 

AIクラウド

一方、その場で学習したものを共有しあうプリファード・ネットワークスと呼ばれるものなど、AIの独自学習といっても様々な学習方法があります。

 

こうしてAIの独自学習方法を見ると、最も成功する人は最も失敗した人なのではないでしょうか?「失敗は成功のもと」と言いますが、独自学習で失敗しながら進めた方が物事を極めることができるということを知らしめてくれるような出来事でした。

 

AIが仮想通貨の今後の価格を予想、2018年秋にとんでもないことに!
未来予測プログラム「ウェブボット」が仮想通貨であるビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、ダッシュ、ネオなどの2018年の秋頃の未来予測をして話題になっています。

最近は仮想通貨のことばかりを記事にしていますが、その仮想通貨の世界でもAIが取り上げられたりと様々な分野にAIが進出しています。もはや将来、AIはきってもきれないものになるでしょう。

 

正直な話、映画のターミネーターの影響か、AIの進化には少し怖さも感じます。

しかし、AIが更に発展した未来を見てみたい自分もいます。

ひょっとしたらAIの発明家なども将来は生まれるのでしょうか?

 

コメント

  1. RetCapt1501 より:

    かにたまさん、こんにちは!
    いつもいい所に目をつけますね(^^)
    AIの進化は、私なんぞの予想をはるかに上回るペースで進んでいるのがよくわかります。ありがとうございました。

  2. moneygamex より:

    こんにちは!
    かびたんさんの言うとおりで本当に進化スピードには驚くばかりですね。そして、それをつくっているのが人間ですので、人間の可能性にも驚いています。
    こちらこそ訪問ありがとうございます!(`・ω・´)